>ミニ(MINI) ■ニュース

新型ミニ クロスオーバー発表!前後バンパーのデザインがワイドでシャープに、OP充実でブラックアクセントやデジタルメーターが選べるように

投稿日:

| 内外装にも新カラー採用で高級感アップ |

先日よりフェイスリフト(マイナーチェンジ)モデルのテスト風景がスクープされていた新型ミニ・クロスオーバー(海外ではカントリーマン)ですが、BMWより公式にその姿、そして詳細が公開されることに。

チョコチョコと細かい変更が加えられており、その内容をまとめると下記の通りです。

・新デザインのラジエターグリル採用
・LEDヘッドライトとLEDヘッドライトとフォグランプが標準化
・LEDリアランプはユニオンジャックデザインに
・オプションでピアノブラックエクステリア採用
・アルミホイールが新デザインに
・エンジンが最新世代に進化
・5インチサイズのフル液晶メーターがオプション設定
・センターメーターのピアノブラック仕上げがオプション設定
・スポーツレザーステアリングホイールが標準装備化
・レザー内装に新オプション追加
・ミニコネクテッドに新機能追加

ボディカラーは2色が入れ替え

まず、こちらは「ミニクーパー・カントリーマン」。※「ミニ ワン クロスオーバー」も同時にフェイスリフトを受けているが、画像がリリースされていない

フロントグリル内のルーバーが「グリルフレームの端まで」延長されてワイド感が強調されるとともに、フロントバンパーのデザインも一新され、横方向のつながりが重視されたデザインへ。

ただし縦方向のデザインも強調されており、現行モデルに比べるとずいぶんシャープな顔つきとなっていることがわかります。

バンパー下部のグリルはこれまでの長方形から「台形」へと変更され、安定感が強調されている模様。

これにあわせてか、ドアミラー形状もややシャープなデザインへと変更されているように見えますね(これについては正式なアナウンスはない)。

2021-MINI-Countryman-2-1

リアだとやはり「ユニオンジャック」テールランプが目を引くところ(しかも立体)。

リアバンパーのデザインも変更され、テールランプの下には縦方向にラインを強調したリフレクターが装着されています。

バンパー下端中央にも、ちょっとしたアクセントが取り付けられているように見えます。

エンジン出力は136馬力と変わらず、0-100km/h加速は9.3秒。

2021-MINI-Countryman-3-1

こちらはミニクーパーSクロスオーバー。

ボディカラーは新色のホワイトシルバーメタリック、オプションのピアノブラックエクステリアが装着され、グリルフレームやヘッドライトベゼルがブラックへ。

なお、この「シルバーっぽいホワイト」は国内外で現在流行中で、各メーカーとも積極的に取り入れているカラーでもありますね(マツダやスバルも採用している)。

フロントバンパーは「クーパー」と共通のようですが、グリルやペイント部分の変更にてビジュアル面での差異を演出しているようです。

2021-MINI-Countryman-10-1

リアだとバックドアガーニッシュ、COUNTRYMAN(日本だと”CROSSOVER”)の文字がブラック。

リアバンパーのアンダー部はボディカラー同色となっていて、これも近年のハイパフォーマンスカーによく見られる手法です(おそらく新型BMW M3/M4も同様のデザインを採用すると思われる)。

こちらも出力は変わらず192馬力、0-100km/h加速は7.2秒。

なお、出力こそ変わらないものの、エンジンそのものには改良の手が入っており、シリンダーヘッドとエキゾーストマニフォールドとを一体化させる等により、冷却性能や効率を高めているようですね。

2021-MINI-Countryman-12-1

こちらはプラグインハイブリッドモデル、ミニクーパーS E。

ボディカラーは新色のセージグリーンメタリックですが、ここ最近のミニはこういった「アンニュイな」カラーを増やしているというイメージ(なんとなくシトロエンっぽい)。

こちらもフロントバンパーの基本構造はほかモデルと同じように見えるものの、バンパーサイドやアンダー部に「凹凸のある」パーツを取り付けることで変化をつけているようです。

mini-cooper-s-countryman-all4-2020

こちらの出力は227馬力なので現行比+7馬力となり、しかしほかモデルの(ガソリンエンジン単体の)出力が向上していないところを鑑みるに、このパワーアップは「ハイブリッドシステム」によってもたらされたのかもしれません。

2021-MINI-Countryman-9-1

なお、今回のフェイスリフトにて「ALL4」モデルにはすべて8速ATが標準になったとのこと。

これまでは6速と8速とが混在していたものの、8速に統一される、ということになりますね。

2021-MINI-Countryman-4-1

新型ミニ・クロスオーバーのインテリアはこうなっている

そしてこちらが新型ミニ・クロスオーバーのインテリア。

レザーパッケージのカラーとして「チェスターフィールド・モルトブラウン」「チェスターブラウン・インディゴブルー」が追加され、インフォテイメントシステムのアップデートがなされています。

2021-MINI-Countryman-5-1

こちらはオプションのデジタルメーター。

限定モデル「JCW GP」にて採用されたものと同一だと思われます(価格は公表されていないが、ぜひ装備したいアイテムでもある)。

2021-MINI-Countryman-8-1

参照:MINI

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミニ(MINI), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5