>マクラーレン(McLaren)

【動画】軽量化のためエアコンレス!マクラーレンが究極のオープンモデル「765LTスパイダー」発表。なおクーペは現在1.4倍のプレミアにて取引中

投稿日:2021/07/28 更新日:

軽量化のためエアコンレス!マクラーレンが究極のオープンモデル「765LTスパイダー」発表

| マクラーレンにおけるLTは「パワーアップ」「軽量化」「エアロダイナミクス最適化」「サーキット重視」「究極のドライバビリティ」を表している |

そして「LT」は通常ラインアップとは異なる次元の過激さを持っている

さて、マクラーレンが「スーパーシリーズ」最強ラインアップ、765LTのオープンモデル、”765スパイダー”を発表。

この「LT」とはご存知の通り「ロングテール」の略で、これはマクラーレンにおける究極のパフォーマンスを示す記号です。

その「究極のパフォーマンス」を達成する手法としては軽量化や出力向上のみにとどまらず、細部に至るまでのブラッシュアップが含まれますが、ここでその内容を見てみましょう。

McLaren-765LT-Spider (19)

もうどこにも敵はいない!マクラーレンが驚異のスペックを誇る「765LT」発表。-79キロ、765馬力、0-100km/h加速2.7秒

| 生産台数は765台のみ | マクラーレンが予告通り「新しい時代のLT」として765LTを発表。予想されていた「750馬力の750LT」ではなく、文字通り765馬力にまでパワーアップしたエンジンを搭 ...

続きを見る

マクラーレン765LTの出力はネーミングどおりの765馬力

マクラーレン765LTスパイダーに積まれるエンジンは4リッターV8ツインターボ、出力は765馬力。

ただしマクラーレンの場合、公称値を大きく上回る出力を持つことがこれまでの数々のテストから明らかになっており、よって765LTスパイダーの場合も、この765馬力というのはかなり控えめな数字なのだと思われます。

McLaren-765LT-Spider (8)

0-100km/h加速はクーペと同じく2.7秒で、この「クーペ、オープンモデルともに同じスペックを持つ」のはマクラーレンの美点でもありますね。

McLaren-765LT-Spider (7)

なお、トランスミッションは765LT用に最適化されており、720Sに比較して変速スピードが15%早く、これによって0-200km/h加速はわずか7.2秒。

McLaren-765LT-Spider (5)

マクラーレン765LTの重量増加も最小限に

さらに、オープン化に際しての重量増加も最小限に抑えられており、その重量は720Sスパイダーに比較して80kg軽量な1,388kg。

なお、765LTクーペからは49kg重量が増加しています。

McLaren-765LT-Spider (4)

参考までに、マクラーレンは、720Sスパイダー発表の際、その基本骨格であるカーボンモノセル(カーボンモノコック)が非常に強固であるため、オープン化に際しても補強の必要はないと述べていますね(よって、この重量増加の多くは、リトラクタブルハードトップの開閉機構が占めるのだと思われる)。

McLaren-765LT-Spider (17)

マクラーレン720Sスパイダー発表。「そのへんのオープンモデルと違う。もともと強固なので一切の補強はしていない」

| マクラーレンのクルマは「オープン化に際して補強の必要なない | マクラーレンが720Sのオープン版、「720Sスパイダー」を発表。大まかにその特徴を述べると下記の通りです。 ・クーペに比べて重量増 ...

続きを見る

そしてこの軽量化に貢献するのは、薄肉化されたガラス類、カーボンファイバー製パーツ、ステンレススティールに比較して40%軽量なチタン製エキゾーストシステムなど。

McLaren-765LT-Spider (16)

リトラクタブルハードトップのパネルにもカーボンファイバーが使用され、その開閉にかかる時間はわずか11秒。

Cピラーはクーペ同様にヒドゥンピラーを採用していますが、これがエキゾチックな雰囲気をさらに高めているようですね。

McLaren-765LT-Spider (9)

マクラーレン765LTのダウンフォースは25%増加

そしてマクラーレン765LTのエアロパーツについては765LTクーペと同様のパッケージが与えられ、720Sスパイダーに比較してダウンフォースが25%増加。

McLaren-765LT-Spider (18)

フロントバンパーそしてフロントスプリッターが変更され、フロントフェンダーにはホイールハウス内の圧力を抜くためのルーバーが追加されてサイドアンダーの形状もアップデート。

McLaren-765LT-Spider (20)

リアは延長(ロングテール)され、テールパイプが765LTのアイコンでもある「4連」に、そしてディフューザーも大型化。

McLaren-765LT-Spider (14)

ホイールは超軽量鍛造仕様、そしてホイールボルトはチタン製が採用されています(タイヤは専用開発のピレリPゼロ・トロフェオR)。

なお、ブレーキキャリパーは同社のハイパーカー、セナと同じスペックを持つとのこと。

McLaren-765LT-Spider (15)

足回りについても765LTと同じ仕様のダンパー、そしてリンク式油圧のプロアクティブ・シャシー・コントロールIIサスペンションと専用プログラムが与えられ、フロントの車高が720Sよりもやや落とされ、フロントトラックはワイドに。

McLaren-765LT-Spider (2)

マクラーレン765LTスパイダーはこんなインテリアを持っている

マクラーレン765LTスパイダーのインテリアも765LTクーペ同様。

McLaren-765LT-Spider (10)

レザーよりも軽量なアルカンターラが使用され、カーボンファイバー製のレーシングシート、そのほか随所にカーボンパーツが見られます。

McLaren-765LT-Spider (12)

なお、軽量性にこだわるあまり、ラジオはもちろんエアコンすら装備されないそうですが、これらは無償オプションとして装着が可能。

ただし、765LTではルーフを開け放ち、そのサウンドを聴きながら走ることのほうが多いと思われるので、ラジオやオーディオを使用する機会はあまりないのかもしれません。

McLaren-765LT-Spider (11)

8インチサイズのインフォテイメントスクリーンは「標準装備」となりますが、こちらにはラップタイム、テレメトリーといった情報が表示されます。

McLaren-765LT-Spider (3)

マクラーレン765LTスパイダーの生産は765台(765LTクーペと同じ)に設定され、北米だとその価格は382,500ドル。

かなり高価な設定ではあるものの、765LTの中古価格はすでに新車価格の40%増しにまで上昇しており、この765LTスパイダーについても同様に高い相場をつけることになりそうです。

McLaren-765LT-Spider (6)

マクラーレン765LTスパイダーのプロモーション動画はこちら

参照:McLaren

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5