>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

今まで謎だったBMW "Mストライプ"の起源についてBMW自身がついに語る!なお「M」文字はジウジアーロのデザインだった

投稿日:

BMW Mストライプの由来

| 歴史が長いと、その会社の中の人であってもわからないことが多くなってくる |

さて、自動車メーカー、そして自動車ブランドは様々な特徴的なロゴやエンブレムを使用していますが、その中でも由来が「正確に」わかっていないものとして(ぼくの中で)有名なのが「フェラーリのエンブレム」「シボレーのボウタイエンブレム」「BMWのMストライプ」。

これらのうち前2つは関わった人がすでに(事実を語らないまま)亡くなってしまったので永遠の謎となっています。※シボレーについては、公式サイトでも「複数の説」を挙げながらも、本当のところはわからない、としている

フェラーリのエンブレム(馬)の由来。「イタリア空軍の撃墜王からもらった」は本当だった?

| 今となっては絶対にわからないナゾ | フェラーリのエンブレムというと「跳ね馬」ですが、この由来については「イタリア空軍の撃墜王(第一次大戦の記録保持者)からもらった」が有力な説とされています。なお ...

続きを見る

Mストライプについては「考えた人」まではわかっているが

そして「3大エンブレムの謎」のひとつであるMカラーですが、今回BMWが公式コンテンツにて見解を示すことで一定のところまで疑問が解消しており、ここでその内容を紹介したいと思います。

まず、この「M」については1972年にBMWモータースポーツ社としてスタート。

モータースポーツ関連プロダクトを開発・生産する部門としてのはじまりだそうですが、のちの1993年に「BMW M社」へと名称が変更されています。

そしてこのスタート時において3名がMストライプのカラー選定に携わったとされていますが、その3名とはヨッヘン・ネアバッシュ(BMWモータースポーツ社の共同責任者)、ウォルフガング・ゼーハウス(BMWのインテリアデザイナー)、マンフレッド・レンネン(BMWのエクステリアデザイナー)。

考えたのはウォルフガング・ゼーハウス

まず、BMWモータースポーツ社はレース、スポーツに特化することが決定していたので、明確な色彩製をもってブランドを表現しようということで考案されたのが「Mストライプ」。

当時これを考えたのはウォルフガング・ゼーハウスだとされていますが、正直なところどうしてこうなったのか資料がなく、決定打となる説が無いというのが現実です。

時計の針を現在まで進めると、BMWのクラシック車両、モータースポーツ史のスペシャリストであるマーク・ティースビュルガー氏は当時の史料や記録から「(オイルメーカーの)TEXACO社のカンパニーカラーであるレッドを意識してレッドを使用した」と判断。

そして同氏は、「ブルーはBMWのロゴ(バイエルンブルー)から取り、パープルはブルーとレッドの融合色」だと解釈しています。

なお、TEXACO社のレッドを使用したのは、当時(BMWが)TEXACO社との提携について交渉を進めており、これを有利にするためにレッドを使用した可能性が高いという見方を示しているようですね。

ただしこれも決定打ではない

なお、この推測を裏付けるのが、当時(1972年)にウォルフガング・ゼーハウスによって制作されたスケッチ。

この時代はまだ(グリーンがカンパニーカラーの)カストロールのスポンサーを受けており、しかしそこであえてレッド、TEXACOのロゴを使用したのは「TEXACOを意識していた」と考えるの十分な根拠である、ということですね。

1

ただしウォルフガング・ゼーハウスとともにMストライプ/ロゴの考案に関わったマンフレッド・レンネンは「TEXACO説を否定」。

しかしながらマンフレッド・レンネンが直接この色彩決定に関わったという証拠書類はなく、これはちょっと怪しいところなのだそう。※ただしマンフレッド・レンネン氏はエクステリアデザイナーだったので、これに関わらなかったというのも不自然な話ではある

その一方でヨッヘン・ネアバッシュは「TEXACO関与説」を認めているとされ、こんな感じでTEXACO説は「かなり有力ではあるが、100%信じることはできない」という事情もあり、現在BMWによるMストライプのカラーリングに対する正式見解は下記の通り。

ブルーはBMW、レッドはモータースポーツ、そしてパープルはその両者の比類なき融合を表しています。

そのほかにはこんな逸話も

このほか、Mストライプのカラー選定に関しては(ヨッヘン・ネアバッシュによると)白黒写真で印刷されたときにも引き立つように考えられたとされていますが、これは(事実だとすると)当時ならではの事情なのかもしれませんね。

