ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ8)を見てきた!VWにとって「外してはならぬ車」だけあって入魂の仕上がりとなっているようだ

投稿日:2021/06/26 更新日:

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ(ゴルフ8)を見てきた

| ゴルフ7でも完璧に近いと考えていたが、さらにその上を行っている |

とくに運転支援、安全装備とインフォテイメント系には注力してきたようだ

さて、新型フォルクスワーゲン・ゴルフが近隣のディーラーにも配備され、車輌のチェックを行ってきたので、ざっとその印象を紹介してみたいと思います。

結論から言うと、新型ゴルフ8はとんでもなく優れたクルマだと言って良く、この価格でこの内容のクルマを出されると、さぞやほかのメーカーが困るだろうな・・・という印象です。

見積もりも取得しており、ここでその内容とあわせて新型ゴルフ8がどんなクルマなのかを見てみましょう。

L1330658

新型フォルクスワーゲン・ゴルフは大きく分けて4種類

現在ゴルフ8のラインアップは4種類で、エントリーモデルから順にeTSIアクティブベーシック(2,916,000円)、eTSIアクティブ(3,532,000円)、eTSIスタイル(3,903,000円〜)、eTSI Rライン(3,953,000円〜)。

前2つは1リッターターボエンジン(110PS)、うしろ2つは1.5リッターターボエンジン(150PS)を積んでいるという差はあるもの、いずれもLEDヘッドライトやフルオートエアコンを装備し、運転支援デバイスについても「ほぼ」差がなく、このあたりはさすがドイツの自動車メーカーだと言えそうです。

ちなみに全車「48Vベルト駆動式スタータージェネレーターとリチウムイオンバッテリー」によるマイルドハイブリッド仕様です。

新型フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイルはこんなクルマ

そこでまずはフォルクスワーゲン・ゴルフeTSIスタイル。

装備内容が比較的充実しており、おそらくはこの「ゴルフeTSIスタイル」が再量販モデルになるんじゃないかと考えています。

L1330512

フロントバンパーのダクトは「横基調」。

L1330521

端には3本のヒゲのようなものがありますが、そのうち2本はボディカラー同色です。

L1330518

ウインドウモールは金属調。

L1330522

ゴルフeTSIスタイルだとこういった明るい色調のインテリアを選択可能。

L1330536

ホイールは16インチサイズで、そのデザインはディッシュっぽいものが採用されます。

L1330531

フロントのVWエンブレムはセンサーを内蔵するため「ツルっとした」形状に。

L1330515

ライトなどのスイッチは静電式ですが・・・。

L1330537

ステアリングホイールのスイッチ類は物理ボタン。

L1330538

シフトはこの「スイッチ」にて。

最新のポルシェ911同様、フォルクスワーゲングループ共通の仕様だと言えそうです。

L1330542

新型フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI R-Lineはこんなクルマ

そしてこちらはゴルフeTSI R-Line。

フロントバンパー形状がR-Line専用となり、ガバっと口を開けたデザインに。

L1330492

バンパー内のアクセントはグロスブラック。

L1330486

さらにフロント、サイド、アンダーにはグロスブラック仕上げのパーツが取り付けられ、車高が低く見えるように思います。

L1330482

なお、ホイールは17インチにサイズアップし、よりスポーティーな「スポーク」タイプに。

L1330494

リアバンパーもアグレッシブな形状となり、テールパイプも強調されたデザインに。

L1330479

「テクノロジーパック」を装着すると、マトリクスLEDヘッドライト他、前後ウインカーが「ダイナミックターンインジケーター(シーケンシャルウインカー)」へと変更されます。

L1330480

インテリアだとマイクロファイバー調のバケットシートが装着。

L1330499

センター部にはチェック柄が用いられていますね。

L1330508

ダッシュボードやドアトリムには専用の文様が施されます。

L1330502

ちなみにキーはこういった「新型」。

L1330507

ステアリングホイールはR-Line専用の静電式スイッチを備えたものへ。

なお、このスイッチは操作を受け付けると、「ブルッと振動して」知らせてくれます。

L1330497

他の画像はfacebookのアルバム「新型フォルクスワーゲン・ゴルフ」に保存中。

新型フォルクスワーゲン・ゴルフeTSI R-Lineの見積もりを取ってみた

そこでフォルクスワーゲン・ゴルフeTSI R-Lineの見積もりを取得。

R-Lineはちょっと高価ではありますが、中古市場を見るとR-Lineは比較的高値安定にて推移しており、購入するときに高くとも、売るときにも高ければそれでOKという判断です。

新型フォルクスワーゲン・ゴルフ eYSI R-Lineの見積もり

  • 車両本体価格 4,118,000円(ディスカバーProパッケージ、テクノロジーパッケージ込み)
  • 自動車税種別割 20,300円
  • 自動車税環境性能割 67,300円
  • 自動車重量税 36,900円
  • 自賠責保険 27,770円
  • 検査費用 2,940円
  • 車庫証明 2,700円
  • 公称書作成費用 200円
  • 希望ナンバー代 2,600円
  • シュレッダーダスト料金 12,220円
  • エアバッグ類料金 2,160円
  • 情報管理料金 130円
  • OSS申請代行費用 27,060円
  • 納車費用 9,680円
  • 希望何倍申し込み代行手数料 5,704円
  • リサイクル資金管理料金 290円
  • DSRCセットアップ 3,300円
  • フロアマット 38,500円
  • ドライブレコーダー 49,071円
  • GPSアンテナ 6,600円
  • ドライブレコーダー(リア) 29,150円
  • CPCガードコスメ 71,500円
  • ニューサービスプラス 58,000円
  • ウォルフィ2年 84,000円
  • 値引き 50,000円
    合計 4,626,135円

新型フォルクスワーゲン・ゴルフを見てきた際の動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5