>中東の自動車メーカー ■映画や音楽、本、ゲームについて

「ワイルド・スピード」に登場し話題となったライカン・ハイパースポーツとはいったい何だったのか?3.7億、限定7台にて発売されるも「1台も生産されていない」「壮大な詐欺だった」説

投稿日:

「ワイルド・スピード」に登場し話題となったライカン・ハイパースポーツとはいったい何だったのか?

| やはりスーパーカー/ハイパーカービジネスは難しい |

さて、映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」に登場したことで一躍有名になった”中東初の”スーパーカー、ライカン・ハイパースポーツ。

しかしその後大きな話題となることもなく、著名コレクターが購入したという話も、ドラッグレースやサーキットにてほかを圧倒するタイムを出したという話も聞かず、「あれはいったい何だったのか」という動画が公開に。

ライカン・ハイパースポーツはこんなクルマ

ライカン・ハイパースポーツはドバイ拠点の「Wモータース」が発売するクルマですが、もともとは「ピュアエレクトリックスーパーカー」として9台の限定生産として計画されるも、結局はガソリンエンジン搭載車として7台のみが販売されています。

なお、その価格は340万ドルつまり日本円にするとおおよそ3億7000万円ほどという高額車両。

デザイナーはフランス人の「アントニ・ジャナルリ」氏だと言われていますね。

21-05-04 10.25.29

ライカン・ハイパースポーツのデザイナーが立ち上げた新ブランド「Jannarelly」。日産の3.5L/V6エンジンを搭載し、重量760kgでデビュー

| トランスミッションはMTのみ、ドライバーズエイドなしのスパルタンモデル | ドバイ拠点の新興ハイパーカーメーカー、「Wモータース」が発売したライカン・ハイパースポーツ。その過激なスタイリングにて世 ...

続きを見る

搭載されるエンジンは4リッター・フラットシックス・ツインターボ、出力は780馬力、0−100km/h加速は3秒以下、最高時速395キロだというのが公式なスペックで、しかし高価な理由としてはそのエンジニアリングの他にもいくつか理由があり、「ヘッドライト内にダイヤモンドを仕込んでいる」「シートなど内装のステッチにゴールドの糸を使用している」といったものも。

その他の特徴としては「インフォテイメントシステムにホログラムを使用している」「ユニーク・リバース・ディヘドラルドア(バンザイドア)採用」等があり、とにかくあらゆる方面において世界を驚かせたのがライカン・ハイパースポーツということになりますね。

ちなみにエンジンやトランスミッション含む車体の基本はRUFが製造し、内装や外装含む最終的な製造はオーストリアのマグナシュタイアが担当したとされ、中身はRUF CTR3だとも報じられています。※RUF CTR3の新車価格は75万ドル

021-05-04 10.42.22

【競売】世界に7台、RUF CTR3クラブスポーツ。ポルシェ911を28センチ延長してミドシップ化したスーパーカー

| あのラルフ・ローレンも(普段用に)乗っていた | RMサザビーズ(RM Sotheby's)開催のオークションにて、RUF CTR3が登場予定。 ルーフはポルシェの「チューナー」としても知られます ...

続きを見る

実際にライカン・ハイパースポーツは(関係者以外)誰も運転したことがない

そこで奇妙な事実として浮かび上がるのが、「ライカン・ハイパースポーツを運転したことがある人はだれもいないのでは」という疑惑。

Wモータースはユーチューバーに対しても、外観のレビューを許しこそすれ運転を許可しておらず、実際に走行する姿が公開されているのはオフィシャルビデオのみ。

いくつか「動く」個体があるものの(いずれも関係者によって運転されている)、その個体が「本来の性能を有しているとは思えず、他の車の車体を使用したレプリカ」なんじゃないかとも言われます(ワイルド・スピードに登場したのはポルシェ・ボクスターをベースにしたレプリカ)。

