>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

BMWがオプションパーツにますます本気!BMW M5向けに「3D構造」を持つ超軽量ホイールなどハードなパーツを一斉発売

投稿日:2020/08/03 更新日:

| 前部装着するといくらほどかかるのかちょっと気になる |

BMWはニューモデルの発表とほぼ同時に「Mパフォーマンス」からオプションパーツを発売する傾向にありますが、今回も新型5シリーズ、M5向けのパーツをリリースしています。

ここではM5/M5コンペティション向けのラインアップを紹介したいと思いますが、その本気っぷりがスゴいとぼくの中で話題に。

参考までに、これまでにもBMWは様々なMパフォーマンスパーツを発売しており、その中でもっとも過激だったのはM2向けのパーツ群。

ただし今回のM5/M5コンペティション用はそれを上回る過激さを持っているようです。

BMWがM2を「-60kg」に仕上げるオプションパーツを公開。軽量バッテリーは-14kg

| ボディカラーはマット仕上げ | BMWは先日、M2向けに「-40kg」を実現できるオプションパーツ群を公開しましたが、今回「コンセプト」としてなんと「-60kg」を達成するオプションパーツを公開。 ...

続きを見る

BMWはM5/M5コンペティション向けにこういったパーツを用意している

まずこちらは「Mパフォーマンス・スポーツサスペンション」。

5ミリ〜20ミリほど車高が落ちるようですね。

カーボンセラミックディスクを持つMパフォーマンスMパフォーマンス・ブレーキキット/ブレーキパッドも装着されています。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (2)

「Mパフォーマンス・エキゾーストシステム」。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (3)

「Mパフォーマンス・タイヤバッグ」。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (1)

「Mパフォーマンス・エンジンカバー」。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (5)

そして今回ぼくがもっとも驚いたのがこのホイール、「Mパフォーマンス鍛造Yスポーク863(Mフェリック・グレーマット)。

ちょっとわかりにくいのですが、スポーク部に大きく肉抜きが施されています。

BMWはこれを「3Dスポーク」と表現していますが、かなり軽くなりそうですね(重量は公開されていない)。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (17)

ボディパーツだと「フロントカーボンアタッチメント」「フロントスプリッター」「カーボンキドニーグリル」「カーボンエアブリーザー」「カーボンドアミラー」「カーボンサイドシル」「モータースポーツストライプ」。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020

後ろから見ると「リヤバンパートリム(ハイグロスブラック)」「カーボンディフューザー」。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (9)

カーボンリヤスポイラーもラインアップされています。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (8)

サイドステップにはブラックのアクセント、そしてその上にはレーシングストライプ。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (7)

カーボンドアミラーは美しい織目が出ていますね。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (4)

カーボンディフューザーはかなり大きく、アグレッシブな形状。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (14)

とにかくこのホイールが「どれくらい軽いのか」が気になります。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (13)

こちらはMパフォーマンスパーツのラインアップとしては初めて見た、カーボン製フューエルフィラーキャップ。

おそらくは他モデルにも流用できそうです。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (11)

BMW M5/M5コンペティション向けインテリアパーツのラインアップを見てみよう

そしてこちらはM5/M5コンペティション用インテリアパーツ。

ラインアップとしては「ステアリングホイールPro」「カーボンステアリングホイールトリム」「カーボンシフトパドル」「カーボンギアセレクター」「ステンレスペダル」「フロアマット」といったところ。

そういえばちょっと前まではLEDインジケーター内蔵ステアリングホイールがラインアップされていたように思うものの、最近はあまり見かけないようですね。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (12)

そのほか、キーケースやカーカバーなど様々なグッズ、メンテナンス用品が揃いますが、BMWがここまでMパフォーマンスパーツを拡大するということは「それなりに売れている」のかも。

たしかにBMWに乗る人はBMWへの忠誠心が強いように思われ、けっこうこれらパーツの装着率も高そうです。

m-performance-parts-fur-m5-competition-2020 (10)

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5