>アストンマーティン(Astonmartin)

やはりあの「魚すぎる」ハンターグリルは不評だったのか・・・!アストンマーティンが伝統的なベーングリルを「ヴァンテージに後付けできる」ように配慮

投稿日:

アストンマーティン・ヴァンテージに昔ながらの「ベーン・グリル」が利用可能に

| たしかにこっちのほうがタイムレスでアストンマーティンらしい |

さて、アストンマーティンがヴァンテージに対して伝統的な「ベーン・グリル」をオプション設定し、後付け(レトロフィット)が可能になったとのこと。

最初から説明してゆくと、アストンマーティンはヴァンテージのデビューに際し、それまでの「横方向にルーバーのある」ベーングリルではなく、サーキット走行専用の限定モデル”ヴァルカン(下の画像。これはヴァルカンAMR)”に採用されていたハンターグリルを採用しています。

ただし一部で「ハンターグリル」は不評だった

しかしながら、このハンターグリルについては一部では評判が芳しくなく、「魚っぽい」という批判を受けたのもまた事実。

その顔つきが「魚すぎる」と言われるアストンマーティン・ヴァンテージ。デザイナーがその理由を説明

| ヴァンテージはデザインよりも機能を優先 | 何かとそのデザインが議論の的となるアストンマーティン・ヴァンテージ。 アストンマーティンが以前に訴え、そして訴えられたフィスカーもまたアストンマーティン ...

続きを見る

そういった事実を受けてか、アストンマーティンは新型車「ヴァンテージ・ロードスター」において、オプション装備としてベーン・グリルを復活させていますが、この時点で装着できるのは(これまで)「新車時にオプションとして注文した車両のみ」となっています。

アストンマーティンがヴァンテージ”ロードスター”発表!「多くのメーカーのオープンモデルは妥協しがちだが、我々はそうではない」

この記事のもくじ1 | 幌の開閉は世界最速、ポルシェ718ボクスターの半分で完了する |1.1 アストンマーティン・ヴァンテージ・ロードスターはこんなクルマ1.2 アストンマーティン・ヴァンテージ・ロ ...

続きを見る

アストンマーティンのファンは古典的なルックスを好むようだ

なお、復活させた「オプション設定の」ベーン・グリルの評判はおそらく「非常によく」、かつ既存ヴァンテージのオーナーからは「なんとかアレを装着できないのか・・・」という問い合わせが多数あったものと見られ、そして今回、ついに「すでに納車されたヴァンテージにもレトロフィットできるようになった」というのが現在に至るまでの流れですが、これを発表したのはアストンマーティン正規ディーラーのワークショップ、「アストンマーティンワークス」。

たしかにTwitterへの投稿を見るに、けっこうな問い合わせが入っているようで、これを待ち望んでいたヴァンテージオーナーも多かったようですね。※ただし、フロントバンパーまるごとを入れ替える必要があり、コストはかなりかかりそう

自分が乗るならはやり「ベーン・グリル」か

こういった状況を見るに、アストンマーティンのファンはやはりその古典的なルックスを愛しているようで、「伝統の」デザインを好む傾向があるようです。

ただ、ぼくがヴァンテージを買うとしても、やはりこの「ベーン・グリル」を選ぶかもしれません。

現代においてアストンマーティンを購入するということは、そのパフォーマンスよりも「伝統や歴史を求める」ということを意味しており、であればやはりアストンマーティンらしいデザインのほうがいいんじゃないかと考えているわけですね。

このグリルの装着にて、いわゆる「タイムレス」なデザインへと変化することになりますが、そのぶん「時代や流行に左右されず」長く大切に乗ることができるようにも思います。

JPG-Medium-Vantage-Roadster-Group-Shot--e1610364394185

合わせて読みたい、アストンマーティン・ヴァンテージ関連投稿

【試乗:アストンマーティン・ヴァンテージ】俊敏かつ軽快!アストンマーティン史上もっともピュアなスポーツカー

| 生まれながらのプレデター、アストンマーティン・ヴァンテージに乗る | さて、待望のアストンマーティン・ヴァンテージに試乗。 本国で発表された201711月以来、ぼくが非常に高い関心を寄せているクル ...

続きを見る

アストンマーティンが007最新作にあわせヴァンテージ、DBSスーパーレッジェーラ”007エディション”発表!ヴァンテージは過去作品へのオマージュ

この記事のもくじ1 | ヴァンテージは「女王陛下の007」へのオマージュ仕様 |1.1 オプションにて専用のスキー板が付属1.2 DBSスーパーレッジェーラ007エディションは25台のみの限定1.3 ...

続きを見る

選択肢多すぎ!アストンマーティン・ヴァンテージ・ロードスターのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは54色、内装の組み合わせは事実上無限に近い

この記事のもくじ1 | 途中で仕様を選ぶこことに疲弊するほど |2 自分で仕様を選びたい人には更に多くの選択肢2.1 アストンマーティン・ヴァンテージ・ロードスターの外装にはこういった選択肢がある2. ...

続きを見る

参照:Aston Martin Works

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5