>アウディ(Audi) >アストンマーティン(Astonmartin) >シボレー(CHEVROLET) >アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) >シトロエン/DS(CITROEN/DS) ■自動車各社業績/ランキング等 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ジャガー(Jaguar) >ルノー/アルピーヌ(RENAULT/ALPINE) >フェラーリ(Ferrari) >ベントレー(Bentley) >ブガッティ(BUGATTI) >フォード(FORD) >スマート(SMART) >マクラーレン(McLaren) >マセラティ(Maserati) >ポルシェ(Porsche) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >ミニ(MINI) >ランボルギーニ(Lamborghini) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >ロータス(Lotus)

2021年2月の輸入車登録状況!VWの落ち込みが大きくボルボも不振。反面ジープとロータス、アストンマーティンが躍進する

投稿日:

アストンマーティン

| フォルクスワーゲンはプジョーやシトロエンなどフランス勢に対して強みを発揮できていない |

さて、2021年2月の国内自動車登録状況が公開に。

全体を見ると昨年比96%の水準まで回復しており、消費意欲が戻ってきているとも言えそうです。

ただし各ブランドごとにその内容を見てゆくと、すべからく販売を戻しているわけではない模様。

上位だとフォルクスワーゲンのダウンが大きい

ランキング上位だとフォルクスワーゲンが前年比57.8%と大きく沈んでおり、BMWに二位の座を奪われていますが、T-ROCやT-CROSSを投入した割にはあまり芳しくない状態です。

もしかするとこのあたりのSUVは国産メーカーのSUVと競合してしまい、うまく販売を伸ばせていないのかもしれませんね。

加えて、ビートルが販売終了となったこと、ゴルフがモデル末期となったことも響いているのだと思われます。

反面、プジョー、ルノー、シトロエン、DSは販売を大きく伸ばしていて、フォルクスワーゲンブランドそのものが「これらに取って代わられつつある」んじゃないかという気もします。

そのほか、コロナ前まではここ数年ずっと前年超えだったボルボの販売も回復せず、「需要が一巡したのか」それとも「工場が本格稼働していないのか」は不明。

このままだと好調に販売を伸ばしているジープに抜かれることになりそうです。

スポーツカーブランドは悲喜こもごも

そしてスポーツカーブランドだとポルシェが前年比126.1%(これはSUVの伸びが大きいのだと思われる)、フェラーリが77.2%、マセラティが127.3%(レヴァンテが7割くらいを占めるようだ・・・)、ランボルギーニが63.1%、ロータスが178.6%、マクラーレンが68.2%、アストンマーティンが261.1%。

ロータスの伸びは全く(理由が)不明ですが、2月までの累計だと「マクラーレンより売れている」という状況です。

なお、アストンマーティンの成長はDBXの試乗車登録や納車が貢献していると言えそうで、しかしSUV(ウルス)を持つランボルギーニの落ち込みがけっこう大きく、これはちょっと心配なところですね。

ちなみにブガッティが1台納車されている模様。

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのオプション

2021年2月の輸入車登録状況はこうなっている

順位(累計)ブランド当月販売台数昨年同期比今年の累計昨年同期比
1メルセデス・ベンツ3,93091.6%7,59089.6%
2BMW3,094113.6%4,419115.3%
3フォルクスワーゲン2,24457.8%6,71260.8%
4アウディ1,833101.4%3,351101.7%
5MINI1,475114.6%2,786116.6%
6ボルボ1,26190.5%2,40890.2%
7ジープ1,092110.6%2,045108.7%
8プジョー1,040145.9%2,001143.8%
9ポルシェ691126.1%1,242129.5%
10ルノー723139.0%1,129119.7%
11フィアット449107.4%841122.1%
12シトロエン363118.6%775132.5%
13ランドローバー23061.5%53180.8%
14アバルト16283.9%324106.2%
15アルファロメオ172147.0%296133.9%
16ジャガー7556.4%11152.4%
17フェラーリ7877.2%16083.8%
18マセラティ70127.3%121136.0%
19DS60139.5%118106.3%
20ランボルギーニ5363.1%9963.5%
21キャデラック5192.7%7373.7%
22ベントレー2893.3%74129.8%
23フォード46135.3%66113.8%
24ダッジ46121.1%82149.1%
25ロータス25178.6%36100.0%
26マクラーレン1568.2%2859.6%
27スマート14.2%22.5%
28アストンマーティン47261.1%77202.6%
29ロールスロイス20153.8%3191.2%
30シボレー24109.1%58161.1%
31アルピナ31206.7%49163.3%
32ヒュンダイ233.3%6100.0%
33ブガッティ1100.0%1100.0%
累計19,74496.0%35,97296.5%

合わせて読みたい、関連投稿

メルセデス・ベンツ
2021年1月の輸入車登録ランキング!BMWが2位に浮上、アメ車は好調、イギリス車は不調という傾向が明白に。なおヒュンダイは4台が登録、紅旗はまだその名が見えず

この記事のもくじ1 | 先行き不透明な状況では、上品なクルマよりもアクの強いクルマが売れる? |1.1 いくつかのブランドでは動きがあったようだ1.2 話題となった中国「紅旗」は? | 先行き不透明な ...

続きを見る

フェラーリ・ローマ
誰がそんなに買ってるの!?2020年11月、昨対でもっとも伸びたのはフェラーリの「2.6倍」!なお今年一番成長したブランドもフェラーリ

この記事のもくじ1 | やっぱりフェラーリのブランド価値は絶大だ |1.1 「昨年超え」はこのブランド1.2 ただしフェラーリは「受注生産」2 2020年11月の輸入車登録台数はこうなっている | や ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン
ランボルギーニの2020年世界販売は-9%の7,430台!コロナ禍にて70日間も工場が稼働停止するも力強い需要に支えられ、すでに「2021年前半分の生産キャパを超える受注を獲得」

この記事のもくじ1 | ランボルギーニの2020年はコロナ禍にも関わらず強いブランドパワーを発揮した |2 2020年のランボルギーニ出荷台数は前年比-9%2.1 モデル別の販売内訳はこうなっている2 ...

続きを見る

参照:日本自動車輸入組合

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f