>フォード(FORD)

セダンを捨てたフォードはSUV/トラック一直線!SEMAに向けハードかつヘビーデューティーなブロンコやF-150を公開

投稿日:

フォード・ブロンコのカスタム

そのルックスはあまりにバッド

さて、フォードはセダン市場から撤退しSUVとトラックにフォーカスすることを宣言し、実際に「トラックとSUV一筋(マスタングとフォーカスは除く)」。

そしてフォードにおける期待の星というと「ブロンコ」ですが、今回SEMAショー向けに「ブロンコ・バッドランド・サスカッチ2ドアコンセプト」を発表しています。

そしてこのブロンコ・バッドランド・サスカッチ2ドアコンセプトについて、ボディカラーはサテンブラック、そして随所にはオレンジのアクセント。

車高はガツンと挙げられて巨大なオフロードタイヤを装着し、小型サイドステップにステップオーバードアが与えられています。

そのほかにもオフロードに特化したパーツが多数装着され、フロントバンパーの代わりにはスチールバー、そしてグリルガードにウインチも。

Ford-SEMA-Concepts-2

サイドとリアウインドウの類はいっさいなく、トップは「ファブリック製」。

Ford-SEMA-Concepts-3

リアにはスペアタイヤ。

Ford-SEMA-Concepts-5

インテリアもオフロード感満載。

やはりオレンジのアクセントが多用されているようですね。

Ford-SEMA-Concepts-7

ルーフにはLEDライト、そしてドアミラーにはGoProがマウントされています。

Ford-SEMA-Concepts-6

ダッシュボードにはブロンコのミニチュアも(ここは本来、スマートフォンやカメラを固定する場所らしい)。

ブロンコスポーツはキャンパー仕様に

そしてこちらはブロンコスポーツ「バッドランズ・オーバーランド・コンセプト」。

やはりワイルドなタイヤにリフトアップ、そしてルーフにはカスタム仕様のラックが組まれます。

Ford-SEMA-Concepts-27

そしてラックにはカヤック、リアにはキャンピングモジュール。

Ford-SEMA-Concepts-24

フォード・レンジャーもヘビーデューティー仕様に

そしてこちらはフォード・レンジャー。

シュノーケル装備、そしてリアの荷台にはラックが組まれます。

Ford-SEMA-Concepts-19

こういった仕様を見ると、「まさにアメリカならでは」といった印象ですね。

Ford-SEMA-Concepts-21

フォードF-150はさらにヘビーデューティー

そしてこのフォードF-150(ハイブリッドスーパークルー)はへビーデューティーに加えて「プロフェッショナル」仕様。

こちらも車高アップにオフロードタイヤ、さらにオーバーフェンダー。

Ford-SEMA-Concepts-12

リアのラックにはサーフボードが載せられています。

Ford-SEMA-Concepts-13

荷台には工具箱。

Ford-SEMA-Concepts-16

引き出しにはさらに工具。

まさに男らしさ全開といった感じです。

Ford-SEMA-Concepts-17

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f