>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■ニュース

ランボルギーニが「スーパーカーモチーフの」高速ヨットを発売!エンジンは2000馬力のV12を2基搭載、最高速度は111km/h

投稿日:2020/07/01 更新日:

| デリバリーは2021年から、内外装はアドペルソナムにてカスタム可能 |

ランボルギーニが突如「ヨット」発売を予告し、その直後に正式発表。

このヨットはイタリアンシーグループ内の高級ヨットブランド「テクノマール」とのコラボレーションによって実現しており、その名も「テクノマール・フォー・ランボルギーニ63」。※「63」とはランボルギーニの創業年、1963年に由来

デザインイメージはもちろん「シアンFKP37」、そしてこのヨットはランボルギーニのデザインセンターとテクノマールとの緊密な連携による成果だと発表されています。

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

そのデザインはどこからどう見てもランボルギーニ

実際のところ、このテクノマール・フォー・ランボルギーニのデザインは「完全にシアンFKP37(とそのインスパイアもとのテルツォ・ミッレニオ)そのもの」。

フロントには横方向を向いた「Y」字型ライトが見えますね。

563427_v2

テールランプもやはりランボルギーニらしいデザイン。

サイドには「63」の文字が装着されています。

563432_v2

メーターやステアリングホイール、シートもやはりランボルギーニ。

563443_v2

リアデッキはアヴェンタドールのエンジンフードのような形状を持ち、ディフューザーのようなフィンも。

563441_v2

エンジンはMAN製のV12(2000馬力)を2基搭載し、最高速度は60ノット(約111km/h)。

この速度はテクノマールが製造するヨットの中でもっとも速いものだとアナウンスされています。

563434_v2

なお長さは63フィート、重量は24トン。

563442_v2

全体的にはシアンFKP37のほか、ミウラやカウンタックといったマルチェロ・ガンディーニによるスーパーカーをイメージし、ヨットのトップはランボルギーニのロードスター(に採用されるハードトップ)をイメージしたのだそう。

563438_v2

船内はクリーンでモダンという「イタリアの伝統」を再現し、ヘキサゴンを多用することでランボルギーニらしさを演出。

もちろん、ランボルギーニのカスタマイゼーションプログラム、アドペルソナムによって内外装を自由にカスタムできる、とのこと。

563428_v3

ランボルギーニとヨットは無縁ではない

なお、ランボルギーニはこれまでヨットやボートと無縁ではなく、創業者であるフェルッチョ・ランボルギーニがヨットの愛好家でもあったことから、ヨット向けのエンジンを作っていたことも。

ちなみにランボルギーニは自動車の「アウトモビリ・ランボルギーニ」のほか、トラクター部門の「ランボルギーニ・トラットーリ」、そしてマリン部門にて構成され、自動車、トラクターは現在別会社として活動中。

ただしマリン部門についてはほぼ活動内容が伝わってこず、どうなっているのかわからない状態です(今回のテクノマール・フォー・ランボルギーニ63に搭載されるエンジンもランボルギーニ製ではない)。

ちなみにこちらはヨット(ボート)用のV12エンジンで、ランボルギーニ博物館に展示されているもの。

DSC04571

高級ヨットメーカーのリーヴァ(Riva)は昨年にもランボルギーニ製エンジンを搭載した「リーヴァ・ランボルギーニ」を発売していますが、これはかつてのエンジンをレストアして搭載したクラシックボートであるようですね。

そのほか公式ではありませんが、「アヴェンタボート」なる、アヴェンタドールをイメージしたボートを作った人も存在します(ランボルギーニの純正パーツを多数使用している)。

Lamborghini-Aventador-Superveloce-Speedboat-1

あのランボルギーニ純正パーツを使用して作られた「アヴェンタドール風ボート」が販売中。2億4000万円ナリ

以前にランボルギーニ・アヴェンタドールSV風のカスタムボート(通称”アヴェンタボート”)を製造したチューナーが登場しましたが、今回はそのボートがロンドン拠点のエキゾチックカーディーラー、「ジェームズ・ ...

続きを見る

高級車とヨットとは結び付きが強い

なお、ランボルギーニに限らず、高級車とヨットとのコラボレーションは多く、過去にはアストンマーティン、ブガッティ、メルセデスAMG、ポルシェ、インフィニティといった例も。

そのほかにもベントレー、BMW、アバルト等、ボートやヨットメーカーとのコラボレーションを発売する自動車メーカーも多々ある模様。

ベントレーが「オールホワイト」のコンチネンタルGT限定モデルを発表。高級ヨットメーカーとコラボ

この記事のもくじ1 | 高級車オーナーとヨットとのつながりは深い |1.1 合わせて読みたい関連投稿1.2 この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます | 高級車オーナーとヨットとのつながり ...

続きを見る

これは欧州や米国だと「高級車を持っている人はヨットを保有していることも多い」という事実に基づいての展開であるようですが、日本だとちょっと想像がつきにくい状況でもありますね。

ちなみにレクサスの「海上のフラッグシップ」としてヨットを発売しています。

これがレクサスのヨット”LY650”!レクサス「夢のような時間を提供したい」

| レクサスが構想2年、豪華ヨットを発表 | レクサスがかねてより計画してきた、ラグジュアリーヨット「LY650」の概要がついに公開。 自動車、とくに高額なクルマや高級なクルマを扱うメーカーとヨット( ...

続きを見る

参照:lamborghini

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5