>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリはどれだけレッドが好きなのか!現在選べるレッドは9色、そしてそれぞれの違いはこうなっている

投稿日:2021/01/24 更新日:

フェラーリに採用されるボディカラー「レッド(ロッソ)」の違い

| ポルトフィーノだと標準色28のうち、6色がレッド系 |

さて、フェラーリというと「レッド」というイメージがあるかと思いますが、これは全世界でも共通であるようで、レッドのボディカラーを持つフェラーリは高く売れるため、「リセールレッド」と呼ばれることも。

ちなみにフェラーリF40は全生産台数が「レッドであった」と言われており、F50のデザインを決める際には、ピニンファリーナが最初に持ってきたデザイン案のボディカラーが「レッドでなかった」ため、エンツォ・フェラーリの息子であるピエロ・フェラーリが「フェラーリのクルマはレッドでなくてはならない」と泣きながら訴えたとまで言われます。

フェラーリF40は今年で30歳。その歴史、仕様などを振り返ってみよう

|信じられないが、ボディカラーはレッドしか選べなかった | フェラーリがF40の30周年を記念したコンテンツを公開。 F40はスチールのフレームにV8ツインターボエンジンを搭載しコンポジット製のボディ ...

続きを見る

フェラーリの「レッド」にはこんな種類がある

そんなフェラーリの「レッド」ですが、イタリア語だと「ロッソ」ということになり、そしてこのロッソが実に多種多様。

今回フェラーリが自身のフェイスブックにて公開した内容によると、以下の種類があるようです。

2021-01-23 19.55.05

ロッソ・フィオラノ

「フィオラノ」はフェラーリの持つテストトラック(サーキット)の名称ですが、この名が与えられた「ロッソ・フィオラノ」は深く、しかし鮮やかな輝きを持つことが特徴。

2021-01-23 19.32.22

ロッソ・ポルトフィーノ

これは2017年に設定された新色で、ポルトフィーノの登場にあわせて調合されています。

3層コートを持ち、陽光の下から夜に至るまで鮮やかな輝きを放つことに。

2021-01-23 19.55.20

ロッソ・ムジェッロ

ロッソ・ムジェッロは「深いレッド」のうちのひとつで、そのカラーは「ムジェッロ・サーキット」にインスパイアされたものだそう。

2021-01-23 19.55.43

ロッソ・スクーデリア

こちらは言うまでもなくフェラーリのレーシングチーム「スクーデリア・フェラーリ」のF1マシンに用いられてきたもので、朱色に近い、比較的明るい色味を持っています。

2021-01-23 19.50.24

ロッソ70ANNI

このロッソ70ANNIは2017年にフェラーリが70周年を迎えた折に設定されたもので、フェラーリ812スーパーファストともに発表。

2021-01-23 19.52.22

ロッソ・コルサMET

ロッソ・コルサMETは2015年に488GTBの発表時に設定されており、「明るく大胆な」カラー。

2021-01-23 19.59.56

ロッソ・カリフォルニア

ロッソ・カリフォルニアは「カリフォルニア」のデビュー時に設定されたもので、ライフスタイル系フェラーリのエレガンスを表現するカラー。

「沿岸部(具体的にはアメリカ西海岸)」を象徴するレッドでもありますね。

2021-01-23 20.06.27

ロッソ・ディーノ

ロッソ・ディーノはフェラーリの用意するレッドの中ではオレンジに近い朱色となりますが、これはかつての「ディーノ206GT」に採用されていた伝統的なボディカラー。

2021-01-23 20.08.54

ロッソ・コルサ

もっともフェラーリのレッドで有名なのがロッソ・コルサとだと言って間違いなく、これはフェラーリがレースにおいて採用してきた伝統的なカラー。

288GTOに設定されたボディカラーはこの「ロッソ・コルサ」のみ、そして488ピスタのイメージカラーもロッソ・コルサです。

2021-01-23 20.10.51

フェラーリは他にもこんなボディカラーを持っている

なお、レッドのイメージが強く、そのために「派手」と思いがちなフェラーリですが、たとえばポルトフィーノに用意されるボディカラーだとこんな感じで「レッドとイエローを除くと」明るボディカラーがなく、これはけっこう意外なところ。※レッド系のみで6色もある

たとえばマクラーレンやランボルギーニのような「オレンジや明るいブルー、グリーンが標準で用意されていない」ことがわかりますが、これはインテリアカラーにおいても同様で、やはりレッド以外は比較的シックなラインアップとなっており、フェラーリ自身は「派手さ」よりも「優雅さ」を標榜しているんじゃないかと思わせる部分ですね。

ちなみに上で紹介したレッドの他にも「ロッソ・モンツァ」「ロッソ・フォーミュラ1 2007」「ロッソ・フォーコ」「ロッソ・ベルリネッタ」というヘリテージカラーも用意されており、どれだけフェラーリがレッド(ロッソ)にこだわっているかがわかります。

ferrari-1

参照:Ferrari, Ferrari(Facebook)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f