>その他アメリカ車 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

また出た新興ハイパーカー!今度は1050馬力、0-100km/h加速2.3秒の「ナラン・ハイパークーペ」。デザイナーはアポロIEと同一人物、インテリアはアストンから

投稿日:2020/11/28 更新日:

新興スーパーカー、ナラン・ハイパーカー

| 見たところクオリティはかなり高そう。「走るアート」を目指しているようだ |

さて、どんどん出てくる新興スーパーカー/ハイパーカーですが、今回は「ナラン・オートモーティブ(Naran Automotive)」より”ハイパークーペ(これが車名)”が登場。

これはレース由来とされる5リッターV8エンジンを珍しく”フロントミッド”に搭載した2+2レイアウトを持つクルマで、出力は1034HP(1048PS)、0-100km/h加速はなんと2.3秒だとアナウンスされています。

生産されるのはわずか49台

なお、このナラン・ハイパークーペの限定台数は49台に絞られており、しかしいずれの個体も顧客の要望に応じてカスタムされる模様。

デザインを担当するのはジョウィン・ウォン氏だと報じられており、同氏はアポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)、そしてデトマソP72のデザインを担当したウィン・デザイン(Wyn Design)の創立者とのこと。

デ・トマソがアメリカに生産拠点を構えると発表!「アメリカの自動車産業にルネッサンスをもたらすのだ」

この記事のもくじ1 | 半年以内に生産拠点を確定、2022年より一号車”P72”の生産を開始 |1.1 デ・トマソはもともとアメリカと縁が深い1.2 新生デ・トマソも「ルック・アメリカ」1.3 現在の ...

続きを見る

ナラン・ハイパークーペはこういったデザインを持っている

このナラン・ハイパークーペのデザインを見てみると、ノーズはピニンファリーナ・バッティスタやフェラーリSF90ストラダーレのような雰囲気を持っており、その下にはダクトが大きく口を開けています。

ボンネット上にはフロントエンジンらしくやはりダクト(アストンマーティン風)が設けられ、サイドからリアにかけては流れるようなラインを持つことがわかり、このあたりはアポロIEにいよく似ている部分かもしれませんね。

naran-hypercar-revealed-8

あの「アポロIE」第一号車が納車。オーナーは「ドラゴン好き」のこんな人だ

この記事のもくじ1 | ボディカラーは”カメレオン・ゴールデンドラゴン” |1.1 オーナーは「ドラゴン」好き1.2 インスタグラムではこんな画像や動画も公開1.3 こんな記事も読まれています | ボ ...

続きを見る

「目的は次世代にインスピレーションを与えること」

そしてナラン・オートモーティブ設立者、アメア・ナラン氏が語るには、「我々の目的はもっともスリリングで、もっとも美しいクルマを作ることだ。そして未来の世代にインスピレーションを与え、彼らの夢を後押しすることに他ならない」。

そのためにナラン・オートモーティブは「究極の、そしてライバル不在のドライビング・エクスペリエンス」を目指したといい、それが「フロントミドシップ」という結論を生み出したのだとも思われます。

naran-hypercar-revealed-5

加えてナラン・オートモーティブは自社のクルマを「アート」だと表現し、その再現のためには革新的な素材や構造を惜しみなく投入。

パーツの製造は各界のリーダーとのタッグによって行われ、エンジンはドイツのレーシングダイナミクスによって開発され、ホイールはカーボンはじめ複合素材を使用した22インチサイズを採用している、と発表されています。

naran-hypercar-revealed-3

ヘッドライトはいわゆる「ジュエル」、テールランプは「スターダスト」と呼ばれる、高級車顔負けのフィニッシュを持っているようにも。

naran-hypercar-revealed-4

もちろん走りにも抜かりはなく、駆動方式は4WDそしてダウンフォースは最大で1,377kg(一般的なレーシングカーよりも大きい)。

サスペンションにはレーススペックのダブルウィッシュボーン、前後アンチロールバーは調整式、ダンパーはオーリンズ製の四段階調整式を採用し、ステアリングラックもレースグレード、そしてブレーキにはカーボンセラミックを採用しているようですね。

naran-hypercar-revealed-9

今回インテリアの画像はなく、しかしリリースされた内容によると、アストンマーティンにて(リブートされる予定だったラゴンダブランドにて)内装デザインを手掛けていたケイト・モンゴメリー氏が担当すると報じたられています。

naran-hypercar-revealed-6

合わせて読みたい、新興ハイパーカー関連投稿

アメリカから水素を動力源とするハイパーFCV「ハイペリオンXP-1」登場!0-100km/h加速は2.2秒

この記事のもくじ1 | このハイペリオンにはバックグラウンド含め謎が多い |1.1 「何世代か先のブガッティ」?1.2 こんな記事も読まれています | このハイペリオンにはバックグラウンド含め謎が多い ...

続きを見る

新型ハイパーカー、エレーション・フリーダム
またまた登場、新興ハイパーカー!今回は1,929馬力、4モーターのハイパーEV"フリーダム"。0-100km/h加速1.8秒、実現すれば世界で2番目に速いクルマに

この記事のもくじ1 | ガソリンバージョンも用意され、そちらはランボルギーニ・ウラカン/アウディR8のコンポーネントを流用するようだ |1.1 設立スタッフはF1ほかモータースポーツ経験者2 エレーシ ...

続きを見る

1200馬力、最高速332km/hのハイパーEV”GTE”が新興メーカー「ドラコ」より登場。開発には20年をかけ、価格は1億2000万円、限定台数は25台

| 新興メーカーでかつEV、この価格となるとかなり売りにくそうだ | 新興自動車メーカー「ドラコ・モータース(Drako Motors)が開発に20年近くをかけたという新型車「GTE」を発表。なお、こ ...

続きを見る

チェコから新興スーパーカー「モスキート」登場。600馬力、車体重量は974キロと軽量で第二次大戦時の戦闘機をイメージ。ただし価格は1.5億

| 同じ価格でブラバムBT62が買えることを考えると、モスキートはたぶん売れない | チェコ共和国から新興スーパーカーメーカー「パフォーマンス・ソリューション」が名乗りをあげ、その”初”となるクルマ「 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5