●ポルシェ718ケイマン(982) ■バイク(自転車/自動二輪) ■近況について ■ニュース

今年も自動車税の季節がやってきたな!今回はウラカンを売ったためにそんなに払わなくて済みそうだ

投稿日:

| 免許を取ってからずっと車を所有することを考えると、税金だけでとんでもない額になりそうだ |

L1210873

さて、毎年この時期になると戦々恐々なのが「自動車税」。

自動車税とは、4月1日に自動車を所有している人に対してかかってくる税金で、だいたい毎年4月末〜5月はじめにかけて「税金を払え」という通知が払込票とともに届きます。

なお、今年は4月1日以前にランボルギーニ・ウラカンを売ったのでこのぶんの税金を支払う必要はなく、つまり「88,000円」を払わなくてもいいのでずいぶん負担が軽くなっています。

今年もこの季節が来た!ランボルギーニ・ウラカンの自動車税は年間88,000円、アヴェンタドールだと111,000円だ!

| 自動車税はクルマを持っているだけで「乗らなくても」払わなくてはならない | この時期になるとちょっと憂鬱なのが自動車税。我が家には複数のクルマやバイクがあるため、税金だけでちょっとした出費となりま ...

続きを見る

今年の税金はこれだけ必要

そこで今年の税金ですが、ポルシェ718ケイマンの39,500円(2リッター以下)、そしてホンダCBR250RRの3,600円(250cc以下)。

3K4A1323

2019年9月30日以前に登録されたクルマの税率早見表は下記の通りで、これを見るに排気量が大きくなると相当に税金が高くなることが分かりますね。

1リットル以下29,500円
1リットル超~1.5リットル以下34,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下39,500円
2.0リットル超~2.5リットル以下45,000円
2.5リットル超~3.0リットル以下51,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下58,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下66,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下76,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下88,000円
6.0リットル超111,000円

登録時期によって自動車税は異なる

なお、2019年10月1日から自動車の税制が変わっていて、これ以降に登録したクルマの自動車税はこうなっています。

たとえば1リットル以下だと29,500円だったものが25,000円になるので4,500円もの減税となっていますが、1リットル超~1.5リットル以下では4,000円、1.5リットル超~2.0リットル以下では3,500円、2.0リットル超~2.5リットル以下では1,500円、そこから上では1,000円にとどまっていて、つまりは「大排気量車は買うな」という政府の姿勢がアリアリと見えるようですね。

消費税増税以後は「自動車取得税廃止、自動車税減税」!経産省の試算だと”減税後のほうがお得”。しかし実際はそうでないということを見てみよう

| 経済産業省の試算は現状との乖離が大きすぎる | さて、10月より消費税が増税されますが、そこで気になるのがクルマの税金。自動車(新車)の購入については、消費税のほか自動車取得税が必要となり、長いこ ...

続きを見る

1リットル以下25,000円
1リットル超~1.5リットル以下30,500円
1.5リットル超~2.0リットル以下36,000円
2.0リットル超~2.5リットル以下43,500円
2.5リットル超~3.0リットル以下50,000円
3.0リットル超~3.5リットル以下57,000円
3.5リットル超~4.0リットル以下65,500円
4.0リットル超~4.5リットル以下75,500円
4.5リットル超~6.0リットル以下87,000円
6.0リットル超110,000円

そして現在納車待ちとなっているランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの排気量は5.2リッターなので「87,000円」の税金を払わねばならず、既に納車されているであろう来年の今頃は自動車税の支払いに頭を悩まされている、ということになりそうです。

なお、自動車の税金はこの自動車税以外にも自動車重量税を登録や車検の都度支払う必要があり、運転免許を取得してすぐに自動車に乗り始め、その後免許返納までずっと乗るとすると、ぼくらは生涯通じて相当な額の税金を支払うわけですね。

ちなみにこれからクルマを購入し、2020年10月以降の登録となると、2019年10月から導入されている「1年限りの減税」期間が終了することになるため税金の負担が増加することになり、環境性能割が「1%増(ベースの税率は燃費達成基準によって異なる)」となるので要注意です。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの保証金を送金した!納車は「環境性能割」税率が上がり負担増となる10月以前の予定

この記事のもくじ1 | 2020年10月から環境性能割が1%増加(というか減税措置がなくなる) |1.1 2020年10月以降は自動車購入の諸経費が高くなる1.2 スーパーカー購入の流れはこうなる1. ...

続きを見る

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■バイク(自転車/自動二輪), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5