>ポルシェ(Porsche)

ダックテールにフックスホイール!元ロータスCEOが興した「富裕層専用」カスタム会社より、964世代のポルシェ911ターボ"レストモッド"登場

投稿日:2021/01/17 更新日:

アレス・デザインがカスタムしたポルシェ911ターボ(964)

| アレス・デザインは細部にまでこだわったカスタムが自慢 |

さて、イタリアはモデナに拠点を置く「アレス・デザイン」。

主宰するのはロータスのCEOを務めたダニー・バハー氏ですが、モデナに本社を構えたのは「フェラーリやランボルギーニ、マセラティの本社所在地からほど近く、経験豊富な人材やサプライヤーに事欠かないから」だとされています。

これまでにも数々のコンプリートカーを製作しており、最も有名なのはデ・トマソ・パンテーラの再解釈、「プロジェクト・パンサー」かもしれません。

【動画】ランボルギーニベースにて「デ・トマソ・パンテーラ」を再現した”パンサー”がついに生産開始!限定21台、価格は7500万円

| リリースするのは元フェラーリ副社長による「アレス・デザイン」 | さて、元フェラーリ副社長、ロータスCEOを歴任したのちにコーチビルダー「アレス・デザイン」を立ち上げたダニ・バハー氏。ちなみに会社 ...

続きを見る

対象は「富裕層のみ」

なお、このアレス・デザインの顧客はいずれも「富裕層」。

これまでにもフェラーリ、ランドローバー、メルセデス・ベンツ等のカスタムを手掛けているものの、いずれも「数千万円(5000万円以上、かつ1億円近い)」という高額さを誇ります。

そして今回公開されたのが964世代の911ターボのレストモッド。

Ares-964-Turbo-2

これまで手掛けてきた作品に比較するとかなり「地味」ではありますが、ダックテール形状を持つリアスポイラー、フックス風デザインを持つ5本スポークホイールなど過去の911へのオマージュが見られ、一方ではスムーズに加工されエアインテークが追加されたフロントバンパー、”リトロニック”へと改められたヘッドライトなど近代的な仕様も併せ持っています。

Ares-964-Turbo-1

なお、パワートレーンにも手が入り、ターボチャージャーとインタークーラーの容量を向上させることで出力は425馬力へと向上しているほか、車高やブレーキキャリパーを見るに、サスペンションとブレーキシステムにも手が入っていると考えて良さそうです。

車体に装着されるエンブレム、ホイールセンターキャップは「アレス・デザイン仕様」へと置き換えられ、ホイールボルトもサテンブラックへと変更されるなど、細かいところにまで及ぶカスタムが光りますね。

Ares-964-Turbo-5

インテリアも地味ながら手が入り、ダッシュボードはアルカンターラへ、そしてその下は千鳥格子へと張り替えられることに。

ステアリングホイールの12時位置には千鳥格子のセンターマーク、そしてメーターにはクロームのリングが装着されているようですね。

なお、メーター指針はホワイトへと置き換えられ、もともとの「カーステレオ」は、レトロな外観を持つポルシェ製の”最新”コミュニケーションシステムへと交換されています。

【動画】ポルシェが初代~996世代までの911に対応する、”見た目が自然な”Apple CarPlay対応のコミュニケーションシステムを発売!やっぱりポルシェは過去の車を見捨てない

| これで不便を感じることもなさそうだ | さて、ポルシェが過去のモデルを対象に、インフォテイメントシステムをインストールするキットを発売。もちろん社外品にも同様のキットは存在しますが、ポルシェ純正の ...

続きを見る

こういった空冷世代のポルシェを「レストモッド」するのはジンガー・ビークル・デザインにはじまった一つの潮流だと捉えていますが、最近だとガンサーワークス、Kaege、カルマー・オートモーティブ、さらには老舗レーシングファクトリーのDPモータースポーツも参入しており、一層の盛り上がりを見せることになりそうですね。

ポルシェ911のレストモッド(カルマー)
ポルシェ911レストモッドの新星誕生!964と993、そしてカイエンをベースにした「カルマー・オートモーティブ」

| ラリー仕様の911レストモッドは珍しい | さて、空冷ポルシェのレストモッドというとジンガー・ビークル・デザインが有名ですが、今回はデンマークから「カルマー・オートモーティブ(Kalmar Aut ...

続きを見る

合わせて読みたい、アレス・デザイン関連投稿

「パクリではなくオマージュ」?アレス・デザインが1950年代マセラティ風のカスタムカー製作に着手

| アレス・デザインが今度はクラシック・マセラティ風のクルマをリリース。ベースモデルは?| これまでにもデ・トマソ・パンテーラを現代に蘇らせたり、フェラーリ250GTOのオマージュモデルを制作するなど ...

続きを見る

伊アレス・デザインがC8コルベットをベースに700馬力オーバーの「S1プロジェクト」発表!価格は6100万円、果たして売れるのか?

| 見た目はなかなか魅力的だが | さて、先日はC8世代のコルベットをベースにしたスーパーカー(ハイパーカー)、「S1プロジェクト」を公表したアレス・デザイン。このアレス・デザインはイタリア・モデナに ...

続きを見る

最新フェラーリを70-80年代風に。GTC4ルッソを365風にカスタムするアレスデザイン「プロジェクト・ポニー」

| アレス・デザインによるフェラーリの「旧車復活プロジェクト」がいよいよ形に | フェラーリGTC4ルッソを1970-80年代に販売されていた「フェラーリ365/400/412」まで巻き戻す、というア ...

続きを見る

参照:ARES DESIGN, ARES DESGN(Instagram)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5