>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWが「苦しい中でもMブランドは6%の成長を遂げた」と発表。販売に貢献したのはX5 MとX6 M、ハイパフォーマンスカーにもSUVの波

投稿日:2021/01/22 更新日:

BMW M4

| 現代のMブランドは当初とはずいぶん異なる様相を呈しているが、それも時代の流れとしかいいようがない |

さて、BMWは先日2020年の業績を発表し、前年比マイナス8.4%であったとコメントしていますが、その中でもハイパフォーマンスカー部門「M」は非常に好調であったようで、コロナ禍においても6%の成長を記録した、とのこと。

その販売台数はじつに144,218台にのぼり、M部門のボス、マーカス・フラッシュ氏いわく「販売に大きく貢献したのはX5 MとX6 M、そしてM2 CS」。

M2 CSは別として、ハイパフォーマンスカー部門においてもSUVの波が押し寄せているということになりますね。

BMWのキー
BMWが「今後数十年にわたってトヨタとの提携を強化したい」と正式にコメント!加えて2020年の販売は前年比8.4%減の232万台だったと発表

この記事のもくじ1 | なぜBMWが燃料電池車に注力するのかはわからない |2 BMWはトヨタとの提携を継続2.1 BMWはEV生産計画を「前倒し」2.2 合わせて読みたい、関連投稿 | なぜBMWが ...

続きを見る

BMWは「M」モデルを拡大中

なお、BMWはもともと「モータースポーツに直結する」ハイパフォーマンスカーとしてMモデルを設定していますが、その後はセダン、そしてSUVへと拡大しており、さらには「M+数字3桁」のMスポーツにまで「M」ラインアップを拡大しています。

加えて今後は「エレクトリックモデルは環境に配慮したシリーズであり、Mブランドとは相容れない」としていた姿勢を一転させて「EV(i4)にもM」を設定すると言われ、ちょっと前にはバイクにもはじめて「M」を設定。

BMWがバイクにも「M」モデル設定とのウワサ。なぜBMWは急に「自動運転」「エレクトリック」から「スポーツ」へと転向したのか?

| それは「エレクトリック」だと誰も興味を示さないからだとボクは考える | BMWがバイクにも「M」を設定するのでは、というウワサ。これまでBMWがバイク(BMWモトラッド)にMモデル(市販)を設定し ...

続きを見る

さらに直近だと「Mモデルでは初」のワゴンモデルとなるM3ツーリング、そしてM5 CS、M4カブリオレもスタンバイしており、2022年の「Mブランド50周年」に向けてさらなる拡充を図ることになりそうですね。

【今日のニュース】BMW M3ツーリングの公式ティーザー動画公開、メルセデスAMG GT 73eの試作車登場、中国・吉利汽車からは旗艦セダン

この記事のもくじ1 | ただしBMW M3ツーリングの発売までにはあと2年ほど待たねばならない |1.1 メルセデス・ベンツは「AMG GT 73」を投入?1.2 中国・吉利汽車の新フラッグシップセダ ...

続きを見る

こういったBMWのMブランドの扱いに対しては多くの人が疑問をいだいているとも言われるものの、実際に成長していることは間違いなく、よって数字的には「正解」であったのかも。

なお、一部の人々はこういった「時代に合わせて変わろうとする」行為に対して批判的で、たとえばミニがR50世代で大きくなったり、ポルシェ911が水冷になったりしたときにも同様の議論が巻き起こっていますが、しかし異論を唱える人は「どのみち買わない人」だとも考えていて、前に進むには、そういった批判ばかりで建設的ではない人々は放っておいていいのかもしれません。

参考シボレーはこれまでのコルベットファンを切り捨てる?先代を最大100万円値下げし、先代の人気オプションを”流行遅れ”として廃止する

| これによるC7以前の中古コルベット相場が崩れるのは必至 | シボレー・コルベットはミドシップレイアウトへと変更したC8へと移行していますが、そこで問題となっているのが先代「C7」世代コルベットの在 ...

続きを見る

合わせて読みたい、関連投稿

BMWが公開したM2のサウンドがフェイクだと話題に
【動画】新年早々にBMWがやってしまった!2021年到来を祝うM2のドリフト動画にランボルギーニV10のサウンドを合成してネット上で非難→削除が追いつかず光の速さで拡散

この記事のもくじ1 | なぜ天下のBMWがこんなことに・・・ |1.1 華々しい門出を祝うはずだったが1.2 動画はすでに拡散中2 合わせて読みたい、BMW M2関連投稿 | なぜ天下のBMWがこんな ...

続きを見る

BMWの人気動画「Mタウン」
【動画】BMWがもっとも成功した動画シリーズ「Mタウン」最新作を公開!Mタウンでは何もかもが「M」だった!

この記事のもくじ1 | まだ発表されていない新型M3ツーリングもカメオ出演 |1.1 「Mタウン」では何もかもがM1.2 目覚し時計も「M」だった1.3 街なかはBMW Mだらけ2 発表前の新型「BM ...

続きを見る

BMWのスローガン「駆け抜ける歓び」はどのようにして決まったのか
BMWのスローガン「駆け抜ける歓び」は55年も前から使用されていた!どのように変遷をたどり、どう決まったのかが明らかに

この記事のもくじ1 | BMWは公式サイトにて、なかなか面白いコンテンツを公開している |2 BMWは55年も同じスローガンを掲げていた2.1 最初に「歓び」という言葉が登場したのは1930年代なかば ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f