>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型トヨタ・ランドクルーザーの発表/発売に新説「8月1日のランクル生誕70周年にお披露目される」登場!なお、どうやら直近での生産終了は本当のようだ

投稿日:

トヨタ・ランドクルーザー

| 色々な情報を総合するに、直近で生産終了→先行受注開始→ティーザーキャンペン開始→8月に発売説は有力だ |

さて、色々なウワサが飛び交っているフルモデルチェンジ版新型ランドクルーザー。

日本では「3月下旬から予約開始説」が有力となっていますが、CarAdviceによると、「ランドクルーザー70周年を迎える2021年8月1日に発表されるのでは」とのこと。

ちなみにこれはなんらかの明確な情報を得たわけではなく、トヨタ自動車のチーフエンジニア、小鑓 貞嘉氏が自身のFacebook上にて「8月1日で70周年」とコメントしていること、それにあわせてかこれまでの、そして世界のランクル事情を投稿していることからの「推測」であるようです。

トヨタ・ランドクルーザー
ベストカー「ランクルが受注停止」。ただしトヨタに確認してみると「そういった情報は届いてない」。それでも近いうちに新型ランドクルーザーが登場するのは間違いなさそう

この記事のもくじ1 | 実際のところ、時期ランドクルーザーについて確かな情報は多くない |1.1 新型ランドクルーザー(300系)はいつ登場?2 新型ランドクルーザーはどんなクルマに?2.1 合わせて ...

続きを見る

現行ランドクルーザー(200系)は14歳

なお、トヨタ・ランドクルーザーそのものは1951年に発売が開始され、現行の200系は2007年に登場しているのでもう14歳ということに。

ランクルはある意味でトヨタの看板車種でもあるので、もっと頻繁にアップデートを行っても良さそうなものではありますが、ランドクルーザーはトヨタの中でも「特別な存在」であり、かつ未開の地にて目的地に行き、無事に帰ってくるという使命が与えられることも多いため、その品質含む基準がほかのクルマとはまったく異なる模様。

よって開発の段階で「あらゆる局面や使い方を想定し、究極のクルマとして」設計されたのがランクルであり、そのために発売後にもそうそう改良するところがないのだと言われています。

参考トヨタがランドクルーザーの最新イヤーモデル発表。”前年モデルのランクルと変化がない”その理由とは?

| ランドクルーザーは変わらないのは”変わる必要がない”から? | トヨタが北米にて2019年モデルのランドクルーザーを発表。 率直にいうと2018年モデルとほとんど「一緒」だそうですが、唯一の変更点 ...

続きを見る

やはり近日中に生産終了、最終モデルは4月納車あたりが「最後」か

なお、国内外の様々な情報を総合するに、やはり2月前後に現行ランドクルーザーの生産が終了される可能性が大。

そして最終の納車は4~5月あたりになると見られていますが、一旦生産を終了した後、工場内の生産設備を「新型ランドクルーザー用に」整備するのに2~3ヶ月かかると言われていて、そのために新型ランドクルーザー(300系)は6月頃に発表/発売と見る向きもあるようです。

ただ、70周年という節目、(6月発売となると)あと2ヶ月ほど待てば”日にちまで”70周年にあわせられること、そして何よりランドクルーザーはその偉大さを称えるべき存在であることを考慮するに、トヨタ社内でも「ドンピシャで70周年記念となる2021年8月1日に発売しよう」という向きがあってもおかしくはなく、今回の「8月1日発売説」はかなり有力だろう、と考えています。

新型ランドクルーザーは大規模なティーザーキャンペーンを展開?

しかしながら、生産終了(2月だとして)から8月まではちょっと期間が開くことになり、その間に何もしないわけにもゆかないので、3月辺りから先行受注を行い、同時にティーザーキャンペーンをスタートさせ、その中でランクルの歴史を幅広く紹介し、最高潮に盛り上がった8月1日にドンと発売、ということも考えられそう。

もちろん、発売までその姿が隠されるわけではなく、どこかの段階で先行公開がなされることも考えられ(特に最近は、いずれの自動車メーカーにおいてもこの手法が多い)、意外と早いうちに新型ランドクルーザーの姿を見ることができるのかもしれません。

ちなみに最近のトヨタは「ヘリテージ」を有効に活用しようという動きがあり、スープラの復活もその一例。

実際にスープラは発売前後に大きな話題を呼ぶことになり、その反響の大きさについて、トヨタは「身をもって体感した」のは間違いなく、ランドクルーザーでもこれをもう一度、と考えても不思議ではありません。

トヨタだけではなく、近年では他の自動車メーカーも「過去のヘリテージ」を活用する例が多く(日産フェアレディZなど)、しかし活用したくとも歴史や資産を持たない自動車メーカーも多数。

ランドクルーザーは「他社からすると、ノドから手が出るほど欲しい」資産であるのは間違いなく、トヨタが他社のライバル、そして振興自動車メーカーやオフローダーに対してその歴史の違いをアピールすることで排他性と優位性を発揮するためには、”これほどふさわしい”モデルもないだろうと考えています。

トヨタが「2029年に月に送り込む」ランクル顔月面車の名称を「ルナクルーザー」に決定したと発表。ランクル精神はついに宇宙へ

この記事のもくじ1 | 月のみならず火星での活躍にも期待 |1.1 ついにトヨタ車が月面を走る1.2 ほかに月へと送り込まれたのはこんな車両 | 月のみならず火星での活躍にも期待 | トヨタは2019 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランドクルーザー関連投稿

祝!ランクルが累計販売1000万台を達成。トヨタ「お客様が1,000万通りの道を走り、クルマを鍛えた轍の上にランクルが存在している」

| そこにはトヨタの「命を乗せ、いかなる地にも行って帰ってこれるように」という思いがあった | トヨタが、「ランドクルーザーの累計販売台数が、2019年8月末で1000万台を超えた」と発表。ここ数年、 ...

続きを見る

トヨタ・ランドクルーザーはこうして世界で愛されるようになった!その誕生から進化、未来まで

この記事のもくじ1 | FJの「J」はジープの「J」だった |1.1 ランドクルーザー誕生は1951年、GHQの要請にて1.2 BJからFJへ | FJの「J」はジープの「J」だった | さて、Web ...

続きを見る

トヨタ・ランドクルーザー(ランクル)
次期300系ランドクルーザーに新情報!「2021年4月発表」「V8を捨てV6/V6HV」「ラダーフレーム継続」「サイズは200系同様」。ボクは40系ランクル的デザインが与えられると予測

この記事のもくじ1 | なお、レクサスLXは廃止、かわりにモノコックを持つLQが投入されるようだ |2 次期ランドクルーザーはシンプルなオフローダーに?2.1 レクサスは高級SUV「LQ」を投入?2. ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f