ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マツダ(MAZDA)

マツダが「ステアリング上のエンブレムがバラバラになる」として米26万台、国内7万台のリコール。どうやら加水分解にて劣化しエアバッグ展開時に飛散し乗員の目を傷つけた例があるようだ

投稿日:

| ただし現在は北米に限り、そして対象車種はMAZDA3のみ |

自動車メーカーは自社製品にどこまでも責任を持たねばならない

さて、北米にてマツダが「MAZDA3を260,915台リコールする」と発表。

マツダの販売規模からすると26万台というのは尋常ならざる台数ですが、対象は2004年から2007年に販売されたマツダ3(この時代だと日本ではアクセラ)で、その内容としては「ステアリングホイールに取り付けられたエンブレムがバラバラになり、エアバッグ作動時に乗員の顔を傷つけることがある」というもの。

原因はロゴの劣化

なお、過去に北米ではシボレー・カマロの「エンブレム」がエアバッグ作動時に乗員の身体に傷をつける可能性があるということでリコールが実施されたこともある模様(日本では、外装のボウタイエンブレムのエッジが危険ということで基準をクリアできず、周囲にガイドが取り付けられたことがある)。

そして今回のマツダのリコール内容ですが、ポリウレタン製のエンブレムが加水分解によって劣化が進み、エアバッグが展開した際にはそのロゴが粉々になって飛散し、結果として乗員の顔を傷つけてしまう可能性があるということですが、実際に米国外ではあるものの、米国道路交通安全局(NHTSA)によると怪我をした例があるようですね。

こういった実例を受けて米国道路交通安全局は先立って調査を行ない、マツダからは加水分解の事実があるという報告を受け、さらに同様の問題が10件発生し、かつ破片が乗員の目を傷つけた例が登場するにおよび、今回のリコールに踏み切った模様。

リコールの対応としては「無償にてステアリングホイールのエンブレムを交換する」ことになるとアナウンスされています。

日本においては7月1日に同様のリコールが届け出られており、日本国内における問題発生は幸いにもゼロ。

問題の内容としては下記の通り届け出られています(対象はやはりアクセラのみ)。

運転席エアバッグにおいて、モジュールカバーのブランドエンブレムの材質が不適切なため、加水分解により劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時に破損して飛散し、乗員が負傷するおそれがある。

国土交通省

自動車メーカーの責任はどまでにも及ぶ

なお、こういった例を見るに「自動車では何が起きるかわからない」ということ、そして随分時間が経つと予想外の例も発生しうるということを痛感させられ、自動車メーカーの責任は非常に重く、どうやってもそれを逃れることはできないということもわかります。

そして、重大な欠陥が発見されたり人名に関わる問題が生じたりすると、一瞬でその経営が揺らぐことになり、自動車メーカーというのはかなり「リスキーな」ビジネスなのかもしれませんね。

加えて、近年のように排ガス規制や騒音規制、そのほか様々な規制によって変革や投資を迫られ、かつ自動運転など先端技術への投資もかさみ、正直なところ自動車メーカーの経営者というのは「ストレスしか感じない」日々を送っているのかもしれません。

合わせて読みたい、マツダ関連投稿

マツダMX30
マツダが「下請けいじめ」で公取から勧告を受ける!1年で5100万円を下請け3社に不正請求、過去には58社に8億円近くを払わなかったことも

| マツダのこういった「慣例」は昭和50年代から続いていたらしい |この記事のもくじ| マツダのこういった「慣例」は昭和50年代から続いていたらしい |昭和50年代から継続?なぜこういった事象が明るみ ...

続きを見る

マツダのキー
マツダが2030年に向けた技術・商品の開発方針を発表!トヨタとは異なって電動化を協力に推進し、2030年には100%電動化、EV比率25%を目指すようだ

| そうなるとロードスターは電動化?もしくは消滅? |この記事のもくじ| そうなるとロードスターは電動化?もしくは消滅? |マツダはいつも中長期的に高い理想を掲げて挑み続けるマツダの発表した「5つの技 ...

続きを見る

マツダが3万台の改善対策、VWが4万台のリコール発表
マツダが3万台の改善対策、VWが4万台のリコール発表。ほかランボルギーニ、ボルボは「火災の恐れ」にてリコール届け出

| さすがに勝手にドアが閉じてくると驚くかもしれない |この記事のもくじ| さすがに勝手にドアが閉じてくると驚くかもしれない |問題の内容はこうなっている「改善対策」と「リコール」との違いは?ランボル ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA)
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5