>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

次期300系ランドクルーザーに新情報!「2021年4月発表」「V8を捨てV6/V6HV」「ラダーフレーム継続」「サイズは200系同様」。ボクは40系ランクル的デザインが与えられると予測

投稿日:2021/01/06 更新日:

トヨタ・ランドクルーザー

| なお、レクサスLXは廃止、かわりにモノコックを持つLQが投入されるようだ |

さて、とにかく情報が不透明なフルモデルチェンジ版となる次期トヨタ・ランドクルーザー。

今回は「次期300系ランドクルーザーは2021年4月発表」「エンジンラインナップからはV8が消えてV6搭載」「V6+ハイブリッドもアリ」という話が登場しています。

つい先ごろは「2021年モデルをもって北米市場から撤退」と報じられていますが、北米向けとしては2022年に再投入がなされる、とも見られている模様。

トヨタ・ランドクルーザー(ランクル)
ついに北米からランドクルーザー撤退!新型ランクルの話も見えず、どうなるトヨタ/レクサスのラージSUV戦略

| オフローダーとエレクトリック化は相性があまり良くない。どうなるランクルの電動化 | 米カーメディアによると、北米市場において、トヨタがランドクルーザーの販売を2021年モデル限りで終了させる、との ...

続きを見る

次期ランドクルーザーはシンプルなオフローダーに?

今のところ次期300系ランドクルーザーについてはなんら確定的な情報はないものの、上記の情報に加え、過去には「ラダーフレームを維持」「現行モデルよりもシンプルになり、原点回帰のオフローダーに」「GRモデル登場」「スーパーオフローダー版も検討中」という話も。

いずれもありそうな話ですが、まず「ラダーフレーム」について、これはランドクルーザーの核でもあり、これを維持するのは間違いないものと思われます。

なお、ランドローバーは新型ディフェンダーにおいて、「モノコックでも十分な強度を確保できる」としてモノコックの採用に踏み切っており、現代の技術を使用すれば必ずしもラダーフレームに拘る必要はないのかもしれませんが、イメージ戦略上、そしてトヨタのほかのSUVとの差別化、なんといってもラダーフレーム信奉者への捧げものとしてこれを残すだろうと考えています。

レクサスは高級SUV「LQ」を投入?

そして「シンプルなオフローダー化」についてもありうる話で、というのもレクサスでは「LX」を廃止し、モノコックボディを持つブランニューモデル「LQ」へと置き換えるとされているため。

これまでランクルはLXのベースとしてある程度の高級さを担保する必要があったものの、今後はその必要(制約)がなくなり、ランドクルーザーはそのの本質へと回帰できるということですね。

反面、レクサスLQは「(ラダーフレーム採用の)LXでは実現できなかった」上質な乗り味をここで実現できるものと思われ、ポルシェ・カイエンやアウディQ7、メルセデス・ベンツGLS、BMW X7等に対抗するものと思われます。

ちなみにLQについてはすでに商標が登録され、LF-1リミットレス・コンセプトの市販版として待機中だとされていますが、この「超高級SUV」は北米市場から強い要望があること、欧州市場においても「SUV中心へとラインアップを切り替え中」であることを鑑みるに、レクサスにおける最重要課題なのかもしれません(なにより利益率がレクサス最高レベルだと思われる)。

レクサスが「奇抜すぎて顧客がついてこれない」と評された超高級SUV、LF-1を”LQ”として発売との報道。ボクはついてゆけない

| レクサスとBMWはとにかく”グリル巨大化”路線を歩み続ける | レクサスは2018年に「究極のラグジュアリー」を標榜するSUV、LF-1リミットレス・コンセプトを発表していますが、この市販モデルが ...

続きを見る

次期ランクルには競技用モデルも?

そして「GR」「スーパーオフローダー」についてもあながち否定できない状態。

現在「GR」はサーキット中心というイメージが強く、しかしGRヤリスにてラリーにも活動領域を広げており、もしかするとトヨタはバハ1000やダカールラリーのようなエクストリームな競技にまで手を広げ、あらゆるモータースポーツを制する意向を持っているんじゃないかと思ったりするわけですね。

そうなるとランドクルーザーはそのベースとして申し分なく、さらにランドクルーザーの知名度と価値を向上させることも可能です。

次期トヨタ ランドクルーザー(300系)に新情報!「GR版が出る」「スーパーオフローダー版も検討中」

| トヨタはランドクルーザーブランドをフル活用する計画を持っていそうだ | さて、最近チョコチョコと賑やかになってきている新型トヨタ・ランドクルーザーのウワサ。今回はオーストラリアのカーメーディア、M ...

続きを見る

次期ランドクルーザーのデザインはどうなる?

そして未だまったく不明なのが次期ランドクルーザーのデザイン。

ぼくとしては「40系」へのオマージュとなるクラシック、もしくはレトロフューチャーなデザインになると推測。

その理由としては、トヨタが「月に送る」としている有人与圧ローバ(ルナローバー/ルナビークル)のフロントが40系ランドクルーザーっぽいためで、トヨタは過去のヘリテージを「未来のために」有効活用することにしたんじゃないかと考えているわけですね。

toyota-chooses-lunar-cruiser-as-rover-name-4

トヨタが「2029年に月に送り込む」ランクル顔月面車の名称を「ルナクルーザー」に決定したと発表。ランクル精神はついに宇宙へ

| 月のみならず火星での活躍にも期待 | トヨタは2019年3月に「トヨタのクルマを月に送る」と発表していますが、今回その名称が「ルナクルーザー」に決定した、とアナウンス(これまでは”有人与圧ローバ” ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランドクルーザー関連投稿

驚愕!ドバイではまだ70系ランドクルーザー、FJクルーザーも新車で普通に販売されていた!

| もはやランクルは中東抜きでは語れない | さて、先日「アフリカでは70系トヨタ・ランドクルーザーが現役で販売中」とお伝えしましたが、中東(アラブ首長国連邦)においてもまだまだ現役にて販売されている ...

続きを見る

トヨタ・ランドクルーザーはこうして世界で愛されるようになった!その誕生から進化、未来まで

| FJの「J」はジープの「J」だった | さて、WebCGにて「地の果てまで駆ける“陸の巡洋艦” トヨタ・ランドクルーザー世界を行く」というコンテンツが公開。トヨタ・ランドクルーザーとは誠に不思議な ...

続きを見る

トヨタはV8を捨てV6ツインターボへ移行との報道、やはり次期ランドクルーザーもV6か?なおスポーツカーには新開発のV8ツインターボを搭載

| ダウンサイジングの波はどうやっても避けることができない | トヨタ/レクサスはV8エンジンを廃止し、段階的にV6ツインターボエンジンへと移行する、との報道。これによると、まずはアメリカのアラバマ工 ...

続きを見る

参照: Autoweek

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5