>ランボルギーニ(Lamborghini)

まさかこのカラーが純正とは!ランボルギーニがウラカンの新バリエーション「Fluoカプセル」を追加

投稿日:2020/11/04 更新日:

| 今ウラカンを購入するならこのFluoカプセルを買うと思う(出るなら早く言ってよ・・・) |

さて、ランボルギーニがウラカンEVOの新バリエーション、「ウラカンEVO Fluoカプセル」を追加。

これは内外装の仕上げを専用としたモデルだと紹介されており、ランボルギーニの伝統的なボディカラーのうち、代表的な鮮やかさを表現したVerde Shock、Arancio Livrea、Celeste Fedra、Arancio Dac、Giallo Clarusの5色が選ばれ、フロントバンパー、サイドスカート、ルーフはマットブラック仕上げとなっています。

インテリアはブラックをベースとしながらもボディカラーにマッチしたエンジンスタート/ストップボタンのフラップ、同じくボディカラーとシンクロしたステッチにて再現されたランボルギーニエンブレム刺繍が特徴です。

なお、ランボルギーニはウルスに対して「ランボルギーニの伝統的なカラー」を反映させた”パールカプセル”を追加していますが、そちらと同様の考え方を持つと言えそうですね(ただしその手法は大きく異なるのがさすがランボルギーニ)。

ちなみに「Fluo(フルオ)」とは「fluorescent(蛍光色を意味する英単語)」に由来するものと思われます。

見た目はまんまカスタムカー!ランボルギーニがウルスに「初」の特別仕様車を追加。ホイールにはボディカラー同色ライン入り

| 全然気づかなかったが、今までウルスにはパールカラーの設定がなかったようだ | ランボルギーニがウルスに対し、初の特別仕様車を発表。これは「パールカプセル」と題されたシリーズで、ボディカラーに「ジア ...

続きを見る

ウラカンEVO Fluoカプセルの外観はこうなっている

そしてこちらがウラカンEVO Fluoカプセルの外観。

ウラカンEVOで強調された「ワイド」さが影を潜め、全く別のクルマであるかのような雰囲気です。

18

こちらは通常のウラカンEVO。

ボディパーツの形状に変化はなく、フロントバンパーの内部がブラックに、サイドステップもブラックに、そしてドアミラーもブラックに。

そしてフロントバンパーとサイドステップのアンダー、ドアミラーにはコントラストを強調するラインが入ります。

32

こちらはウラカンEVO Fluoカプセルのリア。

リアディフューザーのフィンにはボディカラー同色のハイライトが入ります。

1

こちらはウラカンEVO。

ディフューザーは(画像の)ボディカラー同色、もしくはブラックが選択可能です。

26

ウラカンEVO Fluoカプセルではボディカラーが限られ、さらにはカラーを変更できるパーツの範囲も狭いようで(実質、パーツ単位でのカラー変更はできない)、つまり仕様がほぼ固定されているということになるものの、これらの固定された仕様こそが「デザイナーの考えた完成形」なのでしょうね。

15

こちらはウラカンEVO。

25

ウラカンEVO Fluoカプセルのルーフもブラック。※リアハッチは画像のルーバータイプのほか、透明ガラスボンネットも選べる

サードパーティでも「ルーフをブラックに」というのはポピュラーなカスタムではありましたが、ウラカンEVO Fluoカプセルではルーフの「センターのみ」がリアハッチとシンクロする形でブラックに。

なお、ブレーキキャリパーはシルバー、ブラック、イエロー、ブルー、レッド、オレンジ、グリーン、ライトグリーンの8色から、ホイールは4つのデザイン(デザインによってシルバーやグレー、ダイヤモンドカット、ブラックがラインナップ)から選べます。

3

こちらはウラカンEVO。

27

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのコンフィギュレーター公開!ボディカラーは47色、ブレーキキャリパーは8色、インテリアにも豊富な選択肢

| ランボルギーニのオプションは年々増えてゆく | さて、ランボルギーニが発表したばかりの「ウラカンEVO RWD」のカーコンフィギュレーターをオープン。最近のランボルギーニは、発表と同時に世界中での ...

続きを見る

ウラカンEVO Fluoカプセルのインテリアはこうなっている

そしてこちらはウラカンEVO Fluoカプセルのインテリア。

基本的にはブラック一択、そしてダッシュボードやシート、ドアインナーパネルのステッチもブラックのみ。

ただしヘッドレストのランボルギーニクレスト(エンブレム)、シート上の「Huracan EVO」文字の刺繍はボディカラーによって変更されるようです。

4

こちらはウラカンEVO(オプションのスポルティーボ・バイカラーが装着済みで、ウラカンEVOでは様々なカラーやステッチ、それらの組み合わせが選択できる)。

23

ウラカンEVO Fluoカプセルに用いられるエンジンスタートボタンのフラップはボディカラー同色。

これはかなり特別感のある部分ですね。

2

ウラカンEVOだとここは(メタリック)レッド。

221

ウラカンEVO Fluoカプセルにはこの(ウラカンEVO RWDで初登場となった)スポーツシートが標準、そしてコンフォートシートはオプション。

内装の素材はレザー、もしくはアルカンタラから選択ができます。

16

こちらはウラカンEVO標準のコンフォートシート。

24

ウラカンEVO Fluoカプセルのボディカラーにはこういった色が揃う

そしてこちらはウラカンEVO Fluoカプセルに用意されるボディカラー。

まずはVerde Shock(グリーン)。

11

Arancio Livrea(オレンジ)。

14

Celeste Fedra(ブルー)。

ミントグリーンというかベイビーブルーのような色味で、この色が純正にて用意されるというのはかなり衝撃的です。

33

Arancio Dac(レッド)。

13

Giallo Clarus(イエロー)。

12

現在のところ、このウラカンEVO Fluoカプセルの価格は公開されていませんが(2021年モデルからの受注・納車)、内容からするに標準モデルの「200-300万円プラス」かもしれません。

ただ、標準だとリアフードがルーバーになっていたり、カラーの選択肢を狭めているということもあり、価格上昇は最小限に抑えられるている可能性もありそうですね。

もちろんこの特別仕様を手掛けるのはランボルギーニのカスタム部門「アドペルソナム」ですが、まるで社外チューナーが改造したかのようなこの仕様を純正にて購入できる、ということには驚かされます。

ランボルギーにはTikTokも開始

なお、今回のウラカンEVO Fluoカプセルは「ヤングでスタイリッシュな」ストリートカルチャーをも意識しているといい、そしてこれはランボルギーニが今後狙いたい路線だとも考えられます。

そしてその路線を反映してか、ランボルギーニはTikTokをスタート。

現在投稿されているのはYoutubeにもアップされているハロウィーン向けの一編の動画となっていますが、相当な勢いでフォロワーが増えているようですね。

1

参照:Lamborghini

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5