■そのほか車関連のネタなど

ル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦するバイコレスがそのレーシングカーと公道走行バージョンを公開!どうやらLMHは大きな話題を呼ぶことなく終わりそうだ・・・。

投稿日:

ByKollesレーシングによるル・マン・ハイパーカー

| 開催側はきっと「こんなハズじゃなかった・・・」と思っている |

さて、盛り上がっているような盛り上がっていないようなル・マン24時間レースの「ハイパーカークラス」。

すでにプジョーそしてトヨタ(ガズー・レーシング)がその参戦用車両を公開していますが、今回はバイコレス(ByKolles)がそのレーシングカーそして市販モデルを公開しています。

名称は「PMCプロジェクト」となり、ル・マン24時間レース含め、FIA世界耐久選手権においてプジョー、トヨタ、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスとの熾烈な戦いを繰り広げることになりそうですね。

バイコレスPMCプロジェクトプロジェクトはこんな仕様を持っている

このバイコレスPMCプロジェクト(こちらは市販モデル)について、パワーソースは自然吸気V8エンジン+ハイブリッドだと伝えられており、その出力は合計で1000馬力。

公道走行が可能なスペックを持つとされるものの、実際にこれを公道で乗ることは難しそうでもありますね。

なお、重量は1,000kg(つまりパワーウエイトレシオは”1”)しかないとのことなので、そのパフォーマンスとしては「世界トップレベル」となるのは間違いないと見られます。

ByKolles-Le-Mans-10

一方のレーシングバージョンはこちら

そしてこちらがバイコレスPMCプロジェクトの「レーシングカー版」。

プジョー、トヨタ、そして公道走行バージョンとは異なってハイブリッドシステムを持たず、これが吉と出るか凶と出るのかは本戦を待つしかなさそう(ハイブリッドシステムは、レギュレーション上”必須”ではない)。

ByKolles-Le-Mans-1

トヨタがル・マンを戦うGR010ハイブリッド(ハイパーカー)
トヨタがル・マンを戦うニューマシン、GR010 HYBRIDを発表!ガソリンエンジン680PS、モーター272PS、外観は「開発中の次世代ハイパーロードカーを彷彿」

この記事のもくじ1 | このレーシングカーが公道仕様として発売されるとは恐ろしい |2 GR010 HYBRIDはこんなパッケージングを持っている2.1 TS050ハイブリッドはこんなレーシングカーだ ...

続きを見る

ただし、レーシングバージョンのバイコレスPMCプロジェクトの重量は950kgなので、トヨタGR010ハイブリッドの1,040kgに比較すると大きなアドバンテージがあると考えていいのかもしれません。

ちなみにレギュレーションによって最高出力は650馬力に制限されています。

ByKolles-Le-Mans-3

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス=LMH」は今ひとつ盛り上がりに欠ける

なお、鳴り物入りで新設されたル・マン・ハイパーカークラス(LMH)ですが、どうも盛り上がりに欠けていて、というのも参加するメンバーが少なすぎるため。

開催側としては、ケーニグセグやパガーニ、ブガッティといったハイパーカー、フェラーリやランボルギーニといったメジャーメーカーの参入を期待していたのだと思われるものの「空振り」に終わっており、蓋を開けるとこれまでの「プロトタイプ」と代わり映えしないということになりそうです。

ByKolles-Le-Mans-4

現在参加を表敬しているのはプジョー、スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス(SCG)、トヨタ。

ポルシェは2023年からLMDh規定に則り参戦を表明していますね。

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

この記事のもくじ1 | やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ |1.1 フォルクスワーゲングループが目指すは経営の効率化2 ポルシェはハイパーカークラスにも参戦?3 ハイパーカークラスでは宿敵「トヨ ...

続きを見る

アストンマーティンは参加を表明するも財政難からこれを取り下げ、参戦を検討していたランボルギーニも(参戦を検討していたステファノ・ドメニカリCEOが辞任したので)これを見送りそう。

ちなみにバイコレスはこれらの中では唯一のプライベーター(ドイツのレーシングチームであって自動車メーカーではない。SCGは一応自動車メーカー)であり、自動車メーカーに勝る活躍が期待され、しかしこれまでの戦績からするに、まずレースを盛り上げてくれる存在にはならないだろう、とも考えています。

ByKolles-Le-Mans-6

合わせて読みたい、ル・マン24時間「ハイパーカークラス」関連投稿

プジョーがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するレーシングカーの構造を公開
これがプジョーがル・マン「ハイパーカークラス」に参戦するマシン、HYBRID4 500KWの構造だ!"市販せねばならない"という規則があるが、ちょっと常人が乗るには厳しそう

この記事のもくじ1 | 今のところ、プジョーはル・マン ハイパーカークラス参戦にもっとも積極的な自動車メーカー |1.1 プジョーはこのレーシングカーを市販するつもり?2 プジョー「HYBRID4 5 ...

続きを見る

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って ...

続きを見る

ランボルギーニ「規則を確認したが、ル・マンのハイパーカークラスには参戦可能だ」。SC18で参加する可能性を示唆

| ただしSC18がヴァルキリーやGRスーパースポーツに対応できるとは思えない | 2020年より開催されるというル・マン24時間レースの最高峰、「ハイパーカークラス」。現在のところアストンマーティン ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f