>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタ「世界中に安全と安心を届けたい」→未開の地にワクチンを届けるランドクルーザー78「ワクチン輸送車」誕生。WHOに承認された世界初の保冷輸送車に

投稿日:

トヨタ「世界中に安全と安心を届けたい」。未開の地にワクチンを届けるランドクルーザー78「ワクチン輸送車」誕生

| さすがにこの役割はランクルにしかできない |

さて、世界中にて重要な存在でもあるワクチン。

ただしその輸送には厳しい温度管理が要求されることもよく知られ、しかし今回トヨタ自動車がランドクルーザー78をベースにしたワクチン保冷輸送車を製造し、WHOの認定を取得した、と発表。

トヨタはかねてより「しょうどく大使」など、コロナウイルス関連製品を多数リリースしていますが、このあたりは「日本の自動車産業を牽引するリーダーとしての使命」を果たそうとしているのかもしれません。

ワクチン保冷輸送車の認証は世界初

なお、今回のワクチン保冷輸送車は「トヨタ自動車株式会社」「B Medical Systems」「豊田通商株式会社」との協業によって誕生したもので、世界保健機関(WHO)が定める医療機材品質認証(Performance, Quality, Safet=PQS)を取得したワクチン保冷輸送車はこれが「世界初」。※認証登録会社は豊田通商

ワクチン保冷輸送車のスペックはこうなっている

今回のランドクルーザー78「ワクチン保冷輸送車」については、プレスリリースを読む限りではコロナウイルス用のワクチン輸送に加え、その他様々なワクチンに対応する模様。

トヨタが今回ランクルをベースに選んだのは「途上国において、せっかくワクチンの提供を受けたとしても、国内の病院や診療所に配送するまでに、道路インフラが未整備であったり、保冷輸送手段がないために、毎年ワクチンの2割が廃棄されてしまう」ことが主な理由。

もちろんランドクルーザーの走破性を活用し、どのような地域にでもワクチンを届けることを目的としていますが、もしこの2割のワクチンを接種することができたなら、毎年150万人の子どもの命が救えるとも発表されています。

トヨタは本プロジェクトに関し「安全と安心を届けたい」とも述べ、まさにランクルにしかできない役割なのかもしれませんね(シュノーケルつきのタフな仕様で、どんなところでも走ることができそうだ)。

そしてこのランドクルーザー78「ワクチン保冷輸送車」のスペックは下記の通り。

ランドクルーザー78「ワクチン保冷輸送車」のスペック

  • 車両はトヨタ ランドクルーザー78を使用し、積載するワクチン専用冷蔵庫は、B Medical CF850を使用
  • 冷蔵庫容量は396L=ワクチンパッケージ400個分の容量
  • 冷蔵庫は独立のバッテリーにより電源無しで約16時間稼働
  • 冷蔵庫は走行中は車両から充電し、駐車中は外部電源から充電可能

合わせて読みたい、ランドクルーザー関連投稿

トヨタ・ランドクルーザーはこうして世界で愛されるようになった!その誕生から進化、未来まで

この記事のもくじ1 | FJの「J」はジープの「J」だった |1.1 ランドクルーザー誕生は1951年、GHQの要請にて1.2 BJからFJへ1.3 こんな記事も読まれています | FJの「J」はジー ...

続きを見る

祝!ランクルが累計販売1000万台を達成。トヨタ「お客様が1,000万通りの道を走り、クルマを鍛えた轍の上にランクルが存在している」

| そこにはトヨタの「命を乗せ、いかなる地にも行って帰ってこれるように」という思いがあった | トヨタが、「ランドクルーザーの累計販売台数が、2019年8月末で1000万台を超えた」と発表。ここ数年、 ...

続きを見る

トヨタが「2029年に月に送り込む」ランクル顔月面車の名称を「ルナクルーザー」に決定したと発表。ランクル精神はついに宇宙へ

この記事のもくじ1 | 月のみならず火星での活躍にも期待 |1.1 ついにトヨタ車が月面を走る1.2 ほかに月へと送り込まれたのはこんな車両1.3 こんな記事も読まれています | 月のみならず火星での ...

続きを見る

参照:TOYOTA

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5