>アウディ(Audi) >ジャガー(Jaguar) ■ニュース

ジャガーのデザイナーが考えた「アウディGT」。TTそしてローゼマイヤーに影響を受けた次世代高級ツアラーのレンダリングが登場

更新日:

| TTそしてそのデザイナーは間違いなく一つの時代を築いたと言っていい |

ジャガー・ランドローバーのデザイナー、ジョーダン・ジェンドラー氏が考えた「アウディGT」。

なかなか日本では考えにくいものの、欧米では特定の自動車メーカーに務めるデザイナーが別メーカーの自動車のデザインを(個人的プロジェクトとして)行い、かつ公開することも多く、今回のデザインもそういった個人的興味から派生した作品です。

モチーフは初代TTとローゼマイヤー

なお、このアウディGTのモチーフとなったのは初代TTとローゼマイヤー。

言われてみると、たしかにこのアウディGTのフロントはTTもしくはTTコンセプト(画像)にそっくりでもありますね。

参考までに、(エンツォ・フェラーリなどのデザインで有名な)ケン・オクヤマ氏の著書「ムーンショット デザイン幸福論」によると、ケン・オクヤマ氏がポルシェに在籍していた頃、のちにTTのデザイナーとなるフリーマン・トーマス氏と一緒に仕事をしており、その頃フリーマン・トーマス氏は「新しいポルシェ」として(ポルシェ上層部に)TTの原型を考案。

しかしポルシェからそのデザインを却下され、しかし諦めきれずに自分でクレイモデルを作った、としています。

なお会社で却下された以上は職場でその作業ができず、従って自宅キッチンのオーブンを使い粘土を加熱したりしてクレイモデルを完成。

そのためこの車はデザイナー仲間から「キッチンカー」と呼ばれたそうですが、後に彼がアウディに移籍して緊急プロジェクトに招集された時にこの「キッチンカー」を提案し、その場でピエヒ会長に「これだよ、これ」ということで一発採用になり、発案から15年かけて「TTクーペ」として市販されることになった、と記載されています。

audi-tt-concept

一方の「ローゼマイヤー」ですが、この名称は伝説的レーシングドライバーであるベルント・ローゼマイヤー氏の名にちなんでおり、そのルックスも1930年代に活躍した「シルバーアロー」を強く意識。

デザインを行ったのはTTと同じくペーター・シュライヤー氏で、フェルディナント・ピエヒ氏はペーター・シュライヤー氏の手腕そしてTTのデザインを高く買っていたということがわかりますね。

搭載されるエンジンはW16、そして駆動方式はクワトロ、最高時速350キロに達する走行性能を備える「スーパーカー」でもあります。

a934749f07f97d2c765b0e4957b90f19

こんなコンセプトカーもあった。スチームパンクなアウディ「ローゼマイヤー」

| アウディはとことん「弩級」が好きなようだ | 2000年6月1日に発表されたアウディのコンセプトカー「ローゼマイヤー」。ウォルフスブルグにあるアウディパビリオンのオープニングセレモニーにてお披露目 ...

続きを見る

そしてリヤから見るとアウディGTにはローゼマイヤーのイメージが色濃く反映されているということがわかりますね。

01effd98918551.5ee7672b67ef2

そして面白いのは、ボディの上下が分割されたかのようなデザインを持つこと。

観音開きの前後ドア、リアハッチを持つ「5ドア」となりますが、ルーフはスポーツカーのように低く、サイドウインドウの面積は極端に小さくなっています。

9a2d3198918551.5ee7672b65dd2

ドアミラーの代わりにはカメラが用いられていますが、これは「格納式」なのかも。

0a78b898918551.5ee7672a30978

アウディGTにはレーシングバージョンも存在

そしてこちらはアウディGTのレーシングバージョン。

極端にボディが広げられ、フロントバンパー上のドライビングランプやフロントワイドフェンダーはちょっと「レトロ」な雰囲気も。

b2f77298918551.5ee7672b6572b

リアにはスワンネック式のリアウイングに超ワイドフェンダー、リアディフューザーには16枚ものフィンが取り付けられています。

a4148d98918551.5ee7672ace68b

ローゼマイヤーは何らかの事情にて実現することはなく、TTも現行モデルを最後にそのライフが終了すると言われますが、アウディ内部には「TT信仰」が強く根付いており、一部の重役含めTTをなんとか生きながらえさせようとする動きもある模様。

そして「生き残る」ためにはSUV化、5ドア化、そしてEV化といったメタモルフォーゼも検討されているとも報じられますが、今のところ具体的な決定はなされていないようですね(コロナウイルスの影響にて、一層

さよならアウディTT。アウディCEOが正式に「TT終了」を発表し、その後継は「まったく別の」エレクトリックカーとなることを発表

| TTはアウディのイメージを大きく変えた、歴史に残るクルマだった | アウディCEO、ブラム・ショット氏がアウディ年例ミーティングにて正式に「次期TTはない」とコメント。かわりに「新型エレクトリック ...

続きを見る

参照: Jordan Gendler - Behance

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->アウディ(Audi), >ジャガー(Jaguar), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5