>韓国の自動車メーカー ■ニュース

ヒュンダイがその高級ブランド「ジェネシス」より新型SUV "GV70"発表!レクサスへの包囲網が徐々に構築されてきたようだ

投稿日:

| これがヒュンダイでなければ無条件で「カッコイイ」と思えるのだが |

さて、日本以外では大きな話題となっていた、ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」が放つ新型SUV「GV70」。

登場を今か今かと待っていた人も多く、しかし(年末にワールドプレミアと言われていたものの)突如として発表に。

その外観は上位モデルのGV80、そしてセダンバージョンのG70にも共通するもので、ジェネシスのデザイン言語である「アスレチック・エレガンス」を採用しています。

なお、ジェネシスのグローバルデザインを統括するサンヤップ・リー氏によれば、「ウイングフェイスと二本のラインという、ジェネシスのDNAを持ちながらも、そのデザイン領域を拡大した」。

たしかに最新のジェネシスだけあって、これまでのモデルに比較して全体的なまとまりを高いレベルで実現しているようですね。

まず、ジェネシスGV70のフロントを見てゆくと、クレストグリル(スーパーマングリルともいう)にクワッドランプ。

ジェネシスGV70のエクステリアはこんなデザインを持っている

サイドにはヘッドライトからサイドに流れる「パラボリックライン」を持ち、これと交差するようにリアフェンダーの盛り上がりを強調。

ルーフラインは緩やかに落ちてゆき、リアクオーターウインドウがさらにその傾斜を強く見せているようですね。

なお、リアウインドウとリアクォーターウインドウ周辺のデザインは非常に特徴的だと思います。

ホイールのスポーク上には四角いドットをモチーフとしたディンプルが配されており、これは今後のヒュンダイにて採用が拡大することになるのかもしれません(アウディも同様の方向性を示している)。

Genesis-GV70-1-1

テールランプもまた「クワッド」、そしてリアバンパーのグリル内には「Gマトリックス」パターンが採用。

テールパイプは縦方向に長い形状を持ち、リアディフューザーにはボディ同色を用いているようですね。

なお、赤い方の個体は「スポーツ」グレードだと紹介されており、専用デザインの前後バンパー、そして21インチホイール、円形テールパイプが与えられています。

Genesis-GV70-3-1

ジェネシスGV70のインテリアはこんなデザインを持っている

そしてこちらはジェネシスGV70の内装。

ステアリングホイールは楕円を用いた2スポーク(スポーツグレードでは3スポーク)、そして最新のタッチ式インフォテイメントシステムが採用に。

Genesis-GV70-2-1

ダッシュボード、そしてドアインナーパネルの操作部にも楕円状のデザインが反復されており、なんとなくレトロ、そしてフューチャーな雰囲気も。

Genesis-GV70-4-1

あわせて読みたい、ジェネシス関連投稿

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。旗艦SUV、GV80が発売直後なるも3度めのリコール。ヒュンダイの「高品質」は虚像だったのか

| ヒュンダイは中身が伴わないまま、プロモーションによって「実際よりも良いクルマ」に見せようとしてきたツケを支払っている? | ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。元ランボルギーニ、ベントレーのチ ...

続きを見る

ヒュンダイがレクサスIS対抗、新型ジェネシスG70発表!「スーパーマングリル」装着の最新デザインに

| ヒュンダイは「見える部分」には力を入れているが、そうでない部分にはあまり注力していないようにも見える | ヒュンダイが新型セダン、ジェネシスG70を発表。これはBMW 3シリーズ、レクサスISあた ...

続きを見る

韓国にてジェネシスがメルセデス、BMWを抑え「最も売れた高級車」に!しかも韓国ではベンツ、BMWともに日本よりずっと多く売れ、ベンツを買っている人は人口比で日本の3.4倍

この記事のもくじ1 | 信じられないが、この数字を見ると韓国の高級車市場は日本を圧倒しているようだ |1.1 しかも韓国ではコロナウイルスの影響が極小1.2 ジェネシスの未来は明るい | 信じられない ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5