>ポルシェ(Porsche)

ポルシェ・カイエンに7月2度めのリコール。今度は「ターボ」系のみ、燃料漏れの恐れ

投稿日:2020/07/29 更新日:

| やはりカイエンのリコールは比較的多いようだ |

さて、ポルシェがカイエンに関してリコール届け出。

内容としては「燃料が漏れる」というもので、この問題がわかったのは「本国からの情報による」。

日本国内では本件に起因する不具合は0件、これによる事故もゼロ。

対象となるのは「ターボ系」のみで、平成30年5月22日~令和2年6月1日に輸入されたカイエン・ターボ、カイエン・ターボSあわせて402台のみだと発表されています。

やはり「ターボ」の発熱量は膨大

なお、問題の原因としては下記の通り。

対策としては「全車両、燃料ラインを対策品に交換する」とのことですが、さすがに「ターボ」の発熱はハンパではない、ということになりそうですね。

燃料ラインにおいて、耐熱評価が不十分なため、耐熱性が不足している。そのため、エンジンルーム内の高温に晒されると当該ラインに亀裂が生じ、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

国土交通省

カイエン、パナメーラはポルシェの中でもリコール多め

なお、カイエン、パナメーラ、そしてマカンはポルシェの中でも比較的リコールの多い車種。

2019-2020年にかけても何度かリコールが出され、直近においても「オイル漏れ」のおそれありとして国内でリコールが実施済み。

ポルシェ・カイエンにリコール!「オイルが漏れて後続車が滑る可能性がある」。けっこうドバっといきそうだ

| ポルシェの中だとカイエンは比較的リコールが多い | 久々にポルシェがリコールを届け出。今回はカイエンに対して届けが出され、内容としては「トランスミッションオイル漏れ」。対象となるのは比較的最近の個 ...

続きを見る

カイエン、パナメーラ、マカンのリコールが多い理由は謎ですが、ぼくが思うに、これらはフォルクスワーゲングループ内の他ブランドとの共有パーツが多いからなんじゃないか、とも考えています。

ポルシェがカイエン、パナメーラに10万台規模のリコール実施。「Pレンジに入れても、勝手にクルマが動き出す」可能性

| シフトレバーのブッシュ劣化が原因 | 先日も初代パナメーラに対してリコールを届け出たポルシェですが、今回もパナメーラ、そしてカイエンにリコール。今のところアメリカ国内のみでのリコールではあるものの ...

続きを見る

ただ、共有パーツの品質が低いということではなく、「ベントレーやアウディ、フォルクスワーゲンなど、グループ内の他ブランドが設計したパーツ」とポルシェの相性の問題で、たとえば車体やエンジンを「ポルシェがイチから設計した」911や718であれば隅々までポルシェの知見を生かした設計をもたせることができるのでパーツや制御の相性も問題はなく、しかし他社が設計したパーツ同士を組みわせると一気に制御や検証は難しくなる、ということかもしれない、ということですね。

ポルシェが初代パナメーラに「発火の恐れ」があるとしてリコール届け出。北米では販売済み車両の78%が該当

| これだけ規模の大きなリコールはポルシェにとって珍しい | ポルシェが初代パナメーラに対しリコール発表。内容としては「電気系の問題によって不具合が生じ、最悪の場合は火災に至る」というもの。今のところ ...

続きを見る

たとえば、他人が作成した文章を手直しするのは相当に手間と時間がかかってしまい、であれば自分で最初から作ったほうが簡単でコントロールしやすい、という経験をした人もあるかと思いますが、何かにつけて「他の人(他社)がつくったもの」と「自分(自社)がつくったもの」とを組み合わせるのは難しく、パーツ単体で見ると全く問題がないものの、組み合わせて動作させると問題が生じるということが多いのかもしれません。※モニターでも、液晶パネルと制御系を別々に作っている(別のサプライヤーから仕入れている)メーカーの製品は問題が生じやすく、自社一貫生産の場合は問題が出にくいように思う

ポルシェがカイエン、パナメーラにリコール。なぜポルシェの中でもこれらのリコールは多い?ほかベントレーもリコール届け出

本来ポルシェのリコールは多くない ポルシェがパナメーラとカイエンにリコールを届け出。ポルシェはもともとリコールの少ない会社ではありますが、パナメーラ、カイエンについてのリコールは少なくはなく、パナメー ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f