>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

今まで登場した中では一番カッコいい!「GRスープラがレクサスLCベースで、かつ80スープラのイメージを継承して開発されていたならば」というレンダリング

投稿日:

| これまでにも様々な「80スープラをイメージした」レンダリングが登場したが |

さて、これまでにも様々な作品が登場した「もしも80スープラからそのまま発展したデザインで新型スープラが発売されていたら」というレンダリング。

GRスープラ発売当初には「GRスープラのデザインに納得できない」として多くのデザイナーが80スープラ的なクルマのレンダリングを多数公開していたものの、現在ではGRスープラ人気そのものが落ち着いたことによって、そういったレンダリングも影を潜めてきたように思います。

参考元フェラーリ、現ホンダのデザイナーが抱き続ける「80スープラの現代版」実現の夢。レクサスLCベースで実車化する計画も

| そのデザインはチョコチョコとアップデート | GRスープラのデザインについては様々な意見が飛び交っていて、その多くは否定的なもの。そしてそれら意見の中核をなすのは「80スープラの面影がない」という ...

続きを見る

これまで登場したレンダリングの中ではもっとも美しくスープラらしい

そして今回登場したのがデザイナー、Georgi Bozhkov氏によるレンダリングで、ベースはレクサスLC、そしてディテールは80スープラ風。※あわせて公開されている80スープラの方もデザインが調整されている

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc

GRスープラのデザインはもともとスープラとは別のクルマとして考えられていた

なお、GRスープラはもともと「スープラ」としてデザインされたわけではなく、別途スーパーカーとして企画されていたFT-1のデザインをサルベージしたもの(FT-1はトヨタ2000GTへのオマージュでもある)。

よってGRスープラが80スープラの流れを汲んでいないのは当然といえば当然であり、そこが多くの(旧来からの)スープラファンにとって受け入れ難かった部分なのかもしれません。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (1)

新型トヨタGRスープラを2000GT、BMW Z4、80スープラ、FT-1と比較すると?意外な共通点が見えてきた

トヨタのスポーツカーにおける原点は2000GTに通じる ロシアのサイトにて、新型GRスープラとトヨタ200GT、80スープラ、BMW Z4、そしてFT-1コンセプトとの比較検証が掲載に。まずは新型スー ...

続きを見る

そのスタイルは「いかにもスープラ」

そしてこのレンダリングについて、そのスタイリング、ディティールともに「いかにもスープラ」。

ベースはLC500といえども、その面影が残るのはサイドくらいのもので、そのほかはほぼ全面的に刷新されています。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (3)

ヘッドライトはGRスープラ風、そしてヘッドライト内部は「3眼」。

そしてホイールもGRスープラ風であり、部分的に現行スープラ風なところが面白いですね。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (7)

なお、ドアミラーは「ドアスキン」マウントとなっているのが80スープラ風だったり、なかなかによく考えられたレンダリングと言えるかもしれません。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (6)

リアもやはり「80スープラ」風

そしてリアは80スープラ風の「コーダトロンカ」デザイン。

テールランプは「片側4連」ではなく「片側3連」という構成を持つようですね。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (2)

こちらはルーフ取り外し式の「エアロトップ」。

リアディフューザーはかなり深く大きな形状を採用し、ウイングのステーは「1本」というなかなかユニークな構造を採用しています。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (4)

GRスープラはBMWとの共同開発が何かと非難の的に

なお、GRスープラはBMW Z4との共同開発であることが知られていますが、これはトヨタが(自社では持っていない)直6エンジンを持ち、スポーツカーを作ることができたのがBMWだったため。

もちろん、そのほかにも「トヨタ単体ではとうてい開発コストを吸収できない」という事情があったことも間違いないと思われます。

トヨタ「もし新型スープラをBMWと共同ではなく単独で開発していたら、1000万を軽く超えていただろう」。この価格でこの性能のクルマに乗れることに感謝

| スープラ開発担当は直6エンジンサウンドを高く評価 | トヨタのスポーツ車両統括責任部長、多田哲哉氏が語ったところによると、「新型スープラをもしBMWと共同開発しなかったならば、その価格は軽く100 ...

続きを見る

トヨタは「技術的には」GRスープラを超えるスポーツカーを開発できた?

その後トヨタは「GRヤリス」を発表していますが、これはトヨタの単独開発によるスポーツカー。

そしてこの出来があまりによく、よって巷では「トヨタはGRヤリスのような素晴らしいスポーツカーを作ることができるのであれば、BMWと共同開発する必要はなかったのでは」と言われるほど。

ちょっと面白いのが「現在マツダが直6エンジンとFRプラットフォームを開発中」ということで、もし今からトヨタがスープラを開発することになったとしたら、このエンジンとプラットフォームをベースとしていたかもしれず、「タイミングとは、色々と難しいものだ」と考えたりします。

fan-renders-attractive-toyota-supra-tribute-out-of-a-lexus-lc (9)

マツダ副社長激白!「直6+FRはコスト削減のためで高価格化のためではない」「プレミアム化は”買ってもらって”はじめて成立する」。マツダほど誤解されているメーカーも他にない

| マツダは過去に自ら価格を上げて失敗した例から「プレミアム化の難しさをよく知っている | さて、創立100周年を迎え、さらには「電動」「直6」「FR」といった新しい方面へとチャレンジするマツダ。一見 ...

続きを見る

あわせて読みたい、スープラのレンダリング関連投稿

【もしもなレンダリング】80スープラ風GRスープラ、未来派マツダRX-7、ポルシェ、ランボルギーニなどを見てみよう

| 80スープラ風GRスープラは意外としっくり来てた | さて、バーチャルからリアルになってしまう傾向のある「もしも」系カスタム。これまで数え切れないほどの「もしも」系レンダリングが公開されていますが ...

続きを見る

もしもトヨタ・スープラ(80)がミドシップだったら?リアにホンダNSXの3.5L V6エンジンを搭載したレンダリング

この記事のもくじ1 | こうなったら「フロントエンジンのホンダNSX」も作って欲しい |1.1 エンジンはホンダNSXの3.5リッターV61.2 ほかにはこんな「もしも」系レンダリングも | こうなっ ...

続きを見る

【動画】やっぱりGRスープラには納得できん!カーデザイナーが自身の考えた「80スープラの正当な後継たる」スープラのデザインを公開

| 北米では80スープラが神格化されているため、多くの人がGRスープラを認めていないようだ | さて、おなじみのカーデザイナー、スケッチモンキー氏。今回は「トヨタGRスープラには納得がゆかん!」という ...

続きを見る

参照: Georgi Bozhkov

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f