>その他イタリア車 ■ニュース

ザガートが1963年の名車「イソ・リヴォルタA3(ビッザリーニ5300GT)」のオマージュ、”イソ・リヴォルタGTZ”発売。19台のみ限定、すでに10台は販売済

投稿日:2020/08/09 更新日:

| 価格は不明なるも、「億」は間違いなさそう |

イタリアのカロッツェリア、ザガートが「イソ・リヴォルタGTZ」を発表。

これは1963年に登場した「イソ・リヴォルタA3(Iso Rivolta A)」へのオマージュとなりますが、イソ・リヴォルタA3はちょっとややこしい経歴を持っています。

もともとのイソ・リヴォルタA3を企画したのはイタリアの自動車メーカーである「イソ社」で、この創業者であるレンツォ・リヴォルタの「高い性能を持つGTカーを作りたい」という要望、(元フェラーリのチーフエンジニアだった)ジオット・ビッザリーニの「レーシングカーを作りたい」という要望とがマッチして誕生することになったと言われます。

イソ・リヴォルタA3は「イタリアとアメリカとのハイブリッド」

ただ、どういったわけか「イソ・リヴォルタA3」としてスタートしたプロジェクトは後に「ビッザリーニ5300GT」として1964年にビッザリーニ名義にて発売されることになり、その後1968年まで生産されることに(生産台数は100台程度とされる)。※イソ社の資金が足りなくなり、プロジェクトがビッザリーニへ移管されたという話も

さらに興味深いのはエンジンにシボレーの5.4リッタースモールブロックを採用したことで、出力は365~400馬力を発生したとも言われる

P1070290

全長は4,460ミリ、全幅1,760ミリ、全高1,120ミリというサイズを持ち、当時としてはけっこう大きな車で、その理由としてはやはり当初の「GTカーとして使える快適性」が考慮されたからなのかもしれません。

P1070259

そして今回発表されたイソ・リヴォルタGTZは当時のイソ・リヴォルタA3のオマージュだけあって共通する意匠も多く、丸形ヘッドライトやその間にある二分割横長グリル、ボンネット上に設けられた2つのエアアウトレットなど「まんまイソ・リヴォルタA3」。

2021-zagato-isorivolta-gtz-2

さらにはフロントフェンダーサイドのエアアウトレット、Cピラーとその上にあるダクト、盛り上がったリアフェンダーにテールエンド(段差や丸形テールランプなど)にも関連性が見られます。

なお、ルーフはザガート特有の「ダブルバブル」ではなく、しかしこれはオリジナルのイソ・リヴォルタA3への「敬意」のあらわれなのかもしれません。

2021-zagato-isorivolta-gtz-4

そしてイソ・リヴォルタA3への敬意といえば「エンジン」で、当時イソ・リヴォルタA3が「イタリア製の車体にアメリカ製エンジン」を積んだクルマだったのと同様、イソ・リヴォルタGTZに積まれるのもまたアメリカ製エンジン。

具体的にはシボレー・コルベットZ06に積まれる6.2リッターV8スーパーチャージャーで、ザガートではこれを6.8リッターにまでボアアップしているとのことで、今回出力は明かされていないものの、もともとのコルベットZ06が659馬力を発生するだけに「800馬力」はカタそうです。

なお、このザガート・イソリヴォルタGTZは19台のみの限定販売となり、すでに10台は販売済み。

最初のデリバリーは10月になされる、とのこと。

参照:Zagato

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車, ■ニュース
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5