>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

アバルトが公式にて1965年の「最も成功した黄金期のレーシングカー」、1000SPへのオマージュを製作。現時点では1台のみ、残念ながら量産の予定はないようだ

投稿日:2021/05/16 更新日:

アバルトが公式にて1965年の「最も成功した黄金期のレーシングカー」、1000SPへのオマージュを製作

| アバルトは今後に向けてブランド再構築? |

おそらくはステランティスの中では「もっともスパルタンな」ブランド

さて、アバルトがアルファロメオ4Cをベースに、1960年代の名車、「1000SP」へのオマージュモデルを製作したと発表。

スペックとしてはベースとなるアルファロメオ4Cと変わらず、カーボンファイバー製のシャシータブにマクファーソンストラット式のリアサスペンション、ミッドマウントされた1742ccのターボチャージャー付き4気筒エンジン(最高出力237hp/240ps)という内容です。

アバルトとはなんぞや

なお、アバルトは現在ステランティス傘下のいちブランドですが、もとはというと独立したカルロ・アバルトによって設立されたファクトリー。

主にフィアットやアルファロメオのクルマをベースとしてチューニングを施してレースに参戦し、数々の輝かしい記録を残した名門です。

1960年代に入るとアバルトは最盛期を迎えますが、1970年代になると勝利や知名度の向上に反比例して資金が枯渇するようになり、やむなくフィアットとの経営統合を行なうこととなっています。

そのスタイリングはまさに1000SP

そしてアバルトにとってもっとも成功したレーシングカーのひとつが1000SP(左)。

1965年にマリオ・コルッチの設計によって誕生した、アバルト初の鋼管スペースフレームを持つ自社製レーシングカーです。

ボディ形状はオープン2シーター(イタリアでは”バルケッタ”ということになる)、そしてエンジンはミッドマウント。

Abarth-1000-SP-ne-4

ボディパネルはグラスファイバー製で、クラッシュの際に容易に交換でき、整備も楽に行えるように考慮された構造を持っています。

ボディサイズはわずか全長3445ミリ×全幅1625ミリ×全高930ミリ、そして重量は信じられないことに480kg(ポルシェ・ベルクスパイダーの”384kg”には負ける。

エンジンは105馬力を発生するDOHC4気筒982cc、トランスミッションは5速MT、サスペンションはダブルウィッシュボーン、ホイールはカンパニョーロによるマグネシウム製。

最終的な生産台数は50台だと言われます。

参考【動画】ポルシェの作った「軽量な車」トップ5。No.1はなんと重量384キロ、275馬力の”ベルクスパイダー”

| 知らない車がけっこうあった | ポルシェは先般より、様々な角度にてポルシェの考える「トップ5」を選出し動画で公開していますが、今回は「ポルシェ史上、もっとも軽量な車トップ5」が動画で公開に。 これ ...

続きを見る

Abarth-1000-SP-ne-3

そして「新」アバルト1000SPを見ると、オリジナルの1000SPの特徴でもある「大きく盛り上がった前後フェンダー」にはじまり、ランプ形状やボンネット状のスリット、大きなフロントスクリーン(これは当時のFIAの定めた基準によるもので、このサイズにならざるをえなかった)と独特な形状のサイドウインドウもしっかり再現されています。

リアだとロールバー、テールランプ、グリルといった部分も共通していますね。

Abarth-1000-SP-ne-2

アルファロメオ4Cからはこう変わった

なお、こちらがベースとなったアルファロメオ4C。

2018-alfa-romeo-4c-7

そしてこちらがアバルト1000SP。

Abarth-1000-SP-ne-6

言われなければアルファロメオ4Cがベースだとはわからないほどですね。

Abarth-1000-SP-ne-5

なお、ステランティスによると、このアバルト1000SPは1台のみが生産され、様々なイベントにて使用されることになるそうですが、今後量産の計画はない、とのこと。

しかしステランティスは傘下にあるすべてのブランドに対し、「ブランド再構築のために必要な資金、そして10年の猶予を与える」ともコメントしており、もしかするとアバルトも再生のためにもなんらかの計画を持っているのかもしれません。

そしてアバルトは「歴史」「実績」という点においては申し分なく、独自のポジションを構築できる可能性が高い、とも考えています。

ランチア・ストラトス
ステランティスが「傘下の14ブランドにつき、ブランド確立のために10年の猶予と、必要な予算を与える」。これはもうランチア・ストラトス、デルタの復活を期待するしかない

この記事のもくじ1 | ステランティスは「太っ腹」ではあるが資金はちょっと心配だ |1.1 現状、いずれのブランドも「廃止」はない1.2 すでにいくつかのブランドは路線を変更1.3 なんといってもラン ...

続きを見る

合わせて読みたい、アバルト関連投稿

最後のアバルト124スパイダー
さよならアバルト124スパイダー!日本でも販売が終了となり、最後の一台がチャリティオークションへ

この記事のもくじ1 | アバルト124スパイダー試乗時の素晴らしい感触は今でも忘れない |2 「最後のアバルト124スパイダー」はこんな仕様を持っている2.1 そのほかにはこんなアバルト関連オークショ ...

続きを見る

アバルト595ヘラクレス(Pogea Racing)
なぜアバルトのチューンはどいつもこいつも過激なのか!ワイドボディ、217馬力の「アバルト595ヘラクレス」登場

この記事のもくじ1 | その外観は「手が入ってないところを探すのが難しい」ほど1.1 アバルト595ヘラクレスはこんなクルマ2 アバルト595には過激なチューンが多い2.1 アバルトはメーカー純正でも ...

続きを見る

アバルト黄金期をイメージした限定モデル「アバルト695 70°」発表!手動式のアグレッシブなリヤスポイラー装備のハードコアモデル

| ボディカラーは当時モンツァで記録を達成した車両が身にまとう「グリーン」 | アバルトが新しい限定モデル、「アバルト695 70°」を公開。これはアバルト70周年を記念したもので、カルロ・アバルトに ...

続きを見る

参照:ABARTH

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5