>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス(LMH)」参戦を発表!これでがぜん盛り上がりそうだ

投稿日:

フェラーリのホイール

| できればランボルギーニ、フォードにもル・マン24時間レースに参戦して欲しいところだが |

さて、フェラーリがル・マン24時間レースのハイパーカークラス(LMH)に参戦すると発表。

現時点ではその詳細、マシンのスペックは明らかではなく、しかし2023年からの参戦を予定している、とのこと。

フェラーリはここ数週間、レギュレーションの検討や車両の設計含む様々なシミュレーションを行ったそうですが、ワールドスポーツカー選手権「最後の」参加からの50周年となる節目に大きな一歩を踏み出すことになりそうですね。

ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」
【動画】あまりに盛り上がらないル・マン・ハイパーカークラス(LMH)!ル・マン24時間レースが公式で「ハイパーカークラスとはなんぞや」を解説

| やっぱり市販車が出場しないと感情移入ができない | さて、もうさっぱり「見込み違い」に終わりそうなル・マン24時間レースのハイパーカークラス”LMH”。今回、ル・マン24時間レースの公式Youtu ...

続きを見る

フェラーリはル・マン24時間レースにて36もの勝利を獲得

なお、フェラーリは過去に36回もル・マン24時間レースでの勝利を記録しており、フェラーリの暫定CEO、ジョン・エルカーン氏によると「我々は70年以上、クローズドホイールカーのレースにおいて、革新的な技術や解決策を用いることで勝利を築き上げてきた。そしてそれらの結果が、マラネロが送り出すロードカーを素晴らしい作品へと育て上げた」。

そして今回、再びその晴れ舞台に立つことでそのプレゼンスを高め、よりロードカーの競争力を高めようということなのでしょうね。

フェラーリは広告を行わない

フェラーリは広告宣伝を行わないことでも知られ、それは「レースに勝つことが最大の広告」だと考えているため。※広告が見られるとすれば、各地のインポーターが行っているもの

つまり、勝利を量産することこそがフェラーリの知名度とブランド価値を最大限に高め、結果的に販売に結びつけることが可能となる(しかも高価格で)わけですね。

そして最近、アルピーヌもこの「フェラーリのビジネスモデル」にあやかろうというコメントを出していますが、フェラーリは今後オープンホイール(F1)のみならずクローズドホイールにおいてもその存在感を強める意向を持っているのだと思われます。

DSC04445

廃止も囁かれたアルピーヌ。CEOが「ミニ・フェラーリを目指す」と発言しフェラーリのビジネスモデルを取り入れることを示唆

| ただし今からフェラーリを目指すのは難しいだろう | 一時は「消滅」の危機すら囁かれたアルピーヌですが、ルノーの新CEOであるルカ・デメオ氏はその存続を決め、さらには「ルノーF1チーム」を2021年 ...

続きを見る

現在、ル・マン・ハイパーカークラス(LMH)にはこんな自動車メーカーが参戦を決めている

今のところ、このル・マン24時間レース「ハイパーカークラス=LMH」に参戦を表明しているのはスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス、トヨタ、プジョー、バイコレス、ポルシェ。

アストンマーティンは一旦参戦を表明するも、経営体制を一新するにあたり、参加表明を撤回しています。

ランボルギーニは「参戦検討中」だと伝えられるも、これは前CEOの体制下での話であったので、今はまた事情が変わっているのかもしれません。

できればル・マン24時間レースに於いて「フェラーリ、ランボルギーニ、ポルシェ」の戦いを見てみたいものですね。

プジョーがル・マン24時間レース「ハイパーカークラス」に参戦するレーシングカーの構造を公開
これがプジョーがル・マン「ハイパーカークラス」に参戦するマシン、HYBRID4 500KWの構造だ!"市販せねばならない"という規則があるが、ちょっと常人が乗るには厳しそう

| 今のところ、プジョーはル・マン ハイパーカークラス参戦にもっとも積極的な自動車メーカー | さて、何を思ったのかル・マン24時間に新設される「ハイパーカークラス」に参戦を表明しているプジョー。現在 ...

続きを見る

ル・マンに復帰するポルシェのハイパーカー
「We Will Back」ポルシェがル・マン復帰を発表!新規定に則りデイトナ参戦も視野に入れる。やっぱりポルシェはこうでないとな

| やはり耐久レースを走ってこそのポルシェ | ポルシェは2017年にル・マン24時間レース含むWEC(世界耐久選手権)から撤退している状態ですが、今回「プロトタイプレースに復帰する」と発表。※画像は ...

続きを見る

トヨタがル・マンを戦うGR010ハイブリッド(ハイパーカー)
トヨタがル・マンを戦うニューマシン、GR010 HYBRIDを発表!ガソリンエンジン680PS、モーター272PS、外観は「開発中の次世代ハイパーロードカーを彷彿」

| このレーシングカーが公道仕様として発売されるとは恐ろしい | さて、トヨタが先般より発表を予告していたル・マン・ハイパーカー。今回「GR010 HYBRID」として発表され、これをもって2021年 ...

続きを見る

ByKollesレーシングによるル・マン・ハイパーカー
ル・マン「ハイパーカークラス(LMH)」に参戦するバイコレスがそのレーシングカーと公道走行バージョンを公開!どうやらLMHは大きな話題を呼ぶことなく終わりそうだ・・・。

| 開催側はきっと「こんなハズじゃなかった・・・」と思っている | さて、盛り上がっているような盛り上がっていないようなル・マン24時間レースの「ハイパーカークラス」。すでにプジョーそしてトヨタ(ガズ ...

続きを見る

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5