>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが新型ハイパーカー「セイバー」発表!北米のみ15台限定、"マクラーレン史上最強のエンジン(835PS)"搭載。一台一台が顧客の好みに合わせてカスタムされることに

投稿日:

マクラーレンの新型ハイパーカー、「セイバー」

| マクラーレンは限定社の販売手法について「ちょっとした変更」を取り入れたようだ |

マクラーレンがかねてより話題となっていた新型ハイパーカー、「セイバー(Sabre)」を公開。

正確に言うならばアメリカ市場限定にて投入されるクルマであり、現地でのマクラーレン正規ディーラー、そしてマクラーレンのパーソナリゼーション部門であるMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)によって製造されたクルマです。

McLaren-Sabre-5

なお、マクラーレンいわく、アメリカ市場限定とすることによって「他の国では許可されないような、アイデアや革新性を盛り込むことが可能となった」。

マクラーレンがさらに新型ハイパーカー投入!「BC-03」もしくは「セイバー」と見られる、今までにないデザインを持つ試作車が北米ディーラーへ

この記事のもくじ1 | マクラーレンはとことん富裕層向けの限定モデルを追求するようだ |1.1 デザインイメージは「マクラーレン・アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ」1.2 これまでのマクラ ...

続きを見る

北米市場は「オレンジのフロントサイドマーカー」「5マイルバンパー」といった摩訶不思議な規制があり、少し前までは「ヘッドライトのレンズカバーNG」といったものも。

一方ではかなり登録に関する規制が緩いことでも知られ、騒音についても欧州よりは「寛容」らしく、セナにおいても欧州仕様と北米仕様のエキゾーストシステムが異なることが明かされています。

そしてこのセイバーについては、もしかするとガソリンエンジン(単体)搭載ハイパーカーとしては「最後の世代」になるかもしれず、コレクターたちが「可能な限り過激なスペックで」コレクション価値の高いモデルを望んだ結果なのかもしれません。

McLaren-Sabre-2

マクラーレン・セイバーの限定台数は15台

このマクラーレン・セイバーの限定台数はわずか15台だとアナウンスされており、最初の一台はすでにマクラーレン・ビバリーヒルズ経由にて納車済み。

そしてこの15台はそれぞれ、マクラーレンのデザイナーとの連携によって個別の仕様が与えられるべく調整されており、いずれも「世界で一台のみ」のスペックを持つようです。

なお、マクラーレンは北米市場を非常に重視しており、現地の正規ディーラーとの共同企画にて、これまでにもいくつか「北米限定、もしくはディーラー限定」モデルを発表しており、それらはいずれも「固有の」仕様を持つに至っています。

マクラーレンの新限定シリーズ「600LTスパイダー パイクスピーク」登場。6色1台づつ、合計6台の超レアモデル

| いずれもブラックとゴールドのストライプ、ゴールドのホイールに内装ゴールドアクセント | マクラーレンの正規ディーラー、「マクラーレン・デンバー」がマクラーレン600LTスパイダーのスペシャルモデル ...

続きを見る

McLaren-Sabre-3

マクラーレンは「顧客とともにクルマを作り上げる」ビジネスモデルを確立?

そのほか、世界中の有力顧客向けに「5台限定、それぞれ顧客の好みに応じたカラーリングを持つ」セナGTRもリリースしており、マクラーレンはこういった「限られた顧客向けの特別仕様車」製作に注力しているようにも。

塗装にかかるのは1台800時間!マクラーレンが1995年のル・マン出走車を再現した「セナGTR LM」特別仕様車5台を公開

いずれも当時のカラーリングに現代的なアレンジが加えられる さて、今年はマクラーレンF1がル・マン24時間レースにて優勝を飾ってから25周年という節目の年です。そのためマクラーレン、および当時のレーシン ...

続きを見る

この手法であれば、エルヴァのように「完売できずに限定台数を引き下げる」必要もなく確実に販売でき、かつ(台数は少ないながらも)単価(利益)を上げることができるため、マクラーレンにとっては効率的だとも言えそうですね。

McLaren-Sabre-1

さらにマクラーレンはこの「セイバー」の開発過程、そして顧客ごとのスペックを決定するにあたり、顧客を英国のマクラーレン本社へと招いたり、プロトタイプを北米(カリフォルニア)へ持ち込んで走らせることで顧客の意見を反映させており、こういったプログラムもまた、マクラーレンに対する顧客の忠誠心を養い、このクルマを「転売」しにくくする手法のひとつだとも考えています(様々な観点から見て、マクラーレンは今後、この手法を拡大させるものと思われる)。

McLaren-Sabre-4

セイバーは「マクラーレン史上、ガソリンエンジン車では最強スペック」

マクラーレン・セイバーに積まれるエンジンはお馴染みV8ツインターボ、しかし出力は824HP/835PS。

この数字は「マクラーレンのガソリンエンジン史上最強」スペック、かつハイブリッド搭載車を除くと最もパワフルであり、これは(上述の通り)北米仕様に限定したからこそ可能となった数字なのかもしれません。

加速性能については公表されていないものの、最高速については「351Km/h」だとアナウンスされています。

mclaren-sabre-front

マクラーレン・セイバーのインスパイア元は「マクラーレン・アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ」?

なお、このセイバーのインスパイア元は「マクラーレン・アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ」だと考えられます。

こちらは2030年のハイパーカーを意識したVGTシリーズのひとつで、V8ツインターボにフロント2モーターという構成を持つ4WD。

トータルでの出力は1,150馬力に設定されています。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は mclaren-ultimate-vision-gran-turismo.jpg です

参考マクラーレンが「アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ」公開。4WD、1150馬力

| 2030年モデルながらも「市販化」のウワサも | マクラーレンが「Ultimate Vision Gran Turismo(アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモ)」を発表。もちろん実際には ...

続きを見る

このマクラーレン・アルティメット・ヴィジョン・グランツーリスモが発表された当時(2017年)、すでに「市販化」の可能性が囁かれており、3年越しにてようやく「セイバー」として計画が実現した、ということなのかもしれませんね。

mclaren-sabre-rear

合わせて読みたい、マクラーレン関連投稿

マクラーレンのキー
マクラーレン「ハイパーカー市場はもう過密状態。ちょっと息継ぎが必要だ」。当面ハイパーカーを発売せず、2025年にP1後継を発表する模様

この記事のもくじ1 | さすがにマクラーレンはハイパーカーを「連発」しすぎた |1.1 ハイパーカー市場は飽和に近い1.2 マクラーレンはハイパーカー戦略を練り直し2 次のマクラーレン製ハイパーカーは ...

続きを見る

マクラーレン・アルトゥーラ
【動画】マクラーレン最新モデル「アルトゥーラ」ティーザー公開!V6+ハイブリッド、エレクトリックモードで30kmの走行が可能

この記事のもくじ1 | マクラーレンは先陣を切って普及(?)価格帯の「ハイブリッドスーパースポーツ」を投入 |2 マクラーレン「アルトゥーラ」はどんなクルマに?3 マクラーレン・アルトゥーラのデザイン ...

続きを見る

参照: McLaren Beverly Hills

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5