ちなみに「パープル」は時代によって「ネイビー」となっていますが、これを見るに、「パープルは”レッドとブルーとの融合”」という主張が後付けのものであることもわかります。

2

「Mロゴ」の登場は1978年

Mストライプの起源についてはいまひとつ謎が残るものの、それと組み合わせられる「Mロゴ」については起源がはっきりしていて、まず考案されたのは1978年、そしてM1デビュー時から採用されることに。

これ以来、MストライプとMロゴとは常にセットにして使用されるようになったとされますが、これを考案したのはジョルジエット・ジウジアーロ率いるイタルデザイン。

「ジウジアーロM」とも呼ばれ(知らなかった!)、BMW Mシリーズのスピードそしてダイナミズムを表現している、とのこと。

なお、BMW M1そのものもジウジアーロのデザインだとされているので、車体と同時に考案されたのかもしれませんね。

BMWが46年前のスーパーカー「BMWターボ」再公開。M1、8シリーズにもつながる「ルーツ」がこれだ

| BMW M1、8シリーズ、Z1の元祖はコイツだった | BMWが100周年記念の一環として過去のコンセプトカー「BMWターボ」を紹介する動画を公開。 BMWとしては現在までで「唯一」のガルウイング ...

続きを見る

参考までに、1973年からジウジアーロによるMロゴ考案まで使用されていた「円形」Mロゴの考案者はスイスのグラフィックデザイン事務所、「ミューラー・デザイン・エージェンシー」による考案なのだそう。

4

Mロゴは2020年3月に刷新されていた

BMWによると「Mロゴ」は2020年3月に刷新されており、最新のロゴは画像の右端の「白いM文字」と組み合わせられたもの。

BMWは同時期にプロペラマークもリニューアルしていますが、これとあわせてMロゴも変更されたということになりそうですね。

6

BMWが20年ぶりにロゴ変更を発表!時代にあわせ、スマホはじめ二次元でも見やすいシンプルな表記に

| 今後はボンネットから「エンブレムを取り付けるための窪み」が消えそうだ | 一時期は「複雑化」が流行した自動車メーカーのロゴですが、ここ最近は逆に「シンプルに」変化しているのがトレンドとなっています ...

続きを見る

BMWロゴは「プロペラと青空」をイメージしていない

なお、BMWのエンブレムは(BMWが航空機エンジンを製造していたということから)青空と白い雲、プロペラをイメージして考案されたと長らく信じられてきましたが、なんと実際はそうではなかったということが2020年5月、BMWによって「90年近くもそのウワサを否定せずにスマンカッタ」というコメントともに明かされています。

7

ちょっと待って・・・!BMWロゴは「プロペラと空を意味してない」とBMWが公式に否定。今までボクが信じてたのは何だったの

| BMW「90年間、その通説を否定してこなかったのもまた事実だ」 | 世の中には「常識が覆る」ということがままありますが、BMWが90年間隠してきた衝撃の事実を公開。それは「BMWのエンブレムは、航 ...

続きを見る

歴史が長いとこんな弊害も

なお、BMWは100年を超える長い歴史を持つ自動車メーカーで、それだけにこういった「すでに情報が失われてしまってわからなくなってしまった」ことも多々ある模様。

そして都市伝説が事実として語られるようになったりすることもあるのだと思われ、歴史の長い会社においては「事実を正しく語り継ぐ」ことが難しかったとのだということもわかります。

参考までに、フォードですら「資料を整理していたら全然記録にないプロトタイプの写真が出てきた」としてそれを広くネット上に公開し、その正体を知っている人を公募するといった事例があり、歴史の長さに加え、規模の大きな会社についても、やはり事実を正しく残すことが困難であるようです。

謎は全て解けた!フォードが幅広く情報を求めていた「謎のミドシップ・マスタング」は”マッハ2コンセプト”の試作車だった

| フォードくらいの大規模な会社になると、さすがに把握しきれない事情もあるらしい | さて、先日フォードのアーカイブ&ヘリテージ部門のマネージャーによって発見された、フォードすらその存在を把握していな ...

続きを見る

あわせて読みたい、エンブレム関連投稿

アウディが新ロゴを2パターン登録。フォーリングスは時代に合わせて「繋がる」デザインに?

| アウディはロゴ”フォーリングス”を変更する? | アウディが新しいロゴとみられる画像をドイツ、そしてアメリカの特許庁にあたる機関へと登録。 登録された画像は2つあり、いずれも現在のフォーリングスを ...

続きを見る

参照:BMW

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5