>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

仏オイルメーカー、MOTULが「モチュールカラーのホンダNSX TypeS」を公開!自社がスポンサーを務めるイベントにて走らせるようだ

投稿日:2021/09/25 更新日:

仏オイルメーカー、MOTULが「モチュールカラーのホンダNSX TypeS」を公開!自社がスポンサーを務めるイベントにて走らせるようだ

| 限定350台のNSX TypeSのうち一台をモチュールが購入したということになりそうだ |

ただし現在NSX TypeSは量産前だと思われるため、プリプロダクションモデルを転用した可能性も

さて、アメリカでは300台の限定台数が24時間で完売し、日本でも「ほぼ枠が埋まってしまった」と言われるホンダ(アキュラ)NSXの最終限定モデル、NSX TypeS。

今回はそのNSX TypeSに「モチュール(MOTUL)」カラーが施されたレンダリングが公開されていますが、これはCG職人が作成したものではなく「モチュール公式」。

このグラフィックはかつてモチュールがスポンサーを務めたレーシングカーにインスパイアされたものだそうで、ホワイトをベースにレッドそしてブラックとゴールドがあしらわれ、ホイールはHRE製の「ゴールド」へ。

米ではホンダNSX Type Sが24時間で完売し予約金も入金完了、さらにキャンセル待ちが100人に
米ではホンダNSX Type Sが24時間で完売し予約金も入金完了、さらにキャンセル待ちが100人に。2020年に128台しか売れなかったのに24時間で300台の限定モデルが売れるとは・・・

| やはり人々は「限定」モデルに弱く、近年はクルマを投機対象と見る向きが多いようだ |この記事のもくじ| やはり人々は「限定」モデルに弱く、近年はクルマを投機対象と見る向きが多いようだ |NSX Ty ...

続きを見る

なぜモチュールが?

そこで気になるのが「なぜモチュールが?」ということですが、これはモチュールがアキュラグランプリ・オブ・ロング(9月24日〜26日)のオフィシャルスポンサーを務めるからで、そのイベントのプロモーションとして「今、アキュラで最も話題となっているクルマ」に自社のカラーリングを施すことが理にかなっているから。※モチュールは日本においても、スーパーGTに参戦するRED BULL MOTUL MUGEN NSX-GTのスポンサーに名を連ねている

2022-acura-nsx-type-s-with-motul-livery (1)

さらにモチュールはこの機会を利用して、新製品である300Vオイルを米国でプロモーションするとしており、実際にこのNSX TypeSがイベントに登場することになるようですね。

2022-acura-nsx-type-s-with-motul-livery (2)

NSXは今回の「タイプS」でひとまず終了

なお、NSXはこのタイプSをもってその生涯を閉じることになり、しかしアキュラの副社長兼ブランドオフィサーであるジョン・イケダ氏がその後継モデルの可能性を示唆しており、今はまだ具体的な計画がないものの、その復活が待たれます。

そしてときどき、「なぜ二代目NSXは成功しなかったのか」と考えるわけですが、それはやはり初代NSXのように、スーパーカーファンやスーパーカーメーカーの認識を変えるほどのインパクトがなかったからなのかもしれません。

初代NSXは「New Sportscar」、そして未知のものを表す「X」とを組み合わせたネーミングの通り新しい世代のスポーツカーそしてスーパーカーだと言ってよく、「緊張ではない、開放するスポーツだ」 というコピーとともに登場しています。

【動画】初代ホンダNSXは30年前、1989年2月9日に発表された!ホンダが30周年を記念し当時の開発スケッチや画像、そして最新NSXとのランデブー動画を公開

今思うと、よくホンダは未経験からこんな素晴らしいミドシップスポーツを作ったものだ ホンダが「NSX発表30周年」を記念し、発表当時の様子やデザインスケッチ、そして新型NSXとのランデブーの様子を収めた ...

続きを見る

つまりは、それまでは運転が難しく、乗り心地や振動・騒音など「我慢しながら乗る」のが当たり前であったスーパーカーの世界に「扱いやすさ」「快適性」という要素を持ち込んだのがNSXであり、実際のところ多くのスーパーカーそしてスポーツカーがその基準を見直すこととなったわけですね。

2022-Acura-NSX-Type-S_004

二代目NSXはおそらく、「ハイブリッド」をスーパーカーセグメントへと持ち込むことによって初代のような革命を起こすことを狙ったのだとは推測しますが、それによって劇的にパフォーマンスやドライバビリティが向上したわけではなく、むしろガソリンエンジンのみを動力源とするスーパーカーに勝るところがなかったためにパラダイムシフトを起こせなかったのかもしれません。

ホンダもこういった事実を認識しているのか、新型NSXでは「ピュアエレクトリック」に転じることで新しいスーパーカーとしての価値を世に問う意向を示しており、しかし現在のホンダが持つ電動化技術では「他社の脅威たる」エレクトリックスーパースポーツを作ることは難しいものと思われ、ホンダが3代目NSXを発売するに際しては、「ほかメーカーが持ち得ない何か」を達成する必要があるのだろうと考えています。

合わせて読みたい、ホンダNSX TypeS関連投稿

ホンダNSX TypeS
ホンダNSX Type S生産第一号が驚愕の1.1億円で落札!なんと落札者は通常版NSX第一号を1.3億円で落札したのと同一人物だった

| チャリティーオークションに対する考え方は日米で大きく異る |この記事のもくじ| チャリティーオークションに対する考え方は日米で大きく異る |それにしても去りゆくクルマに1億1000万円も支払うとは ...

続きを見る

ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた
ホンダが「3代目NSXは実現する」とコメント!ホンダにとってNSXとはその考え方を世に示す手段であるようだ。そこでボクは初代と二代目NSXの違いを考えた

| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目NSXは既知の技術やコンセプトだった |この記事のもくじ| 初代NSXはNSXの「X」が示すとおり未知の新しさがあったが、二代目 ...

続きを見る

ホンダが新型NSX Type Sを国内発表!価格は2794万円~、購入には「ホンダによる審査」があるかもしれないようだ
ホンダが新型NSX Type Sを国内発表!価格は2794万円~、購入には「ホンダによる審査」があるかもしれないようだ※なお北米では1870万円~

| いまのところ「抽選」販売は考えていないらしい |この記事のもくじ| いまのところ「抽選」販売は考えていないらしい |日本国内向けの「30台」はこれまでのNSX Type S販売台数からすると、すぐ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5