>その他の国の車

リマックCEO「C_Twoが完売したと言われるが、それは正しくない。製造前にハイパーカーを完売させることができるのはフェラーリくらいのものだ」

投稿日:

リマックのハイパーカー、C_Two

| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない |

現代において錬金術を成し遂げたとも言えるクロアチアの新興EVメーカー、リマック・アウトモビリ

メイト・リマック氏によって設立された新しい会社ではありますが、わずか10台のクルマ(リマック・コンセプト・ワン)しか販売していないにもかかわらず、すでにハイパフォーマンスカー市場においては誰一人として知らぬ者がいない会社へと成長し、先ごろは「ブガッティを買収するのでは」と言われるほどに。

ブガッティ・シロン・ピュールスポール
リマックがブガッティを買収との報道!11年の歴史、10台しかクルマを売っていないリマックが「110年の」歴史を持つブガッティを買う!?

| よくよく考えると「あり得る」話でもある | まさかのまさか、ブガッティがリマックに売却される、との報道(現時点では確報ではない)。現在ブガッティはフォルクスワーゲングループに属していて、そしてリマ ...

続きを見る

リマックの何がすごいのか

なお、リマック・アウトモビリについては謎な部分も多く、しかしそのスゴさは「バッテリーとその制御技術にある」とも言われます。

そのレベルは他社を寄せ付けないといい、ポルシェは事実上の子会社化とすべく出資比率を引き上げたり、かのピニンファリーナも「記念すべき市販車第一号」を発売するにあたり、その開発や製造委託先としてリマックを選ぶレベル。

ポルシェがEVメーカー「リマック」への投資を拡大。同じグループに属するアウディ、ブガッティもその技術を使用しEVスーパースポーツ計画を推進させる意向

| 果たしてリマックはそこまで凄いのか?今のところの実績は「コンセプト・ワン」のみ | ポルシェはこれまでリマックの発行済株式10%を購入することでリマックの経営に参加していますが、今回それを15.5 ...

続きを見る

とにかく「10台しかクルマを販売していないのに」ここまで大きくなったのがリマックですが、コンセプト・ワン発売後には多大な出資金を得て潤沢な開発資金を用意できることになり、現在鋭意開発中なのが市販モデル第二弾の「C_Two(市販時には名称が変更される見込み)」。

このリマックC_Twoについては、「2,000馬力級、0-100km/h加速1.85秒」という前代未聞のパフォーマンスを掲げていて、発表直後には150台の限定台数がすべて売り切れた、という報道も。

ただし今回、リマックCEO、メイト・リマック氏が「その認識は正しくない」として自身のフェイスブックへと真実を記すこととなっています。

リマックC_Two
価格2億円超、リマックC_Twoの初年度分150台が完売との報道。なおオプション平均装着額は6500万円

| リマックC_Twoの初年度分はすべて完売 | ジュネーブ・モーターショーにて発表さればかりのリマックC_Twoですが、初年度生産として予定していた150台がすべて完売した、とのこと。 なおリマック ...

続きを見る

リマックC_Twoはまだ受注枠が空いている

同氏によると、「まだリマックC_Twoは売り切れていない。現代において、ハイパーカーがその製造に入るまでに完売していないのは”普通ではない”ように思えるが、現実的に、生産開始前までに予定台数を完売できるのはフェラーリなどのメジャーメーカーだけの話だ」。

現時点では何台が売れて何台の枠が余っているのかはわからないものの(初年度生産分については完売)、たしかにポルシェ918スパイダーも「完売するまでに」相当に長い期間を要し、これはブガッティ・ヴェイロンやシロンも同じこと。

よって、C_Twoがまだ完売していないのも、メイト・リマック氏が言う通り「想定内」なのかもしれません。

なお、現在リマックC_Twoは開発段階にあり、クラッシュテスト、ビークルダイナミクスについて最終の仕上げを行なっている段階だと報じられています。

【動画】1台2億円超、リマックC_Twoのクラシュテスト。これまで9台を廃車にしたことが明らかに

この記事のもくじ1 | クルマの開発には非常に高いコストが必要 |1.1 リマックC_Twoは発売前の最終段階1.2 あわせて読みたい、関連投稿 | クルマの開発には非常に高いコストが必要 | さて、 ...

続きを見る

さらにメイト・リマック氏は「限定台数の150台が完売しないことを恐れてはいない」と語っており、「150台以上の需要がある」とも。

ただし150台というのはブガッティ・シロンの500台に対しても(ブランドのネームバリューを考慮すると)結構多い台数だと認識しており、完売するまでには数年というタームを要求されるかもしれませんね。

合わせて読みたい、リマック関連投稿

現存するのは世界に7台、リマック「コンセプト・ワン」が1.8億で中古市場に。もしかすると今後もっとも値上がりしそうなクルマ?

この記事のもくじ1 | もしリマックがブガッティを買収すれば、コンセプト・ワンの価格は天井知らずに |1.1 「2台目のリマック」は大成功1.2 リマック・コンセプト・ワンはEVにしては珍しく「値が上 ...

続きを見る

リマック×ポルシェ始動!ポルシェの研究施設にてリマックC_Twoがハンドリング、サスペンション等最終調整を行う様子が公開に

この記事のもくじ1 | ポルシェとリマック、お互いが手に入れたものは「予想より大きかった」のかも |1.1 ポルシェとリマックとの関連性は予想以上に強そうだ1.2 リマックのエレクトリック技術は世界一 ...

続きを見る

【動画】2009年創業時の従業員は10名→今は500名。現代の錬金術を成し遂げたリマックCEOが自社内部を紹介

| リマックの何が評価されてここまで成長したのか今でも謎 | クロアチアのEVメーカー、リマック。「コンセプト・ワン」発売後にそのパフォーマンスと技術力が評価され、その後に巨額投資を獲得して一気に成長 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f