■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ(Porsche) >その他ドイツ車

ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携!ポルシェスペシャリストのタッグからとんでもないクルマが生まれそうだ

投稿日:

ゲンバラが「ポルシェ959にインスパイアされた」ハイパーカー開発のためRUF(ルーフ)と提携

| ウワサではオフロードの走行も可能なエクストリームなハイパーカーになると言われる |

さて、ポルシェを得意としてきたゲンバラは、その不幸な創業者の死を乗り越えて復活をアナウンスしたばかり。

ただしゲンバラの中では「内紛」が起きているようで、「ゲンバラ名義でハイパーカーを発売しようとした」ゲンバラ創業者であるウーベ・ゲンバラの息子、マーク・フィリップ・ゲンバラが「(会社としての)ゲンバラから、名義の不正使用で訴えられる」という事態に発展しています。

ことの詳細は不明ではあるものの、創業者の息子が会社から訴えられるのは尋常ではなく、この成り行きについては、ただ見守るしかなさそうですね。

ゲンバラが911改スーパーオフローダー「アヴァランチ4×4」の発表を予告!ポルシェがやらないならゲンバラがやる!

| ゲンバラは今、内紛によって揺れ動いている | さて、内部分裂が続いているゲンバラ。つい最近、ゲンバラ創始者であるウーベ・ゲンバラ氏の実子、マーク・フィリップ・ゲンバラ氏が「独自設計のハイパーカー」 ...

続きを見る

ただし、そのプロジェクトは進行中

しかしながらこういったお家騒動にもかかわらず、マーク・フィリップ・ゲンバラによるハイパーカー計画は滞りなく進行を見せており、今回なんと「ルーフとの契約を結んだ」との報道。

ルーフはポルシェのチューナーとしても名高く、しかしそれ以上に有名なのが「ポルシェのホワイトボディを使用してハイパフォーマンスカーを作り上げる自動車メーカー」だということ。

見かけはポルシェではあるものの、その中身は完全に別モノと言ってよく、異次元のパフォーマンスを発揮するクルマをリリースしています。

ルーフRCT(ポルシェ911のカスタムカー)
なんと964世代のポルシェ911をベースにした「ルーフRCT Evo」が新車で購入できる!多彩なオプション、ボディカラーも選択できて4430万円

この記事のもくじ1 | この価格はどう考えても安すぎる |1.1 ルーフは過激なクルマを作ることで知られる2 ルーフは今でも964世代の911をベースとした「新車」を販売していた2.1 技術は進歩して ...

続きを見る

さらに直近では、車体から自社設計を行った新世代ルーフCTRも発表しており、そのほかだとライカン・ハイパースポーツの開発に参加したりと、その活動には衰える気配がありません。

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタ ...

続きを見る

ポルシェのスペシャリスト同氏が手を組むことに

そんな二者ではありますが、いわばポルシェのスペシャリストとも言えるタッグがここに誕生したと考えてよく、となると否が応でも期待が高まろうというもの。

現時点ではこのマーク・フィリップ・ゲンバラによるハイパーカーの詳細は不明ではあるものの、ひとつわかっているのは「ポルシェ959にインスパイアされたクルマ」だということ。

すでに「959風の」リアを持つ姿が公開されており(ポルシェからの物言いがつかないことを祈る)、開発パートナーとしてはKW(サスペンション)、アクラポヴィッチ、ミシュラン、BFグッドリッチ、DSファスターテクニック(カーボンファイバー)等の名が発表されています。

ニューモデルのティーザー画像3連発。「ゲンバラのオリジナルスーパーカー」「完璧なBMW、”コンセプトi4”」「メルセデスEQA」

| コンセプトi4はやはり「あの顔」になるのか | さて、ジュネーブ・モーターショーを直前にして各自動車メーカーともティーザー画像や動画を積極公開。今回はゲンバラによる独自設計のスーパーカー、メルセデ ...

続きを見る

マーク・フィリップ・ゲンバラは16歳のときに父を失うことになりますが、その後はアストンマーティンやメルセデス・ベンツ、ポルシェ等で経験を積んだといい、その血筋、経験ともに十分な人物。

このハイパーカーの続報を期待したいと思います。

合わせて読みたい、ゲンバラ関連投稿

ポルシェチューナー「ゲンバラ」が独自設計のスーパーカー計画を発表。ミドシップ、800馬力の「過激で、高級な」エクストリーム仕様

| ゲンバラは困難な道を乗り越えてここまで来た | ポルシェを専門にチューン/カスタムを行ってきたゲンバラ。1972年にウーベ・ゲンバラ氏によって創業され、1981年に最初のコンプリートカー(ポルシェ ...

続きを見る

これがゲンバラが独自に開発しているスーパーカーだ!その加速はブガッティ・シロン、フェラーリSF90ストラダーレと同等の「世界最速」クラス

| 果たして現実的にゲンバラはこのクルマを発売できるのか | ゲンバラは今年6月に「なんらかのベース車両を持つのではなく、自社オリジナル設計のスーパーカーを発売する」と発表していますが、今回新たな画像 ...

続きを見る

ポルシェチューナー「ゲンバラ」が独自設計のスーパーカー計画を発表。ミドシップ、800馬力の「過激で、高級な」エクストリーム仕様

| ゲンバラは困難な道を乗り越えてここまで来た | ポルシェを専門にチューン/カスタムを行ってきたゲンバラ。1972年にウーベ・ゲンバラ氏によって創業され、1981年に最初のコンプリートカー(ポルシェ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f