ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

フェラーリが812スーパーファストの「リアウインドウが飛んでゆく」としてリコール届け出。実際に3件問題が発生した模様

投稿日:

| もともとフェラーリのリコールはそれほど多くない |

フェラーリが北米にて、1,063台の812スーパファストについてリコールを届け出(今のところ、同様の案件で日本におけるリコール案件の届け出はないようだ)。

対象となるのは2018年~2020年モデルで、リコールの理由としては「リアウインドウの接着が不十分なため、走行中に外れて飛んでゆくことがある」という事実を掲げています。

なお、この問題が最初に発覚したのは2020年5月11日(ドイツ)で、その後5月21日にも2件の同じ問題(やはりドイツ)が報告されることに。

原因はサプライヤー

そこでフェラーリは調査を開始し、原因について「サプライヤーが、リアウインドウをちゃんとクリーニングしていない状態で接着剤を塗布したため」と特定し、今回のリコールへと至った模様。

なお、つい最近も「テスラの屋根が飛んでいった」という例がありましたが、車体の外を流れる空気に引っ張られてパーツが飛んでゆく事例についてはほかにもいくつかあるようです(メルセデス・ベンツもルーフが飛んでゆく可能性があるとしてリコールを実施したことがある)。

納車された帰宅途中にテスラ・モデル3の屋根が飛んでゆく!さすがに「これは・・・」と話題に

| きれいさっぱり屋根が飛んでいった |この記事のもくじ| きれいさっぱり屋根が飛んでいった |帰宅途中でそれは起こったルーフが飛んでゆく例は他にもテスラの問題は数多く指摘されるがこんな記事も読まれて ...

続きを見る

参考までに、フォーミュラカーだと、車体下部を流れるエアが「車体を路面へと貼り付ける」つまりグラウンドエフェクトが凄まじいレベルに達しており、そのため公道レースを行う際は、マンホールの蓋を溶接して「動かない」ようにする、と聞いたことがあります(でないと、マンホールの蓋が吸い上げられて吹っ飛んでゆくらしい)。

実際の対応は12月から

リコールはすでに発表されているものの、実際の対応は12月6月からだとされ、これは交換用のパーツ(リアウインドウ)の手配ができるのがその時期だということなのだと思われます。

なお、今回問題が起きたのは3件ということで、いずれもドイツというところを見るに、「アウトバーンを超高速走行中」だった可能性も。

その速度域については明かされていないものの、一般的な走行速度だと支障がないレベルなのかもしれませんね。

あわせて読みたい、関連投稿

この手口にはひっかかりそうだ!詐欺グループが「お宅のフェラーリがリコール対象になったので引き取りに行きます」とオーナーに連絡しまんまとフェラーリを詐取

| しかしあの手この手で悪いことを考える連中が出てくるものだ |この記事のもくじ| しかしあの手この手で悪いことを考える連中が出てくるものだ |実際に被害にあったオーナーもこんな記事も読まれています ...

続きを見る

フェラーリにリコール発生。488のブレーキローター摩耗警告が正しく動作しない可能性

| フェラーリが珍しくリコール。ブレーキローターの摩耗センサー不具合 |   アメリカの運輸省、NHTSA=National Highway Traffic Safety Administration ...

続きを見る

フェラーリが豪にて「燃える可能性」があるとしてリコール。458、488、F12、カリフォルニアが対象に

| 日本ではすでにリコール届出済みの案件 | Ferrari.Engine フェラーリがオーストラリアにて2件のリコールを届け出。1件は燃料漏れによる火災の危険性、もう一つはエアバッグ関連となっていま ...

続きを見る

参照: National Highway Traffic Safety Administration

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->フェラーリ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5