ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「ファンの要望は"台数を抑えて欲しい""SUVを作らないで欲しい"」。ただしこれを守るとマクラーレンは破綻しそう。あらためてスーパーカービジネスの難しさをつきつけられる

投稿日:

マクラーレン

| やはりどう考えても逃げ道はSUVしかない |

さて、マクラーレンCEO、マイク・フルーイット氏は自身のEメールアドレスを顧客に対して開放しているようで、そのために多くのメールが直接顧客から届くのだそう。

そしてその中でとくに注意を惹くのが「SUVを作らないで欲しい」「あまり多くの台数を生産しないでほしい」というものだと報じられています。

マクラーレンはSUVを作らない

まず「SUV」についてだと、マクラーレンは以前から再三主張しているように「SUVは絶対に作らない」。

これについては今回改めてマイク・フルーイットCEOが言及しており、当面はSUVへと進出することはなさそうです。

その理由としては「我々のブランドはモータースポーツ、ドライバーズカー、スーパーカーに根付いているため」だとしていますが、ここはまったくブレないところですね。

なお、こういったコメントは北米やアジア地域を管理する(マクラーレンの)マネージャーからも聞かれるため、マクラーレン全体としての揺るぎない信念だと考えて良さそう。

ただし他社の動向は異なる

しかしながら現在ではポルシェやランボルギーニがSUVを投入し、かつアストンマーティンもDBXを発売。

さらには「SUVは絶対にない」と公言していたフェラーリもついに”プロサングエ”を導入するに至っています。

フェラーリのSUV、プロサングエ
【動画】フェラーリ初のSUV、「プロサングエ」絶賛走行中!マセラティ・レヴァンテの外装を借りた試作車が目撃

| いずれにせよ、「SUV」と呼ぶにはやや低く構えた車体を持つようだ |この記事のもくじ| いずれにせよ、「SUV」と呼ぶにはやや低く構えた車体を持つようだ |フェラーリ・プロサングエは「SUVではな ...

続きを見る

つまり、スポーツカーメーカー/スーパーカーメーカーでSUVを投入しないほうが少数派となってしまったわけですが、マクラーレンはそれでもSUVに対しては「NO」と言い続ける模様。

マクラーレン「SUVはまったくもってクールじゃない」。改めてSUVに手を出さない意向を示すも、そこには「マクラーレンだけに通用する理由」がある

| 根本的にマクラーレンは他のスポーツカーメーカーとは異なる | マクラーレンは「SUVを作らない」とかねてより明言していますが、今回もまた、マクラーレンのスポーツシリーズのプロダクトラインアップを管 ...

続きを見る

しかし現実を見てみると、ランボルギーニはウルスの投入によって販売台数が「ほぼ倍」に成長しており、仮にアストンマーティン、フェラーリも同様の事態となったならば、現在経済的な苦境にあえぐマクラーレンはこれを無視できず、禁断の果実に手を伸ばすんじゃないかとも考えています。

マクラーレン大阪

マクラーレンは「希少性」を維持

そしてもうひとつの「生産台数」について。

マクラーレンは2018年に3,340台を販売し、2019年には4,662台を販売しています(ただし2020年はこの1/3くらいに着地すると言われている)。

そして今回、マイク・フルーイットCEOが述べたのは「マクラーレンは年産5,000台以内に抑える」。

なお、顧客が「台数を作らないで欲しい」、そしてマクラーレンが「生産台数を制限する」と言うのは希少性を保つためで、販売台数が多くなると希少性が下がり、価値も下がってしまうから。

一定のところまではランボルギーニやマクラーレンも「打倒フェラーリ」を掲げて販売台数の増加を狙うものの、一定ラインを超えると供給が需要を上回ってしまい、そうなると価値が暴落してしまうわけですね。

どうすれば少ない台数でも「稼げる」のか

そこで各社が考えるのが「台数を追求しなくても利益を稼げる方法」。

これにはいくつか手段があり、ひとつは「単価を上げる」。

ただし車両本体価格を上げてしまうと購入する人が減ってしまうので本末転倒となります。

よって、車両本体価格を値上げするのではなく「オプションを大量に用意し、オプション装着率・装着量を増やして客単価を上げる」。

ぼくはこれまでにランボルギーニを3台購入していますが、購入の都度オプションが充実していることに驚かされ、そして実際にオプションを大量に装着してしまうわけですね。

これによってランボルギーニは「一人あたりの利益」を増加させているということになりますが、これが”台数を増やさずとも”利益を増やす一つの方法。

ランボルギーニのオプションは年々増加!ボクが買ったランボルギーニ1台目は装着オプション0円→2台目は281万円→3台目は490万円。ついついOPを装着したくなる

| まんまとランボルギーニの仕掛けた罠にハマってしまったようだ |この記事のもくじ| まんまとランボルギーニの仕掛けた罠にハマってしまったようだ |1台目のランボルギーニ・ガヤルドLP560-4はどう ...

