>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

欧州にてトヨタ・カローラセダンに「GR Sport」追加!ブラックルーフにブラックアクセント、専用ボディカラー「ダイナミックグレー」も

投稿日:

| 欧米のカローラにはやたらカッコいい仕様が存在するようだ |

トヨタが欧州市場にて「カローラセダンGRスポーツ」を発表。

すでに欧州市場向けとしては、カローラ「ハッチバック」「ツーリング」にGRスポーツが追加されており、今回の「セダン」はこれらに続く形となっています(これで全種コンプリート)。

外観上の特徴としては、標準モデルでは「クローム」となるトリムがピアノブラックへと置き換えられており、そのほかルーフやドアミラーにもブラックが採用されるなど、全体的に引き締まった印象へ。

ちょっとしたことでずいぶん印象が変わる

そのほかフロントバンパー左右端には「C形状の」ブラックガーニッシュが追加されており、これによってアグレッシブな表情を演出することになりますが、カローラはちょっとしたことで大きく印象が変わる模様。

そう考えると、カローラ一味は「イジり甲斐のある」クルマなのかもしれません。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-8

ホイールはブラックにCNC加工が施されたシャープなデザインを持ち、センターキャップにはレッドのリング。

サイズは標準で17インチ、オプションでは18インチを選ぶことが可能です。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-14

トランクリッドにはリップスポイラーが装着され、左右テールランプの間にはブラックのガーニッシュ、そして右サイドにはGRバッジ。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-11

オフィシャルフォトのボディカラーは「ホワイト」に見え、しかしこのカローラGR Sport専用色として「ダイナミックグレー」が用意されているといい、これはおそらく戦闘機っぽいグレーなのだと思われます。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-13

この「戦闘機っぽいグレー」については、アウディがRSモデルにて「ナルドグレー」を採用して以来、欧州を中心に流行しており、スポーツカーのみならず、シトロエンのようなコンパクトカーにも採用が波及していますね。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-16

なお、フロントエンブレムは「3D」。

トヨタは欧州にて「トヨタエンブレムを平面にする」と発表していますが、これの採用はまず新型ヤリス・ハイブリッドからだと言われており、今回のカローラGRスポーツは「対象外」ということになりそう。

トヨタがエンブレム(ロゴ)をデジタル対応に変更!今までのエンブレムはこんな風に変遷している

| 意外とトヨタのエンブレムは変更頻度が少なかった | さて、ミニ、フォルクスワーゲン、BMW、日産に続き、トヨタもエンブレムを「簡素な二次元」へと変更する、と発表。新しいロゴは「二次元」になり「TO ...

続きを見る

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-17

リアスポイラーの形状を見るに、「飾り」ではなくかなり効きそうです。

カローラGRスポーツのインテリアはこうなっている

カローラGRスポーツのインテリアもやはり通常モデルと差がつけられており、ヘッドライナーがブラックに、そしてステアリングホイールがパーフォレイテッド(穴あき)レザー巻きへと変更(スカッフプレートもGRロゴ入りのアルミ製に変更されている)。

オプションにてアンビエントライトも選択できるようですね。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-5

シートはクロスとシンセティックレザーとの組み合わせが採用され、ホワイトの切り返し、そしてホワイトとレッドのコントラストステッチ入り。

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-4

JUN
カローラにこんなカッコいいシートが装着されるとは・・・!

2021-Toyota-Corolla-Sedan-GR-Sport-European-spec-7

リアシートもフロント同様の素材、そしてステッチが組み合わせられます。

2021-Toyota-Corolla-GR-Sport-family-European-spec-1

今回はカローラ「セダン」にGRスポーツが設定されたことでハッチバック、ツーリングともにラインアップが完成することとなっていますが、ぜひ日本にも導入してほしいものですね。

生産自体は2020年11月から開始され、納車は2021年1月から、とアナウンスされています。

2021-Toyota-Corolla-GR-Sport-family-European-spec-2

なお、北米向けのカローラセダンには、大迫力な「アペックスエディション」が投入されたばかり。

日本ではカローラというと「スポーツ」よりも「営業車」「ファミリー」といった印象が強いものの、海の向こうではちょっと事情が異なるようです。

トヨタが北米向けに「やりすぎ」なカローラ投入!スポーツ触媒に足回り強化、エアロで武装した”カローラセダン・アペックスエディション”

| これがカローラとはにわかに信じがたい | トヨタの北米法人がカッコいい「カローラセダン・アペックスエディション」を発表。専用の外観に加えてハンドリングも向上させられており、まさにアペックス(コーナ ...

続きを見る

参照:Toyota EU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5