●ランボルギーニ・ウラカン ■近況について

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車時/納車直後カスタム!「エンブレム塗装「レーダー探知機/ドラレコ取り付け」etc.

投稿日:2020/11/22 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンのリア

| 現時点で、ボクのランボルギーニ・ウラカンのカスタムはこういった状態 |

さて、めでたく納車されたランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。

納車後にはまず、乗るよりも(予定していた)カスタムを行うというのがぼくの「通例行事」ですが、ここでまず現時点でのカスタムを紹介したいと思います。

エンブレムのブラック塗装

これは納車前に別途エンブレムを購入し、ランボルギーニ大阪さんにてブラックにペイントして装着していただいたもの。

ぼくはこういったエンブレムやモデルネームの類があまり好きではなく、できれば全部外してツルリとさせたいと考えています。

L1280809

ただ、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの場合はこれを外すと(外した後の穴が残って)見栄えに違和感が残るため、目立たないようにブラックへとペイントした、というわけですね。

なお、以前に乗っていたウラカンLP610-4についても、納車前に「ボディカラー同色」へとペイントしてもらっています。

3K4A1489

塗装前はこんな感じ

参考までに、塗装前はこういった「メッキ」フィニッシュで、ランボルギーニはほかにメッキパーツがなく、ここだけメッキというのもちょっと違和感があるという印象。

ちなみにエンブレムは両面テープとファスナーによる取り付けで、一旦外すと(両面テープが使いものにならなくなるので)再利用は不可能だと考えたほうが良いかと思います。

L1280642

レーダー探知機(ユピテルGS203)装着

安全運転には必須のレーダー探知機。

これまでにも様々なメーカーの製品を使用してきたものの、現時点では「ユピテルが一番」という結論に達しており、最新モデルの「GS203」を選択。

これも納車前にランボルギーニ大阪さんに取り付けてもらったものです。

もちろん移動式オービスが発する「レーザー」対応。

納車時にはレーダー探知機同梱のステーを用いて取り付けていただいていましたが、現在ワンオフにて、目立たないようステーを自作しています。

まず、こちらはパテで台座を作っているところ。

L1280891

そしてこちらは完成した台座にレザーを巻いてマットブラックにペイントしたところ。

L1290042

なお、ユピテルの製品は基本的に「右ハンドル対応」なので、レーザー受光(受信?)レンズが左側についていて、よって左ハンドルのクルマに取り付ける際にはAピラーがレーザーの受信を邪魔しないように注意が必要。

従来のレーダー探知機では検知不能な「移動式オービス」配備中!対策としてポルシェ718ケイマン用に最新レー探”ユピテルGS203”を買ってみた

この記事のもくじ1 | 速度超過取り締まりはどんどん高度化してくるな |1.1 移動式オービスとはなんぞや1.2 ユピテルGS203はこんな感じ | 速度超過取り締まりはどんどん高度化してくるな | ...

続きを見る

ドライブレコーダー(ケンウッドDRV-8500)装着

そして次はケンウッドのドライブレコーダー。

これは「前後録画可能」「駐車時に衝撃を感知すると録画開始」というところが特徴です。

L1280888

ウラカンEVO RWDのフロントウインドウにはグレーバンドがなく、よってマニアックス通販にて「ドットステッカー」を購入し、まずはそれをウインドウ裏面に貼ってからステーを貼り付けています(でないと、外からステー裏の両面テープが丸見えになって著しく美観を損なう)。

L1280833

こちらはリアカメラ。

L1280835

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD納車準備が着々進む!レーダー探知機、ドラレコ、ワイドミラー等が続々到着

この記事のもくじ1 | ワンオフ製作品は早めに手配しないと間に合わないことも |1.1 レーダー探知機はユピテルを選択1.2 ドラレコはケンウッド製1.3 ステアリングホイールはイタリアントリコローレ ...

続きを見る

ワンオフ キーカバー

これは以前にワンオフにて製作したキーカバー。

シボのあるレザーの上に、ランボルギーニ純正アクセサリのピンバッジを(ピンをカットし、バッジ自体を薄く加工して)取り付けています。

もちろんボディカラーやアクセントカラーをイメージしたものですね。

L1280878

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD用ステアリングホイールの張替えならびにキーカーバー作製完了!

この記事のもくじ1 | 今回はちょっとカラーリングを変えてみた |1.1 ウラカンEVO RWD用ステアリングホイールはこんな感じ1.2 ワンオフキーカバーはこんな感じ | 今回はちょっとカラーリング ...

続きを見る

ナンバープレート固定ボルト

クルマが納車されるとまっさきに行うのが「ナンバープレートのボルト交換」。

これは標準のボルトの質感に満足できないからですが、今回のウラカンEVO RWD用としてはゴールドやシルバー、ブラック、ブルーなどいくつかを用意しています(納車されてから実際に取り付けてみないと、どれがマッチするかわからないため)。

今のところは「ゴールド」のマッチングが(ランボルギーニのエンブレムにもゴールドが使用されているので)いいんじゃないかとも考えています。

L1280867

こちらはブルーチタン。

ちょっと「カスタムカーっぽすぎ」な印象です(目立ちすぎる)。

L1280869

こちらはチタン地金色。

逆に地味すぎるという印象です。

L1280868

世の中には多種多様な製品が販売されている

加えて、ワッシャーとボルトとの組み合わせにて「バイカラー」を演出できるもの等も揃えましたが、結果的にはこちらの「チタン製焼き色付き」に落ち着いています。

L1280866

カスタム累計費用はこんな感じ

そしてこちらは現時点でのカスタム累計費用。

今後、この数字が加算されることになりますが、総額いくらになるのかは今から戦々恐々なところです。

カスタム累計費用

ランボルギーニ純正エンブレム -円
エンブレム塗装費用 -円
レーダー探知機 37,000円
ドライブレコーダー 27,250円
レーダー探知機、ドラレコ取付工賃 -円
キーケース(2個) 13,200円
ランボルギーニエンブレム(キーカバー用) 5,800円
チタンボルト 2,200円

累計 85,450円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f