>ブガッティ(BUGATTI) >ランボルギーニ(Lamborghini)

ブガッティ/ランボルギーニCEO「ガソリンエンジンを可能な限り存続させたい」。どうりで親会社のVWから煙たがれるワケだ・・・。

投稿日:2020/12/15 更新日:

ランボルギーニ・アヴェンタドール

| ここまで自動車メーカーによって対応方針が分かれる時代も珍しい |

さて、2030年の「ガソリン車の新車販売禁止」にて揺れに揺れる自動車業界。

特に影響を受けるのはエレクトリック化とあまり相性が良くないスポーツカーメーカーということになりそうですが、マクラーレンはこの2030年問題に完全対応し、アストンマーティンは2030年以降もガソリンエンジンを作り続けるとコメントしています。

ブガッティとランボルギーニは「ガソリンエンジンの継続を希望」

現在フォルクスワーゲングループはエレクトリック化に対して大規模投資を行っており、ポルシェとアウディを筆頭に電動化を強力に推進しているものの、同じグループに属するブガッティとランボルギーニは「大排気量マルチシリンダーエンジンのみしかラインアップされておらず、ハイブリッドが存在しない」という稀有なメーカー。※限定車を除く

ブガッティに至っては8リッターW16、ランボルギーニは4リッターV8、5.2リッターV10、6.5リッターV12エンジンしかないという、環境主義者からすると噴飯モノの構成となっていますが、両社にてCEOを努めるステファン・ヴィンケルマン氏によると「ガソリンエンジンを可能な限り継続したい」。

ランボルギーニ・ウラカン

たしかにステファン・ヴィンケルマンCEOは以前にも「行けるところまでブガッティはガソリンエンジンで行く」とコメントしており、さらには「ブガッティのオーナーはそうそうブガッティをガレージから出すことはなく、シロンだと平均して年間1,000マイル(約1,600キロ)しか走っていない」とのこと。

つまりは「燃費」ではなく、単純なガソリン消費量だけで考えると「ブガッティは環境に優しいクルマである」ということですね。

ブガッティが方向転換?「2030年まではガソリンエンジンにこだわる。その代わり、ヴェイロンとシロンが出す排ガスをチャラにするだけの植林を開始する」

| ブガッティは、少し前までは「エレクトリック化」へ進むと報じられていた | ここ最近ブガッティの動きが活発化しており、よく聞かれるのが「シロンに続く第二のモデル」を発表するのでは、ということ。このニ ...

続きを見る

なお、この方向性は当然ながら親会社のフォルクスワーゲンとは異なるものであり、どうりでフォルクスワーゲンが「切り離したがる」ワケだ、と思います。

ブガッティ売却劇続報!ブガッティはこの報道に対し否定ではなく「ノーコメント」。どうやら本当にリマックが買収しそうだ

| ブガッティは「否定するときには否定をする会社」だ | さて、少し前に出てきた「リマックがブガッティを買収」という報道ですが、どうやらこれは現実に起こりうる可能性が高くなってきていて、というのも米カ ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドール
どうやらVWが「ランボルギーニとドゥカティとイタルデザイン」をグループから分割することを決めたようだ!ただしその方法はまだ不明

さて、「フォルクスワーゲンは11月に重要会議を開き、そこでグループ傘下にあるランボルギーニの去就を決定する」と報じられていましたが、今回ロイター、そしてオートモーティブニュース・ヨーロッパが報じたとこ ...

続きを見る

エレクトリック技術にはまだまだ課題が多い

そしてステファン・ヴィンケルマンCEOが語るには「現在のエレクトリック技術については課題が多い」とし、それは充電時間やパフォーマンス、コストや劣化の点において。

スーパーカー、ハイパーカーにとって満足が行くサイズのバッテリーを積むとコストが高くなり、そして容量が多いと充電時間も長くなってしまうことに。

そしてリチウムイオンバッテリーだと年間で数%の性能劣化があり、これも「パフォーマンスのプライオリティが高い」スーパーカーやハイパーカーにとっては致命的ということになりそうです。

ランボルギーニは限定モデルながらもシアンFKP37 / シアン・ロードスターにおいてハイブリッド化を行っていますが、こちらはリチウムイオンバッテリーのかわりにスーパーキャパシタを使用しており、しかしこちらは容量が小さくコストが高いために量産車に使用するのは難しそう。

現在ランボルギーニはアヴェンタドール後継モデル、ウラカン後継モデル、そしてウルスPHEVの開発を進めているものと思われ、しかしまだまだ解決べき問題が多かったり、そして検討すべき方向性が多数残されているのかもしれません。

ブルーのランボルギーニ・ウラカン

合わせて読みたい、関連投稿

ランボルギーニはHV/EV時代に向け「スーパーキャパシタ」「バッテリーをボディパネルに織り込む」技術を更に追求。加えてEV用に感情を掻き立てる”疑似サウンド”にも取り組み開始

| ランボルギーニは本気で「テルツォ・ミッレニオ」を実現する気だ | ランボルギーニはその限定モデル「シアンFKP 37」にて、ハイブリッド用電源としてスーパーキャパシタを採用していますが、このスーパ ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデルは2024年まで発売延期との報道。エンジンがV8化され、ウラカン後継モデルと車体や足回り、パワートレインまでが共通化されるとのウワサ

| もしそうなるとランボルギーニのアイデンティティが一気に崩れ去ることに | ランボルギーニ・アヴェンタドールの後継モデルの発売が「2024年に延期される」とのウワサ。アヴェンタドールは2011年に発 ...

続きを見る

ランボルギーニ「アヴェンタドール後継モデルは、シアンに使用しているスーパーキャパシタは使用しない」。なかなか電源が決まらないようだ

| シアン・ロードスター発表時には”これが未来”という主張だったが | さて、ランボルギーニは先日、4億円に迫ろうかという価格のハイパーカー「シアン・ロードスター」を発表していますが、こちらは電源に「 ...

続きを見る

参照: Top Gear

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI), >ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5