>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ社長が電撃退任!あまりに急すぎて次期CEOが決まらず、フィアット創業者一族が暫定CEOに

投稿日:

フェラーリのエンブレム

| コロナ禍にもかかわらずフェラーリを正しく率いてきた指導者だったが |

フェラーリCEO、ルイス・カミッレーリ氏が退任、との報道。

同氏はその前のフェラーリCEOであるセルジオ・マルキオンネ氏の急逝(2018年)に伴いCEOに就任していますが、就任も急であれば退任も急といった印象ですね。

退任の理由については「個人的な理由」だと述べられており、しかし同時に(以前から務めていた)フィリップ・モリスの取締役会からも離れるとアナウンスされているので、なんらかの理由でビジネスから身を引く可能性もありそうです(年齢はまだ65歳)。

享年66歳、先週までフェラーリCEO/会長だったセルジオ・マルキオンネ氏死去。志半ばにて病に倒れる

| 突然の病状悪化からの死去 | 先週までフェラーリの会長/CEOを務めていたものの急な体調不良でその座を退いたセルジオ・マルキオンネ氏。 体調不良から「今後の業務遂行は不可能」と判断されるも、快方に ...

続きを見る

就任後はフェラーリを成長に導く

なお、ルイスカミッレーリ氏は就任早々、「前CEO(セルジオ・マルキオンネ氏)の立てた計画は野心的すぎ、達成が難しいだろう」というコメント発し、これによって株価が(当時のフェラーリ史上)最大の下げ幅となるなど出だしが危ぶまれることに。

フェラーリ新CEOの弱気発言でフェラーリ株が過去最大の下げ幅に。一気に会社の時価総額が目減りする

| 新フェラーリCEOはいきなり会社の評価額を下げてしまうことに | 残念なことにフェラーリの元CEO兼会長、セルジオ・マルキオンネ氏が急死したのは既報のとおりですが、フェラーリの新CEOにはルイス・ ...

続きを見る

ただしその後はフェラーリを成長へと導いており、やはり記憶に新しいのは「F8トリブート、F8スパイダー、SF90ストラダーレ、ローマ、812GTS」といった5台ものニューモデルを発表した2019年。

就任翌年ということを考えると、これが同氏の方向性であったのか、それとも前CEOが進めていたプロジェクトであったのかを判断することが難しいものの、実際にこれらによって成長したのは紛れもない事実。

加えて「モンツァSP1/SP2」、「ローマ」のように、フェラーリの伝統を現代風に解釈した優雅なデザインを持つクルマをリリースするなど、これまでにない方向性の拡張を見せたことも特筆すべき点だと思います。

実際のところ、フェラーリとは「ケンカ別れ」ではないようで、フェラーリもルイス・カミッレーリ氏の功績を称えるコメントを発し、ルイス・カミッレーリ氏も「フェラーリは人生の一部だった」と述べているようですね。

どうなる今後のフェラーリ?

そこで気になるのが今後のフェラーリCEO。

現時点では会長を務めるジョン・エルカーン氏が暫定CEOを兼任すると報じられていますが、これはあくまでも暫定。

現在フェラーリはフィアットから(株式上場後に)分離され、資本上での「親会社、子会社」という関係はないものの、フィアット、フェラーリともに株式の多くを所有するのはフィアット創業者一族が経営する投資会社エクソール(EXOR)なので、事実上は同じ会社によって所有されていると考えるのが妥当です。

ちなみにジョン・エルカーン氏はフィアット創業者一族出身で、フィアットの元名誉会長であったジャンニ・アニエッリ氏の孫にあたる人物(ラポ・エルカーンはジョン・エルカーンの弟)。

フィアット御曹司ラポ・エルカーンが虚偽の誘拐でっち上げで逮捕。麻薬パーティーでお金がなくなる

ラポ・エルカーンが「誘拐された」と虚偽の事件をデッチあげ、ニューヨーク警察に逮捕される事案が発生。 ラポ・エルカーンはフィアット創業者の孫であり億万長者でもありますが、友人とともにパーティーを開催し、 ...

続きを見る

一部ではラポ・エルカーン氏が次期フェラーリ社長だとウワサされるものの、現時点で同氏はまだそこに落ち着く様子はなく、もしかするとラポ・エルカーン氏がその座につくまでの「つなぎ」として別途CEOが立てられる可能性もありそうですが、ここからの数年は(電動化も含み入れると)激動の時代となる可能性が高く、それなりの経験がある人物でないと務まらないのかもしれません。

日本だとあまり考えられないものの、欧米では「CEO含む、社長や重役の転職市場」というものが存在し、けっこうな金額で社長や重役の引き抜き・移籍が日常的に行われていますが、フェラーリの場合は「ある程度フェラーリ内部での功績がある人でないと」内外からの反発を食らいそうですね。

フェラーリ・ローマ

あわせて読みたい、関連投稿

フェラーリのカーボンホイール
フェラーリCEO(65)「私が生きているうちはラインアップをEVのみにする気はない。せいぜい50%だろう」→ガソリンエンジン販売禁止国が出てくるが大丈夫か?

この記事のもくじ1 | 自動車メーカーの将来は規制一つで容易に変えられてしまう |1.1 CEO体制下では「エレクトリック推進」路線だったが1.2 それで大丈夫なのかフェラーリ?1.3 まだまだエレク ...

続きを見る

フェラーリCEO「アストンマーティンがミドシップ?我々の真似をするということは、我々に対する賞賛だと受け取ろう」

フェラーリはアストンマーティンに人材を引き抜かれ、心中穏やかではないはず フェラーリはかつてスーパーカーマーケットでは「唯一」と言っていい選択肢であったものの、現在ではランボルギーニ、マクラーレンとい ...

続きを見る

意外な選択も?メルセデス会長、フェラーリCEO、トヨタ社長など世界のトップが愛用する腕時計10選

この記事のもくじ 1 | 世界有数の企業を率いるリーダーはどんな腕時計を身につけているのか? | 1.1 ではビジネス界の大物はどんな腕時計を身につけているのか 1.1.1 ウォルマートCEOはシチズ ...

続きを見る

参照:Motorsport.com

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5