>アストンマーティン(Astonmartin) >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■ニュース

アストンマーティンの救世主なるか?新型SUV「DBX」の生産開始!その価格は2300万円、割高感はあるがゴージャスさ、エレガントさは大きな魅力

投稿日:

| タイミングとしては「やや遅かった」がまだ挽回は可能 |

さて、アストンマーティン期待の新星、DBXの本生産がついにスタート。

いうまでもなくこれはアストンマーティン初のSUVとなりますが、この生産のために新しく工場を建設するなど多大な投資を行ったクルマでもあります。

そして現在アストンマーティンは非常に(販売・財政とも)厳しい状況であり、このDBXの成否が今後の社運を握ると言っても良さそうですね。

アストンマーティンの成長は「数字上の見せかけ」だった?新CEO「需要と供給とのバランスを適正化し、在庫を抑えて建て直す」

この記事のもくじ1 | 再建にあたっては343億円相当の新規株式を発行 |2 アストンマーティンは意外と在庫車が多かった3 アストンマーティンの販売台数の推移はこうなっている4 この記事を読んだ人は、 ...

続きを見る

SUVであれば売れるとは限らない

なお、SUV発売によって大きく成長した例としてはポルシェ(カイエン)、ランボルギーニ(ウルス)。

いずれも販売台数ベースで(スポーツカーラインアップだけの時に比べ)倍程度に成長しており、ランボルギーニだとこんな感じ。

l2

凄いなランボルギーニ!2019年の販売台数は2018年比で43%UP、2017年比だと2倍以上という驚異的な伸びを見せる。日本は4番目の市場に

この記事のもくじ1 | ウルスは2019年に5,000台近くを売り、単一車種てに2018年に「ランボルギーニ全体で販売した5705台」に迫る勢い |1.1 ランボルギーニ・ウルスは発売3年目1.2 2 ...

続きを見る

もちろんアストンマーティンはDBXにおいても同様の現状を期待しており、とくに中国市場での販売を見込んでいるとされ、年間4,000〜5,000台ペースの販売を狙っている、と報じられます。※DBX発売前、2019年のアストンマーティン世界販売は5,110台

aston-martin-dbx-production-st-athan-wales-6

販売減少が続くアストンマーティンの救世主なるか?「DBXは4,000〜5,000台の販売を見込み、カイエンやレンジローバーのシェアを食うだろう」

この記事のもくじ1 | DBXは期せずして会社の命運を左右するクルマに |1.1 なぜアストンマーティンの販売は振るわない?1.2 DBXの登場はタイミングが良かった1.3 この記事を読んだ人は、他に ...

続きを見る

ほかに「SUVへと新規参入」したメーカーとしてはジャガー(F-PACE、E-PACE)、ベントレー(ベンテイガ)、マセラティ(レヴァンテ)、ロールスロイス(カリナン)、アルファロメオ(ステルヴィオ)」等がありますが、これらはいずれも好調もしくは堅調(思ったほど売れていないにせよ投資効果がマイナスではないようだ)。

実際にマセラティ、ベントレー、アルファロメオはさらに追加でSUVを投入する意欲を見せていますね。

SUV市場は供給加熱気味に。存在感を発揮できるかが鍵

ただ、そうなると心配なのが「供給過剰」。

現在のところ高級SUVはサルーンからのみならずスポーツカーからの乗り換えも獲得しているといわれ、しかし一部アナリストは「もはやSUV市場はこれまでのように成長しない」とする向きも。

アストンマーティンはSUV参入組としては現在のところ最後発となっており、販売拠点の数やプロモーション面においても他ブランドに比較してやや不利だとも考えられます。

よって、こういった環境の中でDBXが存在感を発揮できるのかどうかということが懸念となりますが、アストンマーティンとしても「後発」の不利を十分承知しているようで、「スーポーティー」「エレガント」「ゴージャス」という路線を押し出しており、ポルシェ・カイエン、マセラティ・レヴァンテが主なターゲットとして設定されている模様。

aston-martin-dbx-production-st-athan-wales-11

アストンマーティンがブランド初となるSUV、”DBX”を発表。「ディナーにエスコートする女性のドレスの裾が汚れない」配慮もなされたゴージャスなクロスオーバー

この記事のもくじ1 | アストンマーティンはほかメーカーとは異なる路線でSUVセグメントへと参入してきたようだ |1.1 DBXはスポーツカーのソウルを持ったSUV1.2 エクステリアでも「スポーツカ ...

続きを見る

アストンマーティンDBXに搭載されるエンジンはメルセデスAMGより供給を受けた4リッターV8ツインターボで、出力は550馬力。

出力特性はDBXのために再調整されているといい、0-100km/h加速は4.5秒、最高速度は時速291km/h、トランスミッションは9速AT、駆動方式にはもちろん4WDを採用しています。

価格は2300万円に設定されていますが、同じくらいのスペックを持つレヴァンテGTSだと1840万円、ポルシェ・カイエン・ターボだと2937万円、ちょっと性能が上のランボルギーニ・ウルスの価格は2918万円。

これらに比べるとかなり割高ではありますが、実車を見る限りではそれだけの価格納得性もあり、多くの人に知ってもらう機会さえあれば(DB11同様に)売れるだろう、とも考えています。

アストンマーティンDBXを見てきた!あまりに美しく、あまりに力強く、あまりにエレガントなSUV。相変わらずアストンは「写真映りの悪さ」で損をしているようだ

この記事のもくじ1 | 現時点で「最後発SUV」、そして富裕層相手の商売に慣れているアストンマーティンならではの差別化要素、魅力が詰まっている |1.1 アストンマーティンDBXの外観はこんな感じ1. ...

続きを見る

参考までに、ジャーマンスリーのフラッグシップSUV(エントリーモデル)だとアウディQ8で1010万円〜、BMW X7は1011万円〜、メルセデス・ベンツGLSでは1263万円という設定を持っており、これらと比較すると割高感を禁じ得ず(ただしスペックは全然違う)、そう考えると、割安感を出せるであろうV6モデルの早急な投入が望まれるのかもしれません。

参照:Astonmartin

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin), >ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5