>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アルピナが最新モデル「B8グランクーペ」発表!ファーストクラスの乗り心地を目指しながらも最高速はM8を大きく上回る323km/h

投稿日:

アルピナが最新モデル「B8グランクーペ」発表

| アルピナは紳士協定に関係なく最高速を追求できる |

さて、アルピナがその最新モデル、「B8グランクーペ」を発表。

もちろんBMW 8シリーズ(グランクーペ)をベースにしたハイパフォーマンスカーですが、パワーや加速性能が「8シリーズ以上、M8以下」に落ち着けられており、ここ最近の特徴でもある「BMWの穴をアルピナが埋める」という補完体勢が見られます。

アルピナB8グランクーペはこんなクルマ

そこで今回発表されたアルピナB8グランクーペを見てみたいと思いますが、外観の変化は(8シリーズから)さほど大きくはなく、フロントスポイラーにリアスポイラー、そしてリアディフューザーの相違くらい。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (3)

ただし「アルピナをアルピナたらしめている」のはそのボディカラーとホイール。

公式フォトのボディカラーは「アルピナ・グリーン・メタリック」で、これは「アルピナ・ブルー・メタリック」と並んでアルピナを代表するボディカラーとして知られます。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (2)

加えてホイールはアルピナ伝統の「アルピナクラシック(21インチ)」、タイヤは専用の21インチサイズ。

なお、ブレーキキャリパーは専用のブレンボ製です(軽量キャリパー採用)。

サスペンションについてもアルピナ独自の仕様となり、「ファーストクラスの乗り心地」を目指し、しかし柔らかいだけではなく「正確無比な」ハンドリングを実現。

スプリングにはアイバッハ製を採用し、スウェイ・バーの強化、サスアーム(ロワー側)強化、ハイドロマウント化(フロント側)が施されるほか、リアアクスルステアリング、専用チューンのLSDも採用されています。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (5)

アルピナB8グランクーペに搭載されるエンジンは4.4リッターV8、出力は620PS(612HP)。

これはBMW M850iの523HPよりも高く、しかしM8コンペティションの617HPよりはちょっと抑えめ。

トランスミッションはおなじみZF製の8速オートマティックですが、アルピナ専用のチューニングが施されている、とのこと。

もちろんエキゾーストシステム(ステンレススティール製)は専用品となっていて、音量を3段階にて調整でき、「魅力的なV8サウンド」を届けてくれるようですね。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (6)

アルピナB8グランクーペのインテリアはこうなっている

そしてこちらがアルピナB8グランクーペのインテリア。

もちろん多種多様なカラーを揃えており、しかしこのオフィシャルフォトの個体に採用されるのはボディカラーのグリーンとマッチングの良いブラウンレザー。

シートにはヒーターとベンチレーターが内蔵され、4ゾーンエアコン、パノラミックグラスルーフ、ハーマンカードン製オーディオシステム(16スピーカー)を備えるとアナウンスされています。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (7)

内装トリムは「ハイグロス仕上げのウッド」、そしてシフトセレクターはスワロフスキー、iDriveコントローラーも専用デザイン(アルピナのプレートも装着されている)。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (8)

メーター(12.3インチ)とインフォテイメントシステム(10.25インチ)のサイズは標準の8シリーズと変わらず、しかしグラフィックはアルピナ専用(BMWはベース車両開発の段階からアルピナの設定を予定してアルピナ専用のデザインを仕込んでいる模様。アルピナでなくともコーディングにて”アルピナデザイン”を呼び出せるらしい)。

2022-BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe-26

アルピナは「最高速重視」

このアルピナB8グランクーペにつき、0-100km/h加速は3.3秒、最高速度は323km/h。

0-100km/h加速はM8コンペティションの3.2秒には及ばず、しかし最高速はM8コンペティションの305km/hを大きく凌駕しています。

これはアルピナ全般に言えることではありますが、このB8グランクーペにおいても「加速性能」より「最高速」を重視しているようですね(さらに言うならば、「快適性」も)。

なお、アルピナはパフォーマンスを向上させるにあたり、トランスミッションオイルクーラーやインタークーラー等の冷却系を大幅強化しており、とくにインタークーラーについてはM850i(クーペ)に比較しても50%面積を拡大している、と述べています。

BMW-Alpina-B8-Gran-Coupe (4)

今のところ日本での価格設定は公表されていませんが、北米だとM8グランクーペよりも9,900ドル高価だとされるので、M8クランクーペの2194万円よりも高い値付けとなるのかもしれません。

合わせて読みたい、BMW M8/アルピナ関連投稿

BMWで初めて手放し運転導入!新型M8グランクーペが2194万円にて国内発売。もっとも安価なM8、もっとも使い勝手のいいM8として人気が出そう

| BMW8シリーズはこれで早くも9モデル構成に | BMWが日本市場において「M8クランクーペ」「M8グランクーペ・コンペティション(Competition)」を発表。BMWは2019年に新型「8シ ...

続きを見る

アルピナがBMW X7よりも高級でパワフルな「BX7」発表!BMWを超えた事実上”X7のフラッグシップ”

| BMWはX7 Mを作らない | アルピナが予告通りXB7を発表。これはBMW X7のアルピナ版ということになりますが、単なるチューニング版ではなく、アルピナが独自の解釈と設計を盛り込んだコンプリー ...

続きを見る

アルピナが世界最速セダン”B5ビターボ”発表、最高速はスーパーカーもびっくりの330km/h!ワゴン版”ツーリング”、ディーゼル版”D5 S”も登場

| 価格はB5ビターボ(セダン)で1898万円 | BMWは先日(フェイスリフト版となる)新型5シリーズを発表していますが、今回はアルピナが(ベースモデルの5シリーズが新型へとスイッチしたため)新しく ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5