続きを見る

そしてもうひとつは「極端に単価の高い限定者やワンオフモデルを投入する」。

たとえば「1台数億円」のクルマを販売するということですが、3億円のクルマは3000万円のクルマの10倍の単価を持つものの、「利益は10倍以上」。

つまり手っ取り早く利益を得られるのが高単価の限定モデルということになり、実際にフェラーリもこれに助けられている、と報じられていますね。

フェラーリのエンブレム
フェラーリが第三四半期までの業績を発表!販売台数は全世界で-17%、しかし日本は+8%。利益に貢献したのはV12モデル、とくにモンツァSP1/SP2

| やはり限定モデルの利益は厚いようだ |この記事のもくじ| やはり限定モデルの利益は厚いようだ |地域別販売はこうなっている利益に貢献したのはV12モデルフェラーリの利益の構成はこうなっているこんな ...

続きを見る

マクラーレンはかつて「先駆者」でもあった

マクラーレンはこういった手法にいちはやく取り組んだスーパーカーメーカーで、かなり早い段階からカスタマイゼーションプログラム「MSO」を立ち上げて広く周知させており、限定ハイパーカーに対しても積極的に取り組んでいます。

ただ、現在ではその手法に限界も見えてきており、次の一手が必要となっているのが現在のマクラーレンの状況。

ちなみにマクラーレンの工場の生産キャパシティは「1万台」、つまりマクラーレンが上限とする販売台数の倍の能力を持ちますが、これを遊ばせておくのはもったいなく、他社の生産を請け負う、というのもひとつの手段かもしれませんね。

マクラーレンのキー
マクラーレン「ハイパーカー市場はもう過密状態。ちょっと息継ぎが必要だ」。当面ハイパーカーを発売せず、2025年にP1後継を発表する模様

| さすがにマクラーレンはハイパーカーを「連発」しすぎた |この記事のもくじ| さすがにマクラーレンはハイパーカーを「連発」しすぎた |ハイパーカー市場は飽和に近いマクラーレンはハイパーカー戦略を練り ...

続きを見る

それでもやはりSUVしかないとボクは思う

マクラーレンのこだわりについては理解できるものの、SUV投入によってブランドイメージが下がったメーカーはないんじゃないかとも考えていて、むしろポルシェはSUV販売によって得た豊富な資金をもってスポーツカーラインアップを強化しており、SUVの「安定した販売台数があってこそ」スパルタンなスポーツカーを投入できるものと思われます。

ランボルギーニについてもウルスの投入によって(ブランドイメージ、効率性とも)状況が悪化したとは考えられず、いずれのブランドにおいてもスーパースポーツとSUVとはうまく棲み分けが出来ているようにも感じられ、マクラーレンの「SUVを作らない」というのはある意味では株主に対する背任行為のように思えないでもありません。

合わせて読みたい、スーパーカーとSUV関連投稿

no image
アストンマーティン「DBXは中国市場の要望がなければ作ってない」。SUV投入はブランドイメージを傷つけるかどうかを考える

| アストンマーティンDBXは”中国向け” | アストンマーティンはブランド初となるクロスオーバー、DBX(ヴァレカイ?)を発表する予定ではありますが、これについてアンディ・パーマーCEOが「DBXは ...

続きを見る

マクラーレン570スパイダー
マクラーレン「ここからの10年は困難。2026年にはラインアップをフル電動化、2028-29年にはピュアEV発売」。なおレース部門の株式15%を米投資グループに売却

| ガソリンエンジン車の新車販売禁止はスポーツカーメーカーにとって大きな打撃 |この記事のもくじ| ガソリンエンジン車の新車販売禁止はスポーツカーメーカーにとって大きな打撃 |マクラーレンはこの機会を ...

続きを見る

参照: Wheels

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5