>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

内装スペシャリストがフェラーリ・カリフォルニアTをカスタムするとこうなる!様々な素材や加工を使用し「コントラスト強め」に

投稿日:2020/08/03 更新日:

| 色使いはフェラーリ純正と変わらずも、配色は大きく異なる |

さて、ブルガリアの内装チューナー、「ヴィルナー」。

これまでにもメルセデス・ベンツ始めランボルギーニやアウディ、マセラティ等の内装カスタムを披露しています。

加えてカスタムのみではなく、クロアチアのエレクトリックハイパーカーメーカー、リマックとの協業にて「コンセプト・ワン」の内装も手掛けるなど幅広い活躍を見せているようですね。

そして今回はフェラーリ・カリフォルニアTの内装カスタムに挑んでおり、特別感溢れるインテリアを紹介したいと思います。

フェラーリ・カリフォルニアの内装をカスタムしたらこうなった

そして今回ヴィルナーがカスタムしたフェラーリ・カリフォルニアTのインテリアがこちら。

ボディカラーはメタリックグレーだそうですが、インテリアはブラックとレッドにてまとめられ、かつレッドの使い方がフェラーリ純正とは全く異なり、相当にインパクトのある仕上がりに。

vilner-ferrari-california-t-tuning-9

レッドレザーとブラックレザー、そしてブラックのアルカンターラにホワイトのステッチが用いられています。

シートサイドのスイッチ類が配置されているカバーもアルカンターラに張り替えられていますが、ここはドアを開けると必ず目に入る部分でもあり、オーナーの満足感は大きそう。

vilner-ferrari-california-t-tuning-6

上から見るとこう。

シートベルトのフチはレッドに、そしてダッシュボード、センターコンソール、アームレスト、ドアインナーパネルにもライン状のレッドが用いられ、コントラストの強い仕上がりに。

vilner-ferrari-california-t-tuning-7

ダッシュボードからドアインナーパネルには連続するレッドのライン。

vilner-ferrari-california-t-tuning-1

前から見るとこう。

メーターフードも張り替えられ、立体感のある仕上がりに。

vilner-ferrari-california-t-tuning-15

そしてこちらはヴィルナー得意の「バッグ」。

インテリア張り替えの際に使用したレザーを使用し、これまでにもバッグやガーメントケース、グローブなど様々なグッズを製作しています。

vilner-ferrari-california-t-tuning-4

バッグはレッドバージョン、そしてブラックバージョンの両方が作られています。

エクステリアのカスタムは小さい範囲に止まり、しかしホイールのスポーク部にレッドを用いるなど、オーナーそしてヴィルナーは「コントラスト」にこだわったようですね。

vilner-ferrari-california-t-tuning-3

ヴィルナーはほかにもこんなカスタムを行っている

そして上述の通りヴィルナーは様々なカスタムを行っており、こちらはランボルギーニ・アヴェンタドールのインテリアカスタム。

全張り替えで「400万円」という費用感です(手間を考えると、”高い”と断じることはできない)。

内装専門ショップがランボルギーニ・アヴェンタドールをカスタム!そのスペシャルインテリア(400万円)を見てみよう

| たしかにカスタム費用は高いが、それだけ、いやそれ以上の満足感は得られる | オーストリア拠点のインテリア専門カスタムショップ、Neidfaktor(ニードファクター)がランボルギーニ・アヴェンタド ...

続きを見る

こちらは日産GT-Rの内装カスタム。

比較的GT-Rのカスタム依頼は多いようですね。

え?これが日産GT-R?GT-Rの地味なインテリアを一気にスポーティー&ゴージャスに進化させたチューナーが登場

| カーレックスは過去にも”サムライ風”など何度かGT-Rの内装カスタムを手がけている | インテリアカスタムのスペシャリスト、「カーレックス」が日産R35 GT-Rの内装をフルカスタム。よく内装「総 ...

続きを見る

そしてヴィルナーは内装だけではなく外装のカスタムも行っており、こちらは「外装サビサビ」なジープ・ラングラー。

なおこの車両のオーナーは中国人ですが、ヴィルナーは中国でのカスタム需要を見越し、中国にもオフィスを開設しているようですね。

中国から凄いジープ・ラングラー来た!外装サビサビ、内装ヴィンテージ風、かなりコストがかかってそうなカスタム

| ジープ・ラングラーがサビサビの外観に | 中国より登場の「ジープ・ラングラー・リミテッド」カスタム。 ナンバーを見ると北京在住のオーナーのようですが、外観は見ての通りサビサビ。 なおタイヤ/ホイー ...

続きを見る

こちらはかつてドイツの撃墜王が乗っていたというフェアレディZ(S30)。

マットブルーにカッパーのアクセントが使用され、内装はヴィンテージ調です。

「ブラックデビル」として恐れられたドイツの撃墜王が乗っていたフェアレディZ。死後にその自宅から出てきてカスタムされることに

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5