>韓国の自動車メーカー

「燃える」「爆発」のヒュンダイ・コナ・エレクトリックがまたリコール!今度はなんと「ブレーキが効かない」

投稿日:2020/12/12 更新日:

ヒュンダイ・コナ・エレクトリックが度重なるリコール

| まだまだヒュンダイの受難は続く |

さて、「燃える」「爆発する」として大量リコールが届け出られたヒュンダイ・コナEV。

12万台販売したうちの77,000台がリコール対象となっていますが、今回はコナEV含むヒュンダイ4モデルがリコール対象に。

なお、恐ろしいのはそのリコールの内容で、なんと「ブレーキが作動しなくなる可能性」がある、ということです。

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

この記事のもくじ1 | オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |1.1 ヒュンダイ・コナ・エレクトリックは「世界で最も人気のあるEVのひとつ」に成長したが1.2 ...

続きを見る

原因はソフトウエアの欠陥

今回リコールの対象となるのはヒュンダイとキアが製造した4車種52,759台ですが、不具合の内容としては「電気式ブレーキシステムのソフトウェア欠陥によって、ブレーキ警告灯点灯時にブレーキが重くなってブレーキが作動しなくなる」というもの。

なお、この「電気式ブレーキシステム」はパーキングブレーキではなく、いわゆる”ブレーキ・バイ・ワイヤ”かとも思われるものの、「ブレーキ警告灯点灯時にブレーキペダルが重くなる」とも記載されており、であれば(物理的にマスターシリンダーとのつながりがあると考えられるので)ブレーキ・バイ・ワイヤではないのかもしれません(その場合であっても、ソフトウエアの不具合でペダルが重くなるというのは考えにくいが)。

2021-Hyundai-Kona-Electric-5

ブレーキ・バイ・ワイヤは要注意デバイス

通常のブレーキシステムだと、ブレーキペダルを踏むとその力がブレーキブースターにて倍加され、倍加された勢いでもってマスターシリンダー経由で各ブレーキキャリパーへと油圧が伝達され、その油圧がブレーキパッドとブレーキディスクとを密着させるという仕組みです。

ただしブレーキ・バイ・ワイヤ場合はブレーキペダルとブースターとの物理的なつながりがなく、ブレーキペダルは「単なるスイッチ」にとどまり、ペダルを踏むと「どれだけ踏んだ」という信号がアクチュエーターに繋がり、そこからマスターシリンダー経由で油圧を伝達するという構造を持っています。

つまりはレースゲームでブレーキの操作をコントローラーで行うと、画面の中のクルマにもブレーキがかかるというのとよく似ていますが、何らかの問題でブレーキペダルを踏んだことを感知できなければ大事故に繋がり、よって今のところこれを採用するクルマは少数派となっています(設計自由度が増す、パーツ点数が少なくなるなどメリットも多いが、万が一のリスクを考慮すれば、とうてい割に合うものではない)。※メルセデス・ベンツがかつてこれをEクラス(E211)に採用したが、トラブル多発で普通のブレーキに戻している

多くはフェイルセーフ機能も持っている

そして「ブレーキが効かない」となると大きな問題となるため、ほとんどのブレーキ・バイ・ワイヤ採用車ではフェイルセーフ(フォールトトレラント)として「通常のブレーキシステム」も併設されているといいますが、そこまでして自動車メーカーがこれを採用したい理由としては「ハイブリッド車やEVでの回生ブレーキのコントロール」があると言われ、自分が意図したのとは異なる効きを示す回生ブレーキを「通常の摩擦ブレーキと統合し、自然に」動作させることが目的だとされています。

それを考慮すると、コナ「EV」にもやはり(回生ブレーキ制御のため)ブレーキ・バイ・ワイヤ(とフォールトトレラント。今回はこの問題か?)が採用されているのかもしれませんが、近年は各種技術が急速に発達しており、それ自体は喜ばしいことではあるものの、こういった技術は自動車メーカー自身が開発するのではなく、外部の専門サプライヤーが開発する場合がほとんど。※トヨタくらいの体力があれば、開発会社を買収できる

自動車メーカーとしては、そこへ開発を委託したり、完成された技術を購入してきたほうが「安全で安上がり」ということにはなるものの、それでもトラブルを100%防げるわけではなく、かつそのシステムやデバイスを車体に組み込んだりするのは自動車メーカーでもあって、その段階において想定外の問題も出てくることがあるようです。

そのため近年のリコールを見ていると「物理的な問題」に加えて「電子的な問題」が数多く見られますが、これも時代の流れのひとつなのでしょうね。

2021-Hyundai-Kona-Electric-6

ランボルギーニ・アヴェンタドール
現在の自動車におけるエレクトロニクス関連が占めるコストは「40%」。2000年代初めには20%程度だった電子制御装着率が現在では80%にも達したことがその理由

この記事のもくじ1 | おそらくこの傾向は想像するよりも速く進むことになりそうだ |1.1 もはやクルマは自動車メーカー単体では作れない1.2 こんな記事も読まれています | おそらくこの傾向は想像す ...

続きを見る

ヒュンダイはここへ来てリコール頻発

なお、昨年辺りまで、ヒュンダイは「北米で最も品質が優れるブランド」として知られていたものの、今年に入ってリコール頻発。

米国品質調査においてヒュンダイ「ジェネシス」がレクサスに大差をつけて”もっとも信頼性の高いブランド”に。韓国車はそんなにいいクルマになったのか?

この記事のもくじ1 | ヒュンダイはデキるスタッフを揃えただけにその進化が早い |1.1 自動車メーカー各車の「信頼性ランキング」はこうなっている1.2 セグメント別の「信頼性が高いクルマ」はこういっ ...

続きを見る

ヒュンダイのプレミアムブランド「ジェネシス」においても発売間もない新型車のリコールが相次ぎ、ヒュンダイ・パリセードでは「耐え難い臭さ(走行に影響はないのでリコール扱いではない)」、そしてヒュンダイ・コナは14件もの火災や爆発。

フェラーリは1969年にSUVを作っていた?365GT+ジープ・ワゴニアのキメラ、FerrariならぬJerrariが中古市場に登場し世界を震撼させる
フェラーリは1969年にSUVを作っていた?365GT+ジープ・ワゴニアのキメラ、FerrariならぬJerrariが中古市場に登場し世界を震撼させる

この記事のもくじ1 | アメリカのフェラーリコレクターが雪の中でスリップしたことから「4WDのフェラーリの必要性」を思いつく |1.1 ジョークにしては、あまりに良くできているニコイチだ1.2 製作し ...

続きを見る

ヒュンダイはこれを重く受け止めて品質改善に乗り出したものの、ひとまず世に送り出したクルマの品質までは改善が至らず、しばらくは品質問題に翻弄されることになりそうです。

あわせて読みたい、ヒュンダイのリコール関連投稿

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。旗艦SUV、GV80が発売直後なるも3度めのリコール。ヒュンダイの「高品質」は虚像だったのか

| ヒュンダイは中身が伴わないまま、プロモーションによって「実際よりも良いクルマ」に見せようとしてきたツケを支払っている? | ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。元ランボルギーニ、ベントレーのチ ...

続きを見る

「燃える」「爆発する」ために12万台のうち7.7万台がリコールされたヒュンダイ・コナ・エレクトリック。イメージ一新のためか発売2年で外観を変更

この記事のもくじ1 | とくにオーストラリアでは道の向こうに駐車していたガレージのドアが飛んでゆくほどの爆発を起こしている |2 韓国製のコナ・エレクトリックは火災もしくは爆発の恐れ3 そんなコナはフ ...

続きを見る

え?ヒュンダイは一般道テストせずに車を発売してたの?本国でのクレーム多発に対し「今後は一般道で走行してから発売する」

この記事のもくじ1 | ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスは問題だらけらしい |1.1 現地でもジェネシスの品質を疑問視する声が1.2 ジェネシスは高い品質を持つはずでは?1.3 ヒュンダイはこれ ...

続きを見る

参照:中央日報

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->韓国の自動車メーカー
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5