●ランボルギーニ・ウラカン >ランボルギーニ(Lamborghini)

スーパーカーはフロントを擦りやすい?ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの最低地上高を実際に測ってみるとGRスープラの12cmを超えて13cmもあった件

投稿日:2020/12/28 更新日:

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

| ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDは非常に高い実用性を持っている |

さて、スーパーカーというと「フロントやボディ裏面を擦る」というイメージがあると思います。

ただ、ぼくがこれまでに乗ってきたランボルギーニ・ガヤルド、ウラカンLP610-4ではフロントやアンダーを(整流板以外は)擦ったことはなく、ここで実際にウラカンEVO RWDの最低地上高について測ってみたいと思います。

3K4A3084

最低地上高の計測にはこういったツールを使用

そしてこちらが最低地上高の計測に使用するツール。

といっても、段ボールを「9cm」「12cm」の高さにカットした簡易的なカードです。

L1290920

まずはフロント。

思ったよりも高さがあり、12cmを余裕でクリアし、おそらくは13-14cmくらいありそう。

L1290928

ただし整流版の位置は低いために要注意

ただ、ウラカンEVO RWDのホイールハウス前には整流版(ストレーキ)が取り付けられていて、この位置はけっこう低いので要注意。

これはタイヤハウス前で8cmくらい、ボディ中央部で9cmくらい。

しかしこのパーツは柔らかい樹脂でできており、「擦ること前提」なのだと思われます(擦っても”しなる”ので割れることはない)。

L1290923

なお、このパーツはウラカンLP610-4にも装着されていましたが、その位置はウラカンEVO RWDよりも「ちょっと前」にあったように記憶。

つまりウラカンEVO RWDでは「フロントタイヤに近い」位置に移動させられたために「より擦りにくい」配置になったと考えられ、実際にこれまでウラカンLP610-4で(このストレーキを)擦っていた環境においても、ウラカンEVO RWDでは擦ることなく通り抜けることができるようです。

その他の場所だと最低地上高は13cmくらい

なおランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの裏面は「フラットボトム」。

フロント、そしてリアディフューザー前には整流版が装着されるものの、それらを除くと完全に平面となっていて、ざっと測ってみたところ、おおよそ最低地上高13cmほどを確保しており、そのイメージの割に「かなり高い」と言えそう。※トヨタGRスープラの最低地上高は12センチなので、この13センチというのは、スーパーカーにしてはかなり高い

それでも「低く」見えるのは、フロントバンパーやサイドステップなどの「ボトムライン」がフロアのボトムとギリギリ同じ高さまで下げられているためで、これはデザインの妙だと考えています。

3K4A3058

ランボルギーニのフロントはよく考えられている

なお、いつも思うのが「ランボルギーニのフロントはよく考えられている」ということ。

ランボルギーニというと極端に車高が低いという印象があるものの、実際には上で述べた通りけっこう高さには余裕があり、しかも「最も擦りやすい」と思われるフロントのセンターはこんな感じで一旦奥に入り、段差に直角に入ったとしてもヒットしにくい構造を持っているわけですね。

ちょっと名を出すのは憚られるので想像にお任せしますが、一部のスーパーカーはけっこうフロントアンダー中央が(デザイン上しかたないということは充分承知の上ではあるものの)飛び出ていたりします。

L1290909

こちらはアヴェンタドールS。

フロントスプリッター中央が尖ってはいるものの、スプリッターそのものが一段奥に入ることで「擦りにくいよう」配慮されていますね。

L1210033

ウラカンEVOもやはりセンターが奥に入っています。

L1210085

ガヤルドLP560-4も同様の構造です。

IMG_7053

こういった点を見るに、スーパーカーといえどもランボルギーニは自社のクルマに「高い実用性」を与えていることがわかります。

ランボルギーニは「フロントリフター」も用意

なお、ランボルギーニは標準もしくはオプションにてフロントリフターが用意されていて、これは室内のスイッチひとつでフロントの車高が数センチ(3-4cmくらい?)上がるというもの。

停止中のみではなく低速走行中にも作動させることができ、急な段差、平面から急に斜面に切り替わる状況(自走式立体駐車場)では非常に便利です。

3K4A2993

ただ、これを作動させて駐車場に入り、車高を下げるのを忘れたまま駐車してしまうと、「フロントが妙に上がった状態」が維持されることになり、かなり格好悪くなるので要注意(もう一度スイッチを操作して下げるか、一定以上の速度で走行するかしないと、いったん上げた車高は下がらない)。

3K4A3119

ウラカンEVO RWDのフロントリフター作動、最低地上高を計測させてみた動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。スーパーカーに乗っているとこんなことを聞かれる。やはり未知の世界に触れたいという興味を掻き立てるようだ

この記事のもくじ1 | スーパーカーに対する関心は、一般のクルマに対するそれとは異なる模様 |1.1 単純に、自分の知らなかった世界を垣間見たいのだと思う2 人々がスーパーカーにつき、どれくらいの価格 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの排気音が大きすぎ
これで車検に通るの?ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのエキゾーストサウンドが爆音すぎる件

この記事のもくじ1 | ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの排気音はハンパない |1.1 なぜ排気音がこんなにデカいのか?2 そのサウンドはウラカンLP610-4以上3 この音量でウラカンEVO ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのホイール
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのレビュー「足回り」編!思わず「ぐはっ・・・」と声が出るほど硬く感じられるときもあるけれど、ライトウエイトスポーツのような鋭い感覚はなにものにも代え難い

さて、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDの初期レビュー、今回は「足回り」編。スーパーカーというと足回りがガチガチで乗り心地が悪いという印象を持っている人も多いかと思いますが、ウラカンEVO RWD ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f