>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) ■その車関連のネタなど ■ニュース

「首都高はサーキット」として逮捕された男。乗っていた車とチューンの内容は要注目。更生してチューニングショップを開けば繁盛しそう

投稿日:

| ただし違法行為はどうやっても正当化できない |

さて、何かと話題のルーレット族。

先日は書類送検となった4名が報じられましたが、今回は「逮捕」の報。

報道によると、実際に事件が生じたのは4月3日のようで、逮捕にこぎつけるまでに今までかかったということになりそうです。

なお、逮捕された並木優弥容疑者(20)は、首都高速湾岸線にて、制限速度80km/hのところを160km/hで走行し、首都高速内の壁面に衝突する単独事故を起こした、とのこと。

自粛下のルーレット族で初の書類送検!しかしルーレット族や違反を作っているのはメディアだとボクが思うワケ

この記事のもくじ1 | 本気のルーレット族は注目される環境下では走らない |1.1 意外と事故は起きてない?1.2 ルーレット族は絶滅危惧種1.3 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます ...

続きを見る

首都高はサーキット

そして驚くのは、並木容疑者が「首都高速はサーキット」等の供述を行っていること。

つまり悪びれている様子がないということですが、その行為については法で裁かれることになるのでぼくがとやかくいう問題ではなく、しかしぼくが注目したいのは「乗っていたクルマ」。

画像を見る限りはどうやらフォルクスワーゲン・ポロ(9N後期)で、もちろん車高は落とされ、ホイールはBBS、そしてSタイヤを装着しているように見えますね(トレッド面から見るに、ナンカンAR1?)。

加えて車高は「ベッタリ」落ちているわけではなく、ある程度の荷重移動を重視した設定なのかもしれません。

なお、このポロは3ドアなので”GTI”ではないようで(GTIは5ドアしか発売されなかった)、しかしステアリングホイールにディンプル加工があるところを見ると、「スポーツライン(1.6リッター/105馬力)なのかも。

なんだフォルクスワーゲンか・・・と思ってしまいがちですが、このポロにはGTIグレードが存在すること、ワンメイクレースの「ポロGTIカップ」が欧州にて開催されていたことからわかるとおり、そのポテンシャルは日本の国産車とは大違い。

c

ちなみにぼくは同じ世代のルポに乗っていたことがありますが、国産車とは全く異なる優れたボディ剛性、しっかりした足回りに高い取り付け剛性、そして何よりよく止まるブレーキに驚いたことがあります(やっぱりアウトバーンを走ることを前提に設計されたクルマだけのことはある)。

ポロ、ルポともに難点を挙げるとすれば、車高の高さからくる挙動の不安定さ、そしてダンパーのグレードの問題なのかレーンチェンジ時に揺り戻しがくること、そして非力さ。

ただ、これは足回りの交換や車高ダウン、そして軽量化でなんとかなる部分だとも思われ、並木容疑者のクルマを見ると、そういった部分を改善し、ポロのいいところを引き出そうとした改造であるように見えますね(車高が落ちすぎておらず、変なエアロパーツが付いていないところが玄人っぽい)。

さらに言うと、「ポロを選んだ」というのもいい目利きをしていると考えられ、というのも「おそらくは、もっとも安く購入でき、もっとも高いポテンシャルを持つクルマの一台だから(台数が出ているので補修用パーツも中古で容易に手に入る)」。

首都高は複雑に入り組んでおり、多くの一般車が走っているだけにクルマのポテンシャルがモロに出ると認識していますが、限られた資金の中で戦うには最良の選択だったのかもしれません。

cv

さらにバケットシートは擦り切れ、ガムテープで補強しているところなども「本気さ」を伺わせ、かつ(ステアリングホイールを交換せず)エアバッグが装着されたままなのを見ると「いつかは事故を起こす可能性」も認識していたものと思われます。

ただ、惜しむらくはこのクルマが違法行為に用いられたこと、そしてそのオーナーが違法性を承知の上で走っていたということですが、並木容疑者については罪を償い、更生してチューニングショップを開き、低予算にて、走行会で「勝てる」クルマのリリースに専念すれば、けっこう成功するのかもしれません(このクルマの選択、チューニング内容だけを見ると、かなり腕の立つドライバーが乗っているように思われる。駆け出しはこのクルマを選ばない)。

累積点数は76点

なお、この並木容疑者については、これまでにも違反歴が多々あり、累積点数がなんと76点にも達していた様子を自身のツイッターにて公開していた模様。

この76点というのは「異常」な数字で、速度超過(スピード違反)による点数は下記の通り(チューリッヒ保険より)。

4

行政処分(免停など)の前歴がなければ6点から「30日の免停」となり、違反を重ねて点数が累積するか、もしくは一回で6点に達すると免停に。

なお、一般道と高速道とでは速度に対する点数の重みが異なり、一般道での一発免停は30キロオーバー、高速道だと40キロオーバーから。

参考までに、よく速度超過の際に収めるお金を「罰金」と言ったりするものの、一回で3点以下の違反の場合、正しくは「反則金」。

反則金を収めると刑罰が免除されるものの、一発免停の範囲だと「罰金」を支払う必要があり、刑事処分扱い(つまり前科が残る)となるので明確に区別する必要があります。※実際に罰金を支払ったということは前科が残っているということになる

なお、この点数を見ると、速度超過のみだと12点が最高であり、「76点」も累積するのはよっぽどのことだとわかりますが、76点だともちろん「免取り」となり、その欠格期間は10年となっています(免取りは15点から)。

参照:FNNプライムオンライン, チューリッヒ保険, 警視庁

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen), ■その車関連のネタなど, ■ニュース
-, , , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5