>日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

ついに納車準備完了!日産GT-R 50 byイタルデザインの量産モデルが公開に。これが1億2000万円のカスタムGT-Rだ

投稿日:

| ベースモデルはGT-R NISMO、デザインは日産、製造はイタルデザイン |

日産とイタルデザインとのコラボレーションによって誕生した「GT-R 50 by Italdesign」。

これは日産GT-Rとイタルデザインがともに50周年を迎えたことから実現した企画であり、デザインは日産のデザインセンターが行い、生産についてはイタルデザインが請け負うもの。

凄いの出た!日産×イタルデザイン、GT-R50周年記念の「GT-R50 by Italdesign」

| 予想外のGT-Rが出てきた | 日産が「GT-R誕生50周年」を記念し、イタルデザインとのコラボレーションによって誕生した「GT-R50 by Italdesign(ベースはR35 GT-Rの20 ...

続きを見る

限定台数は50台、その価格は1億2000万円からというスーパーカーで、ベースとなるのはGT-R NISMO。※現在まだ問い合わせを受け付けているので、完売していないようだ

このGT-R NISMO(完成車)をイタリアにあるイタルデザインまで運んでいったん分解し、ルーフを切り取ってから短縮し、また溶接する等の作業を行う、とされています。

1台1.2億、日産GT-R50はこうやって作られる!職人がトンカチでトントンやって地道に製造されていた!

| GT-R50はこれだけの手間がかかっている。1億2000万円も納得 | 日産とイタルデザインとによる予想外のコラボ、「NISSAN GT-R50 by Italdesign」は様々な方面で反響を呼 ...

続きを見る

GT-R 50 by Italdesignは次期GT-Rを示唆するものではない

GT-R50by イタルデザインは「R36」つまり次期GT-Rを示唆する車ではなく、日産曰く「R35 GT-Rに制約がなかったら、こんなクルマになる」という想定でデザインされている、とのこと。

つまりはR35 GT-Rの延長線上にあるクルマということですが、ベースとなるGT-R NISMOとは異なるボディサイズを持っていて、GT-R50 by Italdesignの全長は4784ミリ(4690)、全幅1992ミリ(1895)、全高1316ミリ(1370)というサイズを持っています。※カッコ内はGT-R NISMO

ちなみにエンジンは3.8リッターV6(VR38DETT)、出力は720馬力。
GT-R NISMOの600馬力に比較すると、実に120馬力ものパワーアップを果たしている、ということになりますね。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (6)

【動画】その価格1.2億円!ハンパないインパクトの日産GT-R50 by Italdesignを見てきた!

| 日産GT-R50のインパクトは思ったよりもスゴかった | さて、日産が銀座にある「NISSAN CROSSING」にて、イタルデザインとのコラボレーションによって誕生した「GT-R50 by It ...

続きを見る

今回公開されたのはプロダクションモデル、すなわち「量産モデル」。

ただしコンセプトとして発表されたGT-50 by Italdesignに比較してもほぼ変更はなく、リアウインドウとそのサイド、リアフェンダーとリアバンパーとのバランス、テールランプのサイズ、フロントだとグリルフレーム周辺形状がちょっと変わったくらい。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (7)

ボディカラーは淡いグリーンでピンスタライプが入り、リアには「20」のレタリング。

昨年公開された個体には「19」の文字が入っていたので、これは年号を表すのかもしれませんね。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (2)

「イタルデザイン」とは?

イタルデザインは、もともとイタリアのいわゆるカロッツェリア。
ピニンファリーナ(インドのマヒンドラに買収された)やベルトーネ(すでに消滅)と同じようなポジションですが、現在はフォルクスワーゲングループに属しています。

もともとの設立はジョルジエット・ジウジアーロ氏によるものの、同氏はすでに保有していた株式をすべてフォルクスワーゲングループに売却し、息子のファブリッツォ・ジウジアーロ氏とともに別にデザイン会社を興して活動中。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (3)

現在、イタルデザインは単なるデザイン事務所としてではなく、プロトタイプの開発や少量生産車の製造請負い、はたまた自動車の開発まで幅広く請け負っており、今回のR50のような特殊な車の製造は「得意中の得意」といったところですね。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (4)

ちなみに日本市場において、このクルマの販売は日産ではなく、VTホールディングス株式会社のグループ企業、エスシーアイ株式会社が輸入から販売までを担当する、とのこと。

なお、すでにGT-R50を注文した人は実際に内外装の仕様を決めている段階だそうですが、日産のスポーツカー担当プログラム・ダイレクターのボブ・レイシュリー氏いわく、「ハイパフォーマンスカーを少量生産でテーラーメイドしていくイタルデザインとの本プロジェクトが提供するパーソナライズされた素晴らしい体験を私たちのお客さまは満喫しています。『Nissan GT-R50 by Italdesign』は、一台一台がそれぞれ最高傑作になることでしょう」とコメントしています。

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (5)

GT-R 50 by Italdesignのスペックは下記の通り。

ベースモデル:NISSAN GT-R NISMO
ボディサイズ:全長4784ミリ(4690)、全幅1992ミリ(1895)、全高1316ミリ(1370)※カッコ内はNISSAN GT-R NISMOの数字
エンジン:ニスモ製3.8リッターVR38DETT
出力:720馬力@7200rpm
ドライブトレイン:フロントエンジン/リアトランスアクスル4WD
トランスミッション」強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルギヤボックス
サスペンション:Bilstein(ビルシュタイン) DampTronic
ブレーキ:ブレンボ製2ピースフローティングディスク(F:39.ミリ/R:380ミリ)/フロント6ピストン、リヤ4ピストン
ホイール:フロント21*10J リヤ21*10.5J
タイヤ:ミシュラン・パイロットスポーツ
タイヤサイズ:フロント225/35R21、リヤ285/30R21

Nissan-GT-50-by-Italdesign-6 (8)

VIA:Italdesign Official, NISSAN

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->日産/インフィニティ(Infinity), ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5