>マツダ(MAZDA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

マツダ関係者が「FR+直6エンジン搭載の新型SUVは2022年登場」と語る!やはり名称はCX-50が濃厚、CX-5との関係は?

投稿日:

マツダ

| CX-5のマイナーチェンジを実施したばかりにもかかわらず、同セグメントのSUVを投入する意図は? |

最近のマツダの行動には謎が多い

さて、オーストラリアのカーメディア、Driveによると、マツダの「FR」レイアウト採用となる新型SUVは2022年に発表される、とのこと。

これはマツダオーストラリアのマネージングディレクター、ビネシュ・ビンディ氏が語った内容として伝えられ、しかし具体的なスペックや名称については述べられていない模様。

ただ、マツダの関係者によってこの情報がもたらされた意味は大きく、そして昨年に中国新聞が報じた「2022年から防府工場にてFRレイアウトのSUVを製造開始」という内容と一致しており、まず「2022年に新型SUV登場」は間違いないものと思われます。

マツダが2022年より直6エンジン搭載の高利益モデル「ラージ商品群第一弾」を製造開始!ウワサされたFR「CX-50」か?

| マツダは大きく路線転換を計るのかもしれない | これまでコンパクトカーに偏重しているという印象の強かったマツダですが、世界的に見るとCX-5やCX-8、CX-9とマツダ6という、マツダ内での「ラー ...

続きを見る

マツダはどういった戦略を採用?

なお、この新型SUVはマツダの言う「ラージ商品群」であり、FRプラットフォームと直6エンジンを使用した高利益率商品群。

このプラットフォームとエンジンはトヨタ/レクサスでも使用されるといいますが、マツダはこれによって上級移行を目指すのではないかとも言われています(今でもやはり、プレミアムセグメントはFRベースでないと、という風潮があるが、マツダは”プレミアム化とFR化は無関係”と主張)。

マツダのキー
マツダ副社長激白!「直6+FRはコスト削減のためで高価格化のためではない」「プレミアム化は”買ってもらって”はじめて成立する」。マツダほど誤解されているメーカーも他にない

| マツダは過去に自ら価格を上げて失敗した例から「プレミアム化の難しさをよく知っている | さて、創立100周年を迎え、さらには「電動」「直6」「FR」といった新しい方面へとチャレンジするマツダ。一見 ...

続きを見る

おそらくFR化されるのは「CX-5の後継モデル”以上”のセグメントに属する新型SUVすべて」「マツダ6後継モデル」になると見られ、CX-5のマイナーチェンジを発表したばかりのマツダが、その翌年に「後継モデル」を発表するのは奇妙な話であり、となるとマツダはなんらかの「新しい戦略」を持っている可能性も。

新型マツダCX-5発表!変わっていないようでけっこう変化は大きく、グレードごとの差別化が行われ、今までのマツダにはない「アウトドアっぽい」仕様も

新型マツダCX-5発表!変わっていないようでけっこう変化は大きく、グレードごとの差別化が行われ、今までのマツダにはない「アウトドアっぽい」仕様も
新型マツダCX-5発表!変わっていないようでけっこう変化は大きく、グレードごとの差別化が行われ、今までのマツダにはない「アウトドアっぽい」仕様も

| マツダは今回の新型CX-5を「よりマツダらしく」、しかし一方では「これまでのマツダっぽくない」クルマに変化させてきた | ボク的にはこれまでのCX-5よりも高い人気を獲得するんじゃないかと思う さ ...

続きを見る

現時点ではこの新型SUVのネーミングも不明ではあるものの、「新世代商品」であることを示すべく、CX-30やMX-30同様に「CX-50」を名乗る可能性が高いと考えるのが妥当で、CX-3とCX-30のように「CX-5とCX-50とが併売される」ことになるのかもしれません。

マツダ
マツダCX-5の後継は「CX-50」?調べてみたらマツダは日本で「CX-10」から「CX-90」までの商標を登録していた!CX-50は”コストダウン”のためFRに?

| おそらくは”コストダウン””室内拡大”のためにFRとなりそうだ | さて、マツダCX-5のフルモデルチェンジ版となる後継モデルの名称がCX-50になる、との報道。これはSpyder7が報じたもので ...

続きを見る

マツダの「プレミアム戦略」は成功しているとは言い難いが

なお、マツダがプレミアム戦略を推進していることは周知の通りではありますが、しかしそれが成功していると言い難いのもまた事実。

失敗と断じるのは時期尚早だとは思うものの、販売の伸び率を見ると、トヨタはもちろんスバルにも差をつけられている状態です。

それもでマツダは「プレミアムを推進する」と強気の姿勢を見せており、これが吉と出るか凶と出るかは今後の動向、とくに今回話が出た「新型SUV」次第なのかもしれません。

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない | なかなか業績が上向かず、2期連続で減益となる可能性が高いマツダですが、今回東洋経済がマツダの丸本明社長にインタビューを行い、その内容を公開し ...

続きを見る

なお、マツダは最近いくつか新しいロゴを商標申請しており、SUVにかかわらず何らかの新しい動きを見ることができそうでもありますね。

マツダがサブブランド立ち上げ?謎の「R」ロゴが商標申請され「何かが起きそうだ」と話題に
マツダがサブブランド立ち上げ?謎の「R」ロゴが商標申請され「何かが起きそうだ」と話題に

| 右の赤い三角を「ロータリー」だと見る向きもあるが、それはちょっと無理やりすぎると思う | わざわざ「R」を傾けているところを見るに、R以外の意味もありそうだ さて、なぜか新型フェアレディZの掲示板 ...

続きを見る

合わせて読みたい、マツダ関連投稿

「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観にシフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ
「スバル・エフェクト」?マツダがCX-5のマイチェンを機に「スバルっぽく」変化しつつあるようだ。アウトドア風の外観に一部シフト、さらに北米では「SUVを全車標準で4WD化」へ

| やはりマツダの「プレミアム」はだれも望んでおらず、スバルの「シンプルなアウトドア仕様」は多くの人が望んでいたのか | これがマツダ再生のきっかけになることを望むばかり さて、マツダは欧州と米国にて ...

続きを見る

マツダのキー
マツダが2030年に向けた技術・商品の開発方針を発表!トヨタとは異なって電動化を協力に推進し、2030年には100%電動化、EV比率25%を目指すようだ

| そうなるとロードスターは電動化?もしくは消滅? | マツダはいつも中長期的に高い理想を掲げて挑み続ける さて、マツダは6月17日、技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2 ...

続きを見る

マツダ社長「今は苦しいが、売り方を180度変えることでプレミアム化を図る」。世界シェア2%の小さい会社が生き残るための戦略とは

| なかなかマツダの考え方は消費者に理解してもらえない | なかなか業績が上向かず、2期連続で減益となる可能性が高いマツダですが、今回東洋経済がマツダの丸本明社長にインタビューを行い、その内容を公開し ...

続きを見る

参照:Drive

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->マツダ(MAZDA), ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5