>韓国の自動車メーカー

ヒュンダイが「EVのバッテリーが炎上・爆発する」問題にて10万台のリコールを実施。全車バッテリーを入れ替えることになり、1900億円程度の費用(マツダの利益4年分くらい)がかかるとの報道

投稿日:2021/02/24 更新日:

ヒュンダイ・コナEV

| ある程度は織り込み済みと思われるが、また株価が大きく下がることになりそうだ |

さて、ヒュンダイが販売したEV/PHEV約10万台のバッテリーを入れ替えるというリコールを実施するという報道。

内訳としてはコナ・エレクトリックが77,000台、残りがアイオニックEVとアイオニックPHEVとのこと。

このリコール自体は昨年末に発表されていたものの、今回ようやく(交換用バッテリーが揃ったのか)作業が実行されるということになりそうです。

「燃える」「爆発する」ために12万台のうち7.7万台がリコールされたヒュンダイ・コナ・エレクトリック。イメージ一新のためか発売2年で外観を変更

この記事のもくじ1 | とくにオーストラリアでは道の向こうに駐車していたガレージのドアが飛んでゆくほどの爆発を起こしている |2 韓国製のコナ・エレクトリックは火災もしくは爆発の恐れ3 そんなコナはフ ...

続きを見る

コナ・エレクトリックは製造12万台のうち7万7000台がリコール

なお、コナ・エレクトリックは発売以来12万台が製造されていますが、そのうち7万7000台がリコール対象に。

更に言うならば、この77,000台はすべて韓国工場にて製造されたもので、チェコで製造された残りのコナ・エレクトリックはリコール対象外だとされています。

この差は何なのかということですが、韓国製のコナ・エレクトリックに積まれるバッテリーはLGケミカル製、チェコで製造されるコナ・エレクトリックのバッテリーはSKイノベーション製。

よって、設計や製造方法に問題があったというよりは単にLGケミカルによるバッテリーに問題があると考えて良さそうです。

韓国の国土交通部に届け出られたコナ・エレクトリックのリコール内容によれば、発火の原因はバッテリーセルの損傷」で、これによってショートや火災が起こるとしていますが、その際の破壊力は相当なもので、中には「大爆発」と呼べるレベルのものまであった模様。

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

この記事のもくじ1 | オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |1.1 ヒュンダイ・コナ・エレクトリックは「世界で最も人気のあるEVのひとつ」に成長したが1.2 ...

続きを見る

そのコストは「膨大」に

なお、EVのバッテリーを交換するというのは容易な作業ではなく、というのもバッテリーは「何かあってはならない」よう厳重に密閉されているため。

衝撃や水分、ホコリ等から守るように積まれているのが常で、これが「バッテリーの交換を難しく」しています。

何らかの事情によってバッテリー交換の必要が生じることを鑑みてバッテリー交換自体は不可能ではないものの、交換には大変な手間を要するわけですね。

加えてEVのコストにおける60−70%がバッテリーと言われるため(もちろん車種によって異なる)、今回のリコールはヒュンダイにとって相当な痛手になるのは間違いなそう。

一説によると、リコールにかかる費用は「韓国内で販売した分だけで」1900億円にものぼると言われ、ヒュンダイの利益を大きく圧迫するのは決定的(もちろんサプライヤーのLGにも負担を要請するものと思われる)。※マツダの2019年4月〜2020年3月における経常利益は531億円だったので、いかに1900億円が大きいかがわかる

現在世界の自動車メーカーは右へ倣えで「エレクトリック化」ですが、EVやPHEVにはこういったリスクが内在しており、何かあれば一瞬で経営が揺らぐということにもなりかねないということですね。

合わせて読みたい、ヒュンダイ関連投稿

ヒュンダイ・コナ・エレクトリックが度重なるリコール
「燃える」「爆発」のヒュンダイ・コナ・エレクトリックがまたリコール!今度はなんと「ブレーキが効かない」

この記事のもくじ1 | まだまだヒュンダイの受難は続く |1.1 原因はソフトウエアの欠陥1.2 ブレーキ・バイ・ワイヤは要注意デバイス1.3 多くはフェイルセーフ機能も持っている2 ヒュンダイはここ ...

続きを見る

え?ヒュンダイは一般道テストせずに車を発売してたの?本国でのクレーム多発に対し「今後は一般道で走行してから発売する」

この記事のもくじ1 | ヒュンダイの高級車ブランド、ジェネシスは問題だらけらしい |1.1 現地でもジェネシスの品質を疑問視する声が1.2 ジェネシスは高い品質を持つはずでは?1.3 ヒュンダイはこれ ...

続きを見る

ヒュンダイの車内が「臭すぎる」として調査の対象に!「化学臭に加え、汚泥臭やニンニクが腐ったような臭いで耐え難い」

この記事のもくじ1 | 「臭い」は目に見えないだけに対処が難しい |1.1 現在調査中なるも「原因は不明」1.2 結局どうなのヒュンダイの品質1.3 「音」「臭い」への対処は難しい | 「臭い」は目に ...

続きを見る

参照:Aju News, Business Korea, Info Stock Daily

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f