>フェラーリ(Ferrari) ■近況について

フェラーリ モンツァSP1を見てきた!こんなに美しいボディ、そして仕上げを持つ車は見たことがない

投稿日:

| あまりのオーラに一定距離以上近づけなかった・・・。 |

さて、フェラーリ正規ディーラー、コーンズ心斎橋ショールームへ。

最新のフェラーリCIに基づいたショールームへと生まれ変わり、そのオープニングイベントへと馳せ参じたわけですが、展示されていたのはフェラーリ ローマ、フェラーリSF90ストラダーレ、フェラーリ モンツァSP1の3台、そしてF1マシン。

今回はそのうちモンツァSP1を紹介したいと思います。

参考フェラーリが50年代にインスパイアされた新セグメント「Icona」発表。第一弾として「モンツァSP1」「モンツァSP2」登場

| フェラーリは新限定シリーズ「Icona」を立ち上げ。1950年代の純粋なフェラーリを再現 | フェラーリが「フェラーリ・モンツァSP1」「フェラーリ・モンツァSP2」を正式発表。 フェラーリはこれ ...

続きを見る

フェラーリ モンツァSP1はこんなクルマ

フェラーリ モンツァSP1は限定台数499台、その価格2億円とされるクルマで、ベースとなるのはフェラーリ812スーパーファスト。

このモンツァはフェラーリの新シリーズ「ICONA」の第一弾となり、ICONAとはイタリア語で「アイコン」の意味なのだそう。

つまりはフェラーリのアイコニックなモデルのデザインを現代に(最新のテクノロジーを用いて)再現したシリーズということになり、極めて少量の生産台数にて構成されます。

もちろん購入権利はフェラーリ側が顧客に対して付与することになり、まず「買おうと思っても買えない」レアカーでもありますね。

L1280246

参考フェラーリ「モンツァSP1/2の購入者を決定した。価格は2億円、それぞれの個体には独自の名称が与えられる」

| フェラーリは少量限定モデル、モンツァS81P1/SP2の販売対象者をリストアップ済み | フェラーリは今後の新しいビジネスプランにおいて、限定シリーズ「ICONA(イタリア語でアイコンの意味)」を ...

続きを見る

そしてモンツァには一人乗りの「SP1」と二人乗りの「SP2」とが存在し、コーンズさんによると「SP1を選ぶ人のほうが若干多いようにも感じる」とのこと(モンツァの購入者はSP1、SP2どちらでも自由に選べる)。

ちなみに日本に入ってくるのは10台前後だと聞いています。

L1280241

モンツァSP1/SP2のモチーフは フェラーリ750モンツァ(1954年)、フェラーリ860モンツァ(1956年)、フェラーリ166MM(1948年)で、レトロさだけではなくLEDを使用したライティング、それによってしか実現できないデザインなど「現代の要素」も見られます。

エンジンは6.5リッター V12 (810馬力)、0-100キロ加速は2.9秒、0-200キロ加速は3.7秒、最高速度は300km/h以上。

重量はモンツァSP1が1500キロ、モンツァSP2では1550キロだと公表されています。

L1280060

これだけの高額車にもかかわらず「柵」はなく、しかしその発するオーラのために近づけなかったのもまた事実。

もしカメラなどをクルマの上に落としたり、当てたりしてしまうと責任を取ることができず、よってちょっと距離をおいての撮影です。

フェラーリ モンツァSP1のエクステリアを見てみよう

ボディパネルはカーボンファイバー製だそうですが、カーボン独特の微妙な凹凸やうねり、繊維の形状も感じさせず、ボディパネルはどこまでもなめらか。

相当に広い面も存在しますが、完全に平滑なな表面を実現しています。

L1280077

フェラーリのシールドエンブレムはペイント。

もちろん色が変わる部分の段差も皆無。

L1280080

運転席の後部には「コブ」。

L1280252

前後フェンダーに取り付けられているモールもカーボン製!

ハミタイ対策パーツだと思われますが、多くのクルマではここに樹脂パーツを使用しており、しかしカーボンファイバーを用いているクルマを見たのはこれが「初」。

なお、ボディ表面は梨地が削り取られているようで、完全に鏡面状態です。

L1280074

リアフェンダーの盛り上がりはグラマラス、かつセクシー。

L1280071

反対側から見るとこう。

L1280069

ドアミラーの取り付け部はまさに芸術品と呼べるレベル。

L1280067

ボディカラーはブリティシュレーシンググリーンのような緑、そしてそこへイエローのアクセント。

L1280065

サイドにはギル(エラ)、そしてウインカーが埋め込まれています。

L1280035

フロントにはスクリーンがなく、至ってシンプル。

L1280032

ホイールは伝統の5スポーク、そしてフィンのような形状を持っています。

ブレーキはもちろんカーボンセラミックディスク。

L1280027

ヘッドライトはオリジナルデザイン。

おそらく他のフェラーリとの共通パーツがないんじゃないかという印象。

L1280020

リアから見るとこう。

テールランプやウインカーは「溝」の中にビルトインされているということになり、この溝は車体を一周するかのようなデザインを持つようですね(実車を見て初めて気づいた)。

L1280051

フェラーリ モンツァSP1のインテリアはこうなっている

あまりに恐ろしく、あまり近づけなかったのですが、こちらはモンツァSP1のインテリア。

ベージュをベースにグリーンのアクセントが用いられるという趣味の良い内装です。

L1280039

シートのシェルはカーボンファイバー製。

L1280041

シートのセンターにはグリーンのライン入り、そしてハーネスにはフェラーリ ロゴ。

L1280043

他の画像はFacebookのアルバム「フェラーリ・モンツァSP1」に保存中。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5