つまり、「市販スペック」を持つ個体は存在しないんじゃないかということですね。

そのスペックも二転三転

加えて、「780馬力、0−100km/h加速3秒以下」というスペックについても二転三転し、これまでのプレスリリース、プロモーションビデオでは「770馬力」「750馬力」という記載も見られ、加速についても公式資料にて「2.9秒」「2.8秒」という数字が混在することに(WモータースCEOは”2.6秒”と発言したことも)。

反面、こういった加速や最高速のほか、たとえば車体重量や重心、エアロダイナミクスふくむ空力性能等について語られることはなく、これもまた「実在し、本当にその数字にて走ることができるのかどうか」という疑問を感じさせるところです。

2021-05-04 10.40.49

なお、Wモータースの母体はコンサルティング業を行う中東の企業で、Wモータースを興したのは当時25歳のレバノン人ビジネスマン、ラルフ・デバス氏。

同氏は(そのSNSの投稿内容からして)カーガイというよりは、あくまでもラグジュアリーを提供するビジネスマンであり、ライカン・ハイパースポーツを「非常に裕福な人々に向けて販売することで」ビジネス的な成功を目論んだと考えるのが自然かもしれません(だからこそ、メカニカル的なことには一切言及しなかった)。

このあたりはクリスチャン・フォン・ケーニグセグ氏、オラチオ・パガーニ氏とは大きく異るところですね。

【動画】製造元はライカン・ハイパースポーツをリリースした「Wモータース」!ドバイ警察がまたスーパーなパトカーを導入したぞ

| ドバイがまた凄そうなパトカーを導入した | ドバイ警察はブガッティ・ヴェイロンやランボルギーニ・アヴェンタドールなどのスーパーカーをパトカーとして保有していることで知られますが、今回は別の意味で凄 ...

続きを見る

本当にライカン・ハイパースポーツは販売されたのか

Wモータースによると、ライカン・ハイパースポーツは2013年12月に「最初の1台」が中東のバイヤーに販売されたとのことで、7台の枠に対して100台の申し込みがあったと言われるものの、その後2018年にもまだ新車が販売されており、このあたりは「どうなっているのか」謎が謎を呼ぶところです。

ベースがルーフCTR3なのであれば、さほど労力をかけずとも生産できそうなものではありますが、これまで公開された車体は(ボディカラーが何度か変わっているものの)いずれも同じシリアルナンバーを持っており、実際にはプロトタイプ以外存在しないという憶測も出ている模様。

021-05-04 10.52.14

こういったところからも「ライカン・ハイパースポーツは壮大な詐欺だったのでは」と言われているわけですが、詐欺といっても「代金を受け取って発売しなかった」という話は聞かず、単に「発売しようとしたができなかった」という類だと思われ、ここにスーパーカー/ハイパーカービジネスの難しさを見た思いです。

限定7台に対して100件の申し込みがあったとされるも未だ新車で販売中。ライカン・ハイパースポーツは実際売れてない?

| なぜ新車?ライカン・ハイパースポーツが販売中 | あのライカン・ハイパースポーツが3億8000万円のプライスタグをつけて販売中(ジェームズ・エディションに掲載中)。正規ディーラーでの販売ではないも ...

続きを見る

ライカン・ハイパースポーツ「詐欺説」を検証する動画はこちら

合わせて読みたい、ライカン・ハイパースポーツ関連投稿

ドバイのディーラーがライカン・ハイパースポーツ、フェニア・スーパースポーツを中古で販売中

わずか7台のみが製造された、ライカン・ハイパースポーツが中古市場に登場。 ライカン・ハイパースポーツはドバイを拠点とする「Wモータース」の最初の市販車となりますが、今回中古にて販売されるのもやはりドバ ...

続きを見る

【動画】ワイルド・スピードで有名になった「ライカン・ハイパースポーツ」。その価格3.5億、アブダビ警察が世界で最も高価なパトカーを公開

| 所有するパトカーを合算した金額だとドバイ警察のほうがおそらく高額に | 「ライカン・ハイパースポーツ」の生産で知られるWモータースが新しくプロモーションビデオを公開。これはアブダビ警察が所有するラ ...

続きを見る

参照:Donut Media

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->中東の自動車メーカー, ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5