>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニは間もなく今後数年にわたる未来のビジョンを公開!あわせて「カウンタックオマージュ」のシアンを発表するとのウワサも

投稿日:

ランボルギーニ・カウンタック

| ランボルギーニは今後どういった変化を迎えるのか、その方向性には注目だ |

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50周年

さて、ランボルギーニは18日に「Vision for the future of Automobili Lamborghini(アウトモビリ・ランボルギーニの未来のビジョン)」と題したオンラインイベントを開催すると発表しており、ここでは今後数年間にわたるブランドの計画を発表すると言われます。

そしてこれに関して語られているのが「ランボルギーニは、シアンをベースとしたカウンタックへのオマージュモデル」が同時に発表されるのでは、ということ。

4.40

ランボルギーニのハイパーカー「シアンFKP37」「シアン・ロードスター」の限定台数はなぜ63台と19台?なお「SCV12」のパテント画像が一般公開に

| シアン・ロードスターの「19」は1963年の「19」だった | さて、ランボルギーニはつい先日、少量限定モデル「シアン・ロードスター」を発表しましたが、これは「19台のみ」の限定モデル。そしてクー ...

続きを見る

新たなるランボルギーニの限定モデルは50〜100台の限定生産?

なお、この「カウンタックオマージュ」は50〜100台の限定モデルになるともウワサされていますが、その内容は全く不明。

ちなみにランボルギーニは過去にアヴェンタドールに対し「ミウラ・オマージュ」を50台のみ限定にて設定しており、しかしこれは構造的な変更はなく、主にはボディカラーを当時の「ミウラっぽく」変更したもの。

ランボルギーニがアヴェンタドールにミウラカラーの「ミウラ・オマージュ」設定。限定50台で発売

| ランボルギーニ・ミウラは50周年 | ランボルギーニがミウラの50周年を記念し「ランボルギーニ・アヴェンタドール・ミウラ・オマージュ」を公開。ランボルギーニ社のパーソナリゼーション部門「アド・ペル ...

続きを見る

そして今回の「カウンタックオマージュ」についても、このミウラ・オマージュ同様に「シアンのボディカラーをカンタックっぽく」表現したものだと言われますが、現時点では公的にはなにも語られておらず、ボディ形状の変更があるのかどうか、どういった仕様になるのかは一切不明です。

ただ、「シアンのボディカラーを変更したのみ」であれば、63台限定として発売され、それを前提に購入したシアンのオーナーに対して申し訳がたたず、よってシアンとは若干の差異が設けられる可能性があるのかもしれません。

参考までに、「ミウラ・オマージュ」はミウラの50周年記念モデルとして誕生していますが、今年はランボルギーニ・カウンタックの発表50周年でもあり、カウンタック・オマージュ発表の「舞台」として申し分ない、といえる環境です。

ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ
ランボルギーニ・カウンタックは今年で50歳!1971年3月11日、午前10時に公開されたようだ。なお、ついに公式にて「カウンタック」の名の由来が語られる

| ボクは今までパオロ・スタンツァーニ説を信じていたが | ランボルギーニが「3月11日にて、カウンタックLP500がちょうど50歳を迎えた」と発表。ランボルギーニ・カウンタックLP500は1971年 ...

続きを見る

もともとシアンFKP37はカウンタックを意識したデザインを持っている

なお、シアンFKP37はコンセプトカー「テルツォ・ミッレニオ」のイメージを色濃く残していますが、そのディティールとしてはカウンタック含む過去のランボルギーニへのオマージュと言えるデザインを持っている模様。

a14e4527-lamborghini-sian-16

たとえばシアンのサイドウインドウのグラフィック(リアクォーターウインドウの端が切り上がっている)は現行ランボルギーニには採用されていないデザインですが、かつての「ミウラ」に採用されたもの。

加えてCピラー、各パネルの間に見られるルーバーもまた、ミウラへのオマージュだと考えられます。

L1090387

そしてルーフ中央のくぼみからリアフードまでの流れはランボルギーニ・カウンタック。

46912388165_c214f79492_k

テールランプの「3連」はシアンのデザイン的特徴のひとつですが、これは公式にカウンタックの「3連」ランプユニットにインスパイアされた、と語られています。

そのほか、シアンのフロントフードの台形型プレスラインもカウンタックを彷彿とさせる部分ですね。

691850ec-lamborghini-sian-06

あわせて読みたい、ランボルギーニ・シアン関連投稿

これがランボルギーニの未来!63台限定、2億7000万円の「Sián(シアン)」発表。V12+HVで819PSを発生するランボルギーニ初の「ハイブリッド」

| パワーこそ控えめだが、そのハイブリッドシステムには「世界初」が詰まっている | ランボルギーニが新型ハイパーカーにして超限定モデル、「Sián(シアン)」を発表。ベースとなるのはアヴェンタドールで ...

続きを見る

ランボルギーニ・シアンの納車風景(動画)
【動画】北米第一号、価格3.4億円の「ランボルギーニ・シアンFKP37」はこうやって納車される!木箱にラッピング、サンタクロースからの贈り物風に

| ここまで大掛かりな演出を行なう納車イベントもそうそうない | さて、北米市場にて第一号とされるランボルギーニ・シアンFKP37が納車されることに。その様子を動画にて公開したのはスーパーカー系ユーチ ...

続きを見る

ロンドンにて納車されたランボルギーニ・シアンFKP37
イギリスに納車される3台のランボルギーニ・シアンFKP37のうち2台が集結!そのうち1台はまさかの「JPSロータス」風

| たしかにランボルギーニというと「ブラックとゴールド」のイメージはあるが | さて、ここ最近北米にて複数台のランボルギーニ・シアンFKP37が納車になったと報告されていますが、今回は「ロンドン」てに ...

続きを見る

参照:Lamborghini, Supercarblog

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5