>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニがワンオフ仕様のアヴェンタドールSVJロードスターを公開!ボディカラーはマットブルー、アクセントはブラックとオレンジ

投稿日:

ランボルギーニがワンオフ仕様のアヴェンタドールSVJロードスターを公開

| アヴェンタドールSVJロードスターのインテリアも外装とシンクロした仕様へ |

さて、ランボルギーニがワンオフ仕様のアヴェンタドールSVJロードスターを公開。

ランボルギーニは自社にてパーソナリゼーション部門「アドペルソナム」を持ちますが、そこでカスタムされたのが今回のアヴェンタドールSVJということになります。

現在スーパーカーメーカー各社とも「メーカー純正カスタム」に力を入れていて、どういったカスタムを施すことができるのかを自ら示すことにより、カスタム市場を盛り上げてゆきたい意向なのでしょうね。

ボディカラーはマット仕上げのBlu Aegeus

今回公開されたアヴェンタドールSVJロードスターに用いられるボディカラーは「Blu Aegeus(ブルー・エイゲウス)」。

これはウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダーが発表された際に登場した新色で、Blu Aegeusの”Aegeus”は、日本だとアイゲウスと表記されることも多く、ギリシャ神話上では「アテネの設立者」にしてその王であり、「エーゲ海」の名称の由来とされるもの。

ランボルギーニは車名に対し、闘牛もしくは牛由来のものを使用するケースがほとんどですが、ボディカラーやホイールの名称についてはギリシア神話や星座にちなんだものが多く、これはランボルギーニの「牛」エンブレムについて、創業者であるフェルッチョ・ランボルギーニの星座が「おうし座だったから」と言われる説を裏付けるものかもしれません(ほかには、フェラーリの”馬”に対抗し、パワフルさを示したかったという説もある)。

IMG_5038

用いられるアクセントはブラックそしてオレンジで、ホイールやセンターロックナットは「ブラック」、ブレーキキャリパーは「オレンジ」。

フロント〜サイド〜リアアンダーにはオレンジのラインが入り、Cピラーとウイングステー(センター)にもオレンジのラインが入ります。

なお、このウイングステーの処理は秀逸で(アヴェンタドールSVJロードスターにて初採用されたものだと記憶)、ここのカラーをちょっと変えるだけでずいぶん印象が変わるようですね。

IMG_5037

アヴェンタドールSVJロードスター「アドペルソナム」仕様のインテリアはこうなっている

そしてこちららアヴェンタドールSVJロードスターのインテリア。

ブラックをベースにブルーとオレンジのアクセント、そしてカーボンファイバーが使用されています。

ダッシュボードにはオレンジのステッチとブルーのライン、ステアリングホイールの12時位置にはブルーのセンターマーク入り。

IMG_5041

シートにはブルーアクセント、そしてオレンジステッチ、ヘッドレストにはオレンジにてランボルギーニ・クレスト(エンブレム)の刺繍入り。

サイドのボルスター部分にはオレンジにて「SVJ」ステッチが入っていますね。

シートベルトにはオレンジが採用されています。

IMG_5042

ちなみにこのアヴェンタドールSVJの外装コンビネーション「ブルー、オレンジ、ブラック」というのはぼくのウラカンEVO RWDと同様の組み合わせ。

ただしインテリアについて、ぼくのウラカンEVO RWDにはブルーを一切用いておらず、しかしこのアヴェンタドールSVJを見ると「ブルーのEVOトリムを選択しておいても良かったか」と考えたりします(インテリアについては、なかなか満足する仕様に仕上げるのが難しい)。

IMG_5040

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのインテリア
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着した内装オプション!イメージは「ネオクラシックな(ちょっと前の)スーパーカー」

この記事のもくじ1 | ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDに装着した内装オプションの総額は110万円くらい |2 基本的な内装色はブラック(標準)2.1 イメージは「ネオクラシカルなスーパーカー風 ...

続きを見る

合わせて読みたい、ランボルギーニ関連投稿

まさかの「ランボルギーニ・アヴェンタドールにディッシュ」ホイール
まさかの「ランボルギーニ・アヴェンタドールにディッシュ」ホイール!かつてのポルシェ935をイメージしたデザインが秀逸

この記事のもくじ1 | 最近はクラシックモデルのデザインをフィーチャーしたホイールもチラホラ |1.1 一部レーシングカーでは「おなじみ」ではあったが1.2 ランボルギーニ・アヴェンタドールがディッシ ...

続きを見る

カスタムされたランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
ランボルギーニも公式カスタムを公開!アドペルソナムにて仕上げられた「ブルー・ウラヌス・マット」のウラカンEVO RWD

この記事のもくじ1 | いくらくらいコストがかかるのか、ちょっと気になる |1.1 それはランボルギーニとて例外ではない1.2 なぜスーパーカーメーカーはカスタムに力を入れるのか1.3 新しく公開され ...

続きを見る

マギーがランボルギーニ「ザ・ラウンジ東京」を動画で紹介
【動画】マギーがランボルギーニ「ザ・ラウンジ東京」を紹介する!なお日本での純正カスタム率は世界トップの80%、あの「アヴェンタドール山本」も販売されるようだ

この記事のもくじ1 | これだけの内容であれば、ぜひ「ザ・ラウンジ東京」に行かねばなるまい |2 ランボルギーニ「ザ・ラウンジ東京」の中はこうなっている2.1 ランボルギーニ・ザ・ラウンジの2Fはこう